キラ付けは1-1で行うのがシンプルですね。イベント時の高難易度マップ対策はもちろん、普段のキラ遠征でも活用していきたいです。

キラキラ(戦意高揚)状態の活用

キラ付けをする理由は大きく分けて3つあります。

  • 出撃時の命中率や回避率を上げ、マップ攻略の効率を上げる
  • キラ遠征に活用し、資源収支を底上げする
  • 支援艦隊で出撃に活用する

キラキラに関する基本的な内容は、以下記事に移行してください。
キラキラ・疲労度の状態を再確認しよう

遠征に活用する場合のキラ遠征回数

1-1でのキラ付けcond値キラ遠征可能回数
1周終了後cond625回
2周終了後cond759回
3周終了後cond8512回
すべての戦闘で旗艦MVP,S勝利時で計算。

1-1でキラ付けする場合、
1週S勝利時にcond62,つまりキラ遠征が5回出来るようになります。

すべてS勝利が前提ですが1-1二周だと9回、三周だと12回キラ遠征が可能になるため、
一周でキラ付け艦の切り替えが単純に見た場合効率良いです。

但し、一周でキラ付け艦を入れ替えていたらキラキラ(戦意高揚)艦の
管理が非常に難しくなります。また、編成次第ではボス戦でS勝利を取り逃すことも
多く、その場合は一周で4回しかキラキラ状態を維持することが出来ません。

現実的には2週、3週と周回し、遠征管理の手間を減らしていったほうが良いと思います。

また、駆逐艦や軽巡・水母などのキラ付けでそのまま遠征に活用する場合、
1-5を活用するのも効率が良いです。
艦隊に合わせて1-1を使うか1-5を使うか検討していきましょう。
1-5を使ってキラ付けをしよう【第二期】

出撃のためのキラ付け

出撃の場合、戦意高揚のエフェクトが表示されていてもキラ状態かわからず、
cond53以上で初めてキラキラの恩恵を受けることが出来ます。
※cond値は通常見ることが出来ず、基本的には専ブラ等で確認する必要があります。
慣れればある程度は脳内計算も可能。

キラキラ・疲労度の状態を再確認しよう

母港に戻る際にcond値は大きく減り、MVPや戦闘結果によっても
キラ状態は変わってくるため判断が難しいですが、基本的には

  • 1ー1を一周・・・出撃時のキラ状態が1回維持出来る
  • 1-1を二周・・・出撃時のキラ状態が2回維持出来る
  • 1-1を三周・・・出撃時のキラ状態が2~3回維持できる

と覚えておきましょう。

また、いわゆるキラ3重(cond85)にしても、キラ1重(cond62)との
戦闘への影響効果は変わらず、撤退した場合でもキラ状態が続くかどうかの差異になります。

支援艦隊での活用

支援艦隊への活用でも、支援攻撃の命中率を上げる他、道中支援であれば
支援艦隊の到達率を底上げすることが可能です。
新支援艦隊の概要 基本事項の再確認等【第二期】

支援艦隊は通常の遠征と仕組みが違いますが、cond値を上げておくと
編成の入れ替えをしなくて良くなるため1-1でキラ付けする場合は
2重~3重を基本にしておくといいですね。


編成例1(空母や戦艦等)

基本的に

  • 3隻以下で編成(陣形選択を短縮)
  • レベル10以下の潜水艦orまるゆを1隻採用(攻撃を吸収させる)
    ※潜水艦のレベルが10以上だと開幕雷撃があるのでMVPがとれない
  • 駆逐艦を1隻採用(敵艦隊の雷撃を吸収させる)

という3点を意識して置くと、シンプルにキラ付けが可能です。
※開幕攻撃できる空母等のキラ付けに限り、開幕雷撃のある潜水艦もデコイ可能

空母系のキラ付けをする場合は攻撃機を4つ積むこと。
航巡や航空戦艦の場合は瑞雲や試製晴嵐を積むといいですね。

戦艦等、絶対にカスダメも被弾したくない!というときは、
随伴艦を4-5隻にして、輪形陣を採用するといいでしょう。

演習でのキラ付けの追加

通常海域への出撃では、cond値を85までしか上げることが出来ませんが、
演習や間宮・伊良湖を活用することによりcond値100まで底上げすることが可能です。

特に演習でのキラ付けは、支援艦隊にそのまま流用しやすいため
意識しておくと便利かもしれません。

演習のおさらい 経験値効率やマッチングシステム等
給糧艦「間宮」「伊良湖」のキラキラ効果

編成例2(駆逐艦)

駆逐艦や短射程の軽巡洋艦にキラ付けしたい場合、短射程のまま出撃すると
随伴艦がクリティカルを出しMVPを取ってしまうことがあります。

その対策として、可能であれば射程を中に伸ばしておきましょう。

軽巡洋艦は射程中の軽巡用主砲を使えばOK。
駆逐艦は、2018/11段階では秋刀魚イベ報酬でもらった「GFCS Mk.37」を活用すると、
射程中にすることが可能ですね。

もし出来なくても、MVP率がちょっと下がるだけなので
あまり気にする必要はありません。

初心者さんで潜水艦が使えない場合でも、
旗艦にキラ付けしたい駆逐艦+随伴艦にレベル1の駆逐1~2隻
という形にすればOKですね。

まとめ

二期に入ってボスに到達する確率が少し上がったため、
駆逐艦の3隻キラ付けだとA勝利が増えたかも・・・という体感。
やっぱり1-5のほうが使いやすいと思います。

1-5を使ってキラ付けをしよう【第二期】

また、熟練者向けになりますが、
対潜先制爆雷攻撃艦を複数持っていれば7-1でも可能。

7-1 キラ付け編成例+おまけ戦果(対潜先制爆雷攻撃活用)【第二期】

1-1は戦艦・重巡や空母系に特に適していますね。艦隊状況や
海域に合わせ、キラ付け艦を選んでいきましょう。