2017/12/11に実装された任務の一つで、陸上戦闘機の”一式戦 隼II型”または局地戦闘機の”紫電一一型”の何れかを入手可能です。特に新人提督にとっては非常に重要な任務となるため、継続してクリアしていくようにしましょう。

任務情報

  • 任務を受諾した状態で艦戦6,機銃4を廃棄
  • ボーキ800以上所持した状態で達成ボタンを押す

報酬に

  • 燃料200 開発資材4 選択報酬に
  • 一式戦 隼II型 or 紫電一一型 or 改修資材4

後述してますが、基本的には紫電一一型が良いと思います。

 

前提任務に

あり。

選択報酬はどうすればいい?

改修が実装され、その補正の結果次第では話が変わる事も考えれますが
とりあえず現時点でのざっくり評価。

種別装備名出撃時対空
(実質制空値)
防空時対空
(実質制空値)
戦闘行動半径
陸戦一式戦 隼II型9(63)8(59)6
一式戦 隼III型甲11.5(73)12(76)6
局戦紫電一一型9.5(65)11(71)3
紫電二一型 紫電改13.5(82)14(84)4

※()の制空値は熟練度MAX時

上記は今回もらえる2種と、その更新後装備のデータになります。
また、基地航空隊の防空時の補正として、陸戦系には7%、
局戦系には10%の撃墜補正があります。

陸戦系のメリットとして、戦闘行動半径が広めで、制空値も高いです。
零式艦戦21型(熟練)や零式艦戦52型(熟練)があれば代用が可能ですが、
入手難易度はそれなりなので、初心者提督だと入手が難しいですね。

参考:
艦載機改修は零式艦戦21型からスタートでネジ節約しよう
※零式艦戦52型(熟練)の改修MAXが対空値11で戦闘行動半径6となり、
一式戦 隼III型甲の互換として運用可能

 

一方局戦系は基地防空に能力が特化しています。
甲難易度ではイベント中に基地航空隊ギミックで”完全防空”が必要なことがあり、
それらのイベントでは”航空優勢以上をとって局戦、陸戦をガン積み”する
必要が。現時点では陸戦は比較的配布され局地戦闘機の入手数が少ない
ことも考えると、多くの提督にとっては紫電一一型が無難かなという感じ。

上記のようなことを踏まえて、

紫電一一型を選択

  • イベントを継続クリアしていてある程度陸戦を持ってる
  • 初心者だが今後甲作戦を積極的に狙いたい

一式戦 隼II型を選択

  • 初心者であり、今後も丙作戦のみで気楽に遊びたい
  • 一式戦 隼III型甲への更新を前提として、便利な戦闘機として活用したい

改修資材を選択

  • もう局戦も陸戦も必要ない
    ※現時点では非推奨

と言った感じになるのかなと思います。

なお本任務はクォータリー任務と思われ、イベントの情報が出てきてから装備を
選ぶことも可能です。もし、どちらを選ぶか判断がつかない場合、
改修の情報が出てから選択したい場合は一旦任務を保留(放置)しておくことが無難でしょう。
但し、最初の期限は2月末?(以後3ヶ月毎?)までとなるため取り忘れには注意すること。

※本任務はクォータリー任務だと思いますが、(本任務は時局により更新されます。)
という一文が気になるところ。
選べる戦闘機が変わるのか、ただクォータリー任務だと
示しているのか判断がつかないですね。

まとめ

長く時間がかかりましたがようやく陸戦、局戦の通常入手手段が出てきました。
これらの装備を準備しているかどうかはイベントへの攻略にも影響してきそうです。

比較的簡単な任務なので、忘れずにこなしておきたいですね。

【クォータリー任務リンク(一覧)】
強行輸送艦隊(1-6)  沖ノ島海域迎撃戦(2-4) 前線航空偵察 (6-3)
北方海域警備 (3-1,3-2,3-3) 精鋭「三一駆」(5-4)
海上通商航路の警戒(遠征) 主力「陸攻」調達(工廠) 新型艤装の継続研究(工廠)
運用装備の統合整備(工廠) 「熟練搭乗員」養成 Z作戦(2-4,6-1,6-3,6-4)