第二期に入ってからも、最難関海域の一つとして挙げられる6-4。通常海域では初の基地航空隊活用マップであり、上手に運用できるか否かで難易度に大きく差が出てきます。この記事では、基地航空隊の準備から、6-4の攻略方法を紹介しています。

(2016/10/19 元に加筆・修正)
(2018/10/19 マップ情報欄・編成例等を更新)

マップ情報

6-4は左スタート(水雷戦隊主体)・右スタート(空母他主体)
それぞれありますが、記事を書いている段階では左スタートが主流になっています。

簡易の攻略例は以下でも紹介しています。
中部海域の紹介・編成例等【第二期】

ルート選択

左スタート【BDCFN】

軽巡旗艦の場合

  • 軽巡1駆逐3戦艦1(重巡系or雷巡)1
    要高速統一

軽巡を旗艦に採用しない場合

  • 駆逐4戦艦1(重巡系or雷巡)1
    要高速統一

基本は軽巡を採用した編成例を組みたいところ。

秋津洲採用のAマスより、Bマスのほうが敵は弱め。
秋津洲を持っていない提督は、このルートで攻略することになります。

左スタート(秋津洲採用)【ADCFN】

秋津洲を採用できる場合、以下の編成を採用することが可能。

  • 秋津洲+戦艦1航巡1駆逐2自由1
    低速戦艦・航戦等可

自由枠には、軽巡・重巡・水母等が採用可能(航巡は不可)です。
対地特化した軽巡か、火力のサポートに重巡を採用することが多いですね。

秋津洲を持っているなら秋津洲ルートのほうがやや有利ですかね。

右スタート(仮置き)

最短ルートを通ろうとすると、

  • 駆逐2隻かつ軽巡1隻かつ戦艦1隻以下
  • 且つあきつ丸がいたら空襲戦一戦回避

というわけで、

  • 戦艦1軽巡1駆逐2空母2【MKJIN】
  • 戦艦1軽巡1駆逐2空母1あきつ丸【MKJN】
    ※何れも空母を重巡に変更可能

というような編成になります。

二期では弾薬消費などが改善され、幾分攻略しやすくなりました。
が、戦艦2隻を採用すると羅針盤があれ、1隻だと火力不足のままなのは変わらず。
相変わらずこちらからやるメリットはあまりないので放置推奨です。

※戦艦・空母何れかが3隻以上だと編成制限にかかり出撃できません。

【重要】基地航空隊を準備しよう

6-4では、イベントで使用可能になる「基地航空隊」を1部隊活用できます。
が、基地航空隊を用意するためには

する必要があります。

基地航空隊の展開クエスト・トリガーなどはこちらを参考にしてください。
中部海域「基地航空隊」展開! トリガー・関連クエ他

基地航空隊を準備しないと難易度が全く違うので、
必ず準備してから挑みましょう。

設営隊の入手(無課金時)

「設営隊」を入手するには

をクリアする必要があります。上記任務をクリアするには

をクリアする必要があります。

設営隊に関しては、以下の任務でも入手可能です。
夜間突入!敵陸上部隊を叩け! 5-3編成例

設営隊(課金して入手)

上記任務群のクリアには鳥海改二が必須であり、敷居が高め。
“設営隊の入手”だけであれば、アイテム屋さんにて800円で売っています。

但し、上記に書いているように、6-4で基地航空隊を開放するには
中部海域「基地航空隊」展開!をクリアしないといけないので注意。

なお、6-5を毎月クリアするような提督であれば
設営隊への課金は無駄になりません。
(任務で2部隊入手できるが、6-5では防空込みで3部隊使えるため)

先行投資として割り切っても良いと思います。

ボス編成

砲台小鬼が2-3隻と、離島棲姫・集積地棲姫が待ち構えています。
離島棲姫を落とさないとゲージが進まないため、
対地攻撃艦を複数連れて行くこと。

司令部レベルで敵が弱体化

※二期では未確認情報

司令部レベル+艦隊の平均レベルが低ければ低いほど
敵ボス艦隊に5隻編成が混ざることがあるようです。

九六式陸攻さえあれば司令レベルの低いうちに攻略してしまったほうが楽なので、
司令部レベルが105程度の場合、先に6-4まで挑戦してみたほうがいいかもしれません。


編成例1(はじめての攻略例)

%ef%bc%96%ef%bc%8d%ef%bc%94%e9%80%9a%e5%b8%b8%e7%b7%a8%e6%88%90

【BDCFN】の道中2戦+航空戦2戦。軽巡1駆逐3戦艦1以下自由1・要高速統一
軽巡が旗艦じゃないとルート固定から外れるため注意が必要です。

※このくらいの編成でもキラ付けして試行回数を増やせばクリアできるという例です。
基本は一期の時に書いた編成そのまま

特二式内火艇を任務(上陸戦用新装備の調達)で一つ、
大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)を過去のイベントや更新一つ、
WGをイベント等で二つ手持ちにあるのを想定して編成。

●道中Cマスで航空拮抗以上を取るために水戦一つを採用。
Italia、Romaや伊勢改二が使えなければ航巡に任せると良いでしょう。
画像のように阿武隈や由良に対地攻撃させる場合、
無理にNマスで制空権を取る必要はないと思います。
高速化した伊勢改二を使う等、装備や艦が揃っているなら航空優勢を狙いに行きたい
補強増設を活かそう-機銃・バルジ・タービン他

画像例の朝潮【連撃+大発1装備】等は、離島棲姫撃破には不向きです。
夜戦時の砲台や集積地落とし・連撃での割合ダメージに期待しましょう。

秋月型がいない場合朝潮のような艦をもう一隻追加。
秋月型に関しても、ボスへの火力偏重のため
初攻略ではいないほうが良いかもしれません。

基地航空隊

基本的ボスマス(N)に集中させるのが前提。
ボスマスの戦闘行動半径は【5】です。

制空値を計算する場合、

  • 陸戦4を採用する場合・・・上位編成に航空劣勢以上(制空値38~)
  • 艦戦を採用する場合・・・上位編成に航空均衡を取れる(制空値75~)

何れかで組みましょう。陸攻4つのみで航空劣勢調整をする場合、
熟練度抜きで陸攻の対空値合計が10以上必要。例としては、

  • 一式陸攻 一式陸攻 一式陸攻 二二型甲 一式陸攻 二二型甲(制空値40~)
    ※熟練度や多少の喪失を加味すれば、合計対空値8や9でもOK

等の編成になります。ただ、このレベルを準備するのは敷居が高いかも。
基本的には陸戦・艦戦系を一つ混ぜて均衡~航空優勢を取りに行きましょう。
0からでも準備できる一例としては、

  • 烈風 九六式陸攻 九六式陸攻 一式陸攻(制空値83~)

となります。

もっと強い編成が組める!という方は、編成例2の基地航空隊参照。

陸攻・陸戦の準備はこちらから:
主力「陸攻」の調達をしよう 九六式陸攻の開発・一式陸攻入手等

その他参考:
基地航空隊の制空値を自力で調整しよう
基地航空隊を使った制空値調整の具体例【6-5】
基地航空隊を活用しよう 運用方法・艦載機毎の制空値・彩雲の防空効果等

編成例2(秋津洲採用)

●伊勢改二が使えない場合、武蔵・長門などを推奨。
その場合ボスマスで航空優勢を取りたいので、秋津洲に水戦を3積みしましょう。

●秋月型は道中・ボスの安定化に採用。対地装備に不安がある場合は
対地攻撃が出来る駆逐艦にしましょう。

伊勢・大淀に上の順番で連撃をさせ、Cマス突破率向上を狙っています。
熊野は補強増設込みの編成例をしていますが、画像のような例が困難であれば、
【主砲主砲WGWG(三式弾)】としてください。

また、画像の例だと大淀・霞・秋津洲・熊野改二の4隻が、
夜戦時に離島棲姫を有効打を出せるため、割と攻略チャンスが広いですね。

基地航空隊

基本的ボスマス(N)に集中させるのが前提。
ボスマスの戦闘行動半径は【5】です。

制空値を計算する場合、上位編成に航空均衡を取れる制空値75が目安。

理想例:

  • 一式戦 隼II型(64戦隊) 銀河 一式陸攻(野中隊) 一式陸攻(三四型)

制空計算をしない場合でも劣勢は維持したいので、
出来る限り上位の艦戦1,陸攻を3準備してください。


攻略にあたっての準備や知識

推奨艦

特に言及がない場合、最終改装を指しています。

戦艦

高速統一であれば火力の高いIowa・Roma等。
低速艦であれば、火力のある武蔵改二・制空の取れる伊勢改二がおすすめ。

その他、日本高速艦で火力の高い霧島・大発系を載せられる長門・
道中Cマス突破率上昇にNelson(ネルソンタッチ採用)等も候補になります。

航巡(重巡)

航巡枠は改二艦である鈴谷・熊野・利根・筑摩の何れかを推奨。
重巡を採用する場合は火力の高いZaraや鳥海等が主な採用候補に。

軽巡

ボス火力を重視するなら大淀・由良(要補強増設)
道中を安定させるなら阿武隈
軽巡に制空を取らせるなら由良・多摩等が候補

駆逐

  • 朝潮、大潮、荒潮、満潮、霞等
    大発駆逐勢。WGや連撃とセットで。
  • 夕立や綾波
    WG42が多数ある場合は通常駆逐艦も候補になり得る。
  • Ташкент
    4スロなので連撃+WG2つの構成が可能
  • 秋月型
    基地航空隊でやや余裕が有るため、敵のスロ全滅用に

秋津洲

秋津洲ルートを使う場合に必須。
秋津洲がいたらそちらのルートのほうが楽かと思いますが、
いない状態の編成を採用しましょう。

必要装備

WG42・三式弾・徹甲弾

WG42の数次第で、細かい編成が変わってきます。
個数に応じて組み換えが必要ですが、二つ三つは推奨レベル。
1つもないと流石にきついです。

大発動艇/大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)/特二式内火艇 他

こちらもWG42と合わせて、いくつかあれば嬉しい。
WG42,大発系統両方とも装備が足りない場合急がずに
任務で大発を集めるところから始めましょう。

水上戦闘機

秋津洲や航巡で制空を取る必要があるので、
対地兵装と同様必須級の装備です。

水上戦闘機の入手と活用(Ro.44水上戦闘機~強風改の準備等)

陸上型に対する特効補正に関して

●対地特効装備を複数積むときは、異なる種類の装備を載せシナジーを狙う
※同装備の2つ目は効果が薄く、別の種類の装備は掛け算となる
●大発動艇系統と特二式内火艇は同時装備可能。離島棲姫等にも有効
●WG42(Wurfgerät 42)は6-4に出る陸上艦全てに有効。大発系と一緒に乗せると良い
●三式弾は砲台小鬼に効かないが、集積地棲姫に有効。
離島棲姫にも補正はありますが、6-4での優先度は低め。
●徹甲弾は砲台小鬼に有効。水戦も有効ですが特効のために使うものではない
●駆逐艦はシナジー装備を狙いたい。
対地装備+夜戦連撃させる場合、火力不足(カスダメ)になりやすいので上位に配置

基本的な装備構成例として、

駆逐艦

  • 特二式内火艇+大発動艇系+WG42
    足りなければ2種+主砲等。それも無理なら連撃

軽巡

  • 主砲主砲WGWG(大淀)
  • 主砲+大発+内火艇+増設副砲(由良)
  • 大発+内火艇+甲標的(阿武隈)
    何れも一例。由良・阿武隈に内火艇が足りなければWG42を

航巡

  • 主砲主砲WGWG(利根等)
    WGの数に不足があれば三式弾を一つ混ぜる
  • 主砲WGWG三式弾増設副砲(熊野・鈴谷改二)

だいたいこんな感じ。

“大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)”は”大発動艇”の上位互換、
“特大発動艇+戦車第11連隊”は”大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)”
の上位互換と考えて問題ないと思います。

キラ付け

Cマスにflagship戦艦が単縦陣or複縦陣で2隻待ち構えています。
高い大破撤退率があり、対策にキラ付けが重要。

キラキラ・疲労度の状態を再確認しよう

このマスを無被弾で通り抜けられれば、ボスマスでも火力に余裕ができます。
特にはじめての攻略などでは強く推奨します。
※基地航空隊をここに出す案もありますが、
はじめての攻略段階ではおすすめできません。

任務情報

周回任務

クォータリー任務です。
要求難易度は高いですが、伊良湖や改修資材が美味しく、
戦果を考慮しなくてもクリアしたい感じ。練度要求されるので無理は厳禁

単発任務

  • 戦闘航空母艦、出撃せよ!(伊勢改二指定でボスS)
    編成例2のままか、リンク先か、高速化した伊勢・駆逐4・自由1の編成を組むこと。

任務報酬が美味しいので、余裕ができたら是非。

ドロップ

一期情報です。

ボスマスで速吸・時津風などのレアドロップあり。

Cマス・Hマス・Lマスで秋津洲が、
Cマス・Lマスで瑞穂が確認されています。

Cマスの秋津洲は掘りに行ける難易度ですが、
ボスを無視してCマス撤退の編成を組む必要あり。
H/Lマスに関しては試す人がほぼいないため不明です。

秋津洲は重要なドロップですが、掘り難易度が高いため
イベントドロップを待ちたいところ。
特殊艦艇一覧と、活用方法や入手方法等

まとめ

6-4は鬼門ではありますが、クリアにより6-5の開放がされます。
6-5は5-5よりも簡単なため、勲章の確保という面でもおすすめ。
また、期間限定ミニイベントの秋刀魚漁等にも役立ちます。
頑張って勧めていきたいですね。

下手なイベント海域より高難易度ですが、じっくりすすめていきましょう。