2021/12/10のアップデートにて、特定の秘書艦を旗艦とした開発に大きな変更が入りました。簡単にまとめておきます。

概要

2021/10/16のアップデート(運営ツイート)により、

  • 大発動艇
  • 一式戦 隼II型
  • 二式複戦 屠龍
  • 三式指揮連絡機(対潜)
  • カ号観測機

の開発が可能になりました。

大発動艇

大発動艇レシピ秘書艦燃料弾薬鋼材ボーキ
大発動艇あきつ丸・神州丸
宗谷(特務艦)
10101010
燃料テーブルで4%(2021/12/12)

最低値で開発可能な他、弾薬テーブルでもOK。

大発動艇が足りずに遠征の追加ボーナスが20%に届いていない方は、
早めに20%迄増やしておきたいです。
足りている人は、陸戦隊への改修等必要に応じて開発を進めましょう。

担当艦の入手

2021/12/13現在、担当艦の入手は以下のようになっています。
※今回の開発に関連する艦共通

  • あきつ丸・・・大型建造で恒常入手可
  • 神州丸・・・・恒常入手不可。2-3の期間限定ドロップが実装中(2021/12/13現在)
  • 宗谷・・・・・恒常入手不可。イベントでよくドロップする

7.7mm機銃・12.7mm単装機銃も高確率で開発可能

また、同秘書艦にて、「7.7mm機銃」「12.7mm単装機銃」
の開発率が可能(向上?)との告知があります。
開発レシピは大発動艇と同様。

率先して開発する装備群ではないと思いますが、
状況次第では大発周りの改修や、
工廠環境の整備】(デイリー)
等で使う機会があるかもしれません。

二式複戦 屠龍

二式複戦 屠龍レシピ秘書艦燃料弾薬鋼材ボーキ
二式複戦 屠龍あきつ丸・神州丸
宗谷(特務艦)
204010120
2021/12/10に開発解禁された「カ号観測機改」「三式指揮連絡機(対潜)」「一式戦 隼II型」
も同時開発可能(2021/12/13)

「二式複戦 屠龍」は、基地防空に関連する新装備です。
特に基地防空関連の装備が足りていない方は、
数を揃えておいたほうがいいかも。

改修更新先の装備も実装されています。

一式戦 隼II型

一式戦 隼II型レシピ秘書艦燃料弾薬鋼材ボーキ
一式戦 隼II型あきつ丸・神州丸
宗谷(特務艦)
10101030
三式指揮連絡機(対潜)も同時開発可。2021/12/16作成

出撃時対空9/戦闘行動半径6の陸上戦闘機。
基地周りの装備が整っていない初期にお世話になる装備です。

イベント報酬で強力な陸攻を入手してない場合、
一式戦 隼III型甲に更新/改修することで、有力な陸戦として活用できます。

カ号観測機

カ号観測機レシピ秘書艦燃料弾薬鋼材ボーキ
カ号観測機あきつ丸・神州丸
宗谷(特務艦)
10101040
「一式戦 隼II型」「三式指揮連絡機(対潜)」も同時開発可。(2021/12/16作成)

対潜値が9あり、対潜支援で有力な回転翼機です。
対潜支援では主に軽空母/加賀改二護/Victorious
に装備機会があります。
カ号を含めた回転翼機を最大17個迄準備してもいいかもしれません。

※対潜支援時に回転翼機や三式指揮連絡機だけで編成した場合、
敵水上艦隊相手に航空支援を行わなず、潜水艦マスのみに支援艦隊が到着します。
道中にツ級がいたり制空値が高いマスがある場合、
支援先を絞ることによりボーキサイトの消耗を低減させることが可能。
一方、カ号等で統一すると、道中航空支援の機会を失うことになります。

三式指揮連絡機(対潜)

三式指揮連絡機(対潜)レシピ秘書艦燃料弾薬鋼材ボーキ
三式指揮連絡機(対潜)あきつ丸・神州丸
宗谷(特務艦)
10101020
(2021/12/16作成)

対潜値7の、対潜哨戒機装備。こちらも対潜支援で活用できますが、
対潜支援では対潜値が大きな影響を与えるため、「カ号観測機」
以上の装備で揃えたほうが良いでしょう。

記事を書いた時点でこれだけ開発する必要はないですね。
今後素材などで必要になった時に、開発することがあるかもしれません。

まとめ

今回実装された装備群は、開発テーブルに大きな変更が加えられたと考えられます。
普段の開発レシピと併用すると、「出ないものが出ると思って開発していた」
ということになりかねません。

正確な情報が判明するまでは、最低値レシピ(最低値のテーブル)
を活用していくのが良いと思います。