2019/03/22のアップデートにて、一部艦載機・水上機の「敵対空射撃回避力」が向上しました。ボーキサイトの節約等に影響してくるので、確認しておきましょう。

(2020/10/25 更新)

概要

要するに、射撃回避システムが実装された機体は
被撃墜数が軽減されます

実装機体

種別艦載機名加重艦隊強補正入手
艦攻九七式艦攻(友永隊)0.61飛龍改二
天山一二型(友永隊)0.61機種転換
改修更新
九七式艦攻(村田隊)0.61精鋭「九七式艦攻」部隊の編成」
天山(村田隊)0.61機種転換
天山一二型甲改(熟練/空六号電探改装備機)0.61
流星改(一航戦/熟練)0.61一航戦精鋭「流星改」隊の編成
最精鋭「第一航空戦隊」、出撃!
鎧袖一触!
艦爆九九式艦爆(江草隊)0.61蒼龍改二
彗星(江草隊)0.60.7機種転換
改修更新
零戦62型(爆戦/岩井隊)0.60.7機種転換(関連)
彗星一二型(六三四空/三号爆弾搭載機)0.61「彗星」艦爆の新運用研究
彗星一二型(三一号光電管爆弾搭載機)0.61
噴式機噴式景雲改0.50.7改修(関連
橘花改0.50.5噴式戦闘爆撃機の開発(関連
水上爆撃機瑞雲(六三四空)0.61利根改二/筑摩改二/日向改二
「第四航空戦隊」を編成せよ! 他
瑞雲12型0.61扶桑改二/山城改二
瑞雲12型(六三四空)0.60.7改修更新
瑞雲(六三四空/熟練) 0.60.7精鋭「瑞雲」隊の編成
改修更新
瑞雲改二(六三四空)0.50.7最精鋭「第四航空戦隊」、出撃せよ!
瑞雲改二(六三四空/熟練)0.50.5最精鋭「瑞雲」隊の編成
陸攻一式陸攻(野中隊)0.61
爆装一式戦 隼III型改(65戦隊)0.61
銀河(江草隊)0.61
加重=加重対空補正 艦隊=艦隊防空補正
強補正は独断で設定。目安に。2020/09/17時点

被撃墜軽減効果(撃墜回避補正)

この射撃回避システムによる撃墜回避補正ですが、
かなりざっくりいうと、

  • 対空射撃回避システムが実装された多くの機体で「大体3割
  • 表の強補正に○や◎をつけた機体で「大体4-5割

程度被撃墜数が軽減されるようになりました。

この補正は、敵艦隊の「加重対空値」「艦隊防空値」に対して補正がかけられています。
その為、原則として航空優勢等の「制空状態」による撃墜は関係ありません。
※噴式航空機については、制空状態に寄る撃墜についても、補正があるようです。

このあたりについて、具体的な撃墜補正差が知りたい場合、
以下のシミュレーションサイトを使うのが有力です。

2020年梅雨夏イベE7-3等わかりやすかったですが、
少しのスロット配置の差で、艦載機の全滅率が大きく変わってきます。
高難易度海域ほど、自分の艦隊にあった調整をしたほうが良いですね。

※加重対空や艦隊防空に関しては、以下記事を確認してください。
対空砲火 – 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki(wikiwiki)
艦隊防空「改修」「増設機銃」の有無による結果の差(一部記述古いです)

参考

表については、最新情報として以下を参照しています(2020/10/23)
対空砲火 – 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki(wikiwiki)

また、@yukicacoonさんが表でまとめているので、
こちらの画像を保存しておくと便利かも。(2020/09/18)
https://twitter.com/yukicacoon/status/1306802069051858944/

ボスあひるさんの方でもう少し詳しい解説をされています。
興味のある方は、こちらも参考にしてみてください。
【19冬~春】新艦・新システムまとめ(2/3)

備考

●表のとおりですが、ネームド機でも対空射撃回避が”適用されない”ものがあります。
(例:流星改(一航戦))
実際に対空射撃回避がついているかどうかは、装備毎に確認する必要があります

●噴式機である噴式景雲改や橘花改は今システムの適用により
使い勝手の良い装備になりました。
“他の艦載機任務は終わってるのに”まだ作ってない人は
作成を考えても良いかも。(2019春/2020梅雨夏等活躍しました)

●【橘花改】と【噴式景雲改】を両方採用する場合、【橘花改】の方が、
対空射撃回避能力が高いです(=撃墜されにくいです。)
瑞鶴甲/翔鶴甲の24スロ/21スロに採用する場合、小さい21スロに【橘花改】
を載せたほうが、双方の全滅率を平均化することが可能です。
※実際には各海域に合わせて、装備を調整したほうが良いでしょう。

●【瑞雲(六三四空/熟練)(任務)】と【瑞雲改二(六三四空/熟練)(任務)】を
比較した場合、瑞雲改二のほうが、対空射撃他諸々で便利です。
瑞雲改二は前提任務の関係で、伊勢改二/日向改二を揃える必要があるので、
鎮守府次第で作成順番は変わってくると思いますが、
“どちらも作成できる状況”で1機作るのであれば、瑞雲改二の方が有力です。
また、【瑞雲(六三四空/熟練)】は【瑞雲12型(六三四空)☆MAX】から
の改修更新が可能です。同改修値の場合、対空値が上位互換となりますが、
爆装と対空射撃回避のみを考慮するのであれば、瑞雲12型(六三四空)でOKです。

●陸攻に関しては、比較的多くの提督が所持している装備では、
一式陸攻(野中隊)に対空射撃回避がついています。ですが、
甲作戦だと野中隊を採用しても銀河に比べると、
火力が足りない場面が増えてきました。(参考)
2020年の梅雨イベ(甲作戦)に関して言えば、
対空射撃回避補正がなくても、銀河を採用したい場面が多かったです。

●対空射撃回避を活用することで、2019春E-1等ツ級eliteがいる海域でも
瑞雲系の運用が出来ることがあります。少し敵の対空射撃が強い程度であれば、
12~18程度の小さめのスロットも攻撃機を積む余地があります。
※逆に言うと、編成例に射撃回避システムが実装されている機体を採用されている場合、
スロットや敵艦隊を確認したほうが良い場合もあります。
装備の差を理解していないと、編成を真似る時に困ることがあるかもしれません。

 

まとめ

用途としては、通常EO海域の4-5/5-5/6-5当たりがわかりやすく、
採用の有無でボーキの軽減を体感できるかなと思います。

また、「ツ級elite」「駆逐ナ級II」を始めとして、艦載機の消耗が大きい(固定撃墜が重たい)
海域で活用することで、艦載機の全滅による熟練度喪失が起こりにくくなったのも大きなメリットですね。

今後は「対空射撃回避補正」のついている装備を採用することが、
甲攻略での前提になることもあると思います。
うまく活用していきましょう。

同時期に実装されたアップデートとして、
以下も把握しておくといいですね。