2021/12/10のアップデートにて、「二式複戦 屠龍」「二式複戦 屠龍 丙型」が実装されました。基地航空隊の防空周りで優秀な装備です。

概要

「二式複戦 屠龍」「二式複戦 屠龍 丙型」は、基地航空隊でのみ運用可能な陸軍戦闘機です。
これらの機体は「対空」「迎撃」の値が低いですが、
「対爆」の値が高く、基地防空で使う機体として優れています

※「にしきふくせん とりゅう」と読みます。

二式複戦 屠龍

開発

二式複戦 屠龍レシピ秘書艦燃料弾薬鋼材ボーキ
二式複戦 屠龍あきつ丸・神州丸
宗谷(特務艦)
204010120
+流星あきつ丸・神州丸
宗谷(特務艦)
205010120
2021/12/10に開発解禁された「カ号観測機改」「三式指揮連絡機(対潜)」「一式戦 隼II型」
も同時開発可能(2021/12/13)

あきつ丸/神州丸/宗谷(特務艦)のいずれかが条件で、
二式複戦 屠龍の開発が可能
になりました。

速報ですが、屠龍は10%の確率で開発できそうです(参考)
また、紫電改二等、通常の空母レシピで出るレア艦載機の一部は開発不可の
可能性があり
、下手に複合せずに基本最低値レシピを活用するのが良いでしょう。
※紫電改二・流星改・彗星一二甲・彩雲・二式艦上偵察機が出ない?(速報なので要確認)

関連:
装備開発の基礎知識 開発理論値や秘書艦テーブル等

担当艦の入手

2021/12/13現在、担当艦の入手は以下のようになっています。

  • あきつ丸・・・大型建造で恒常入手可
  • 神州丸・・・・恒常入手不可。2-3の期間限定ドロップが実装中(2021/12/13現在)
  • 宗谷・・・・・恒常入手不可。イベントでよくドロップする

改修

二式複戦 屠龍の改修開発改修消費装備担当艦
☆0-64/62/2神州丸
宗谷(特務艦)
☆6-106/93/4二式複戦 屠龍1
更新8/124/6一式戦 隼II型2
新型航空兵装資材1 熟練搭乗員1
☆6から改修確実化で開発資材72/改修資材34
二式複戦 屠龍丙型への更新
(2021/12/15作成)

改修自体は容易な部類。本装備の改修は更新後の防空に価値があります。
手を付けるなら更新を見据えてやりましょう。
更新したい場合は熟練搭乗員新型航空兵装資材が必要な点に注意。

更新時に必要な一式戦 隼II型が足りない場合、

で入手可能。
基本的には屠龍の開発中に出るので一緒に集めておき、
足りない場合に専用のレシピを使いましょう。

※現状、クォータリー任務で一式戦 隼II型を選ぶ理由はあまりありません。

解説

 対空迎撃対爆出撃時対空防空時対空戦闘行動半径
二式複戦 屠龍3144.5123
二式複戦 屠龍☆105146.5143
二式複戦 屠龍 丙型3266173
2021/12/13作成

上記スペック表の通り出撃時に役立つ装備ではありません。
しかし、基地防空の対空値に換算すると、12相当になり、開発できる中では一番強力な基地装備です。
※Spitfire Mk.Iも防空で12相当となり同様。屠龍の方が開発率が高い。

本装備は主に、イベントでの基地防空ギミックで活躍します。
甲作戦や乙作戦時ではギミックの解除に基地防空が必要になることがありますが、
その際「試製烈風 後期型」をメインで使っていると、ギミック解除ができずに
難易度の強制足切りを食らうことがあります。

「防空ギミックがあと一歩でクリアできなかった」を解決できる装備なので、
防空周りに不安がある場合は、ある程度の数を作っておいたほうが良いでしょう。

その他

●運営告知では、「二式複戦 屠龍 丙型」の紹介にて
本機※及び発展型は、来るべき本土防空戦の対重爆戦においてその真価を発揮します
とコメントされています。
本土周りのイベントでは何らかの補正(高高度爆撃への補正?)がありそう?
※特性が違ったり、そもそもなかったりする可能性もあるので、
そちらの特性に期待する場合はイベントでの検証待ちになります。
※「二式複戦 屠龍 丙型」で書かれた内容なので、「二式複戦 屠龍」にはないかもしれません。

●基地の戦闘行動半径(3)が短いので、イベント海域での熟練度付には注意が必要です。
予め熟練付するなら以下の方法が考えられます。
6-4,6-5を使った基地航空隊(陸攻・局戦)熟練度上昇方法

●開発率が高いので雑に作ってもよいと思いますが、
制空権シミュレータさんで過去の防空事例を確認して、
必要数を見てみるといいかもしれません。

二式複戦 屠龍 丙型

「二式複戦 屠龍」からの改修更新で入手可能です。
スペックは「二式複戦 屠龍」欄参照ですが基地防空時に対空値17相当の機体になります。

本機は防空用に恒常入手(改修)できる、
紫電二一型 紫電改(防空時14)」や「Spitfire Mk.V(防空時17(+改修で2))」等と比べても、
改修コストと防空能力のバランスが良く、今まで防空で困っていた方は、
いくつか作ればある程度改善が期待できそう。

※防空装備として比較した場合、恒常の装備では、Spitfire Mk.Vと防空時の対空換算で同値。
あちらは改修できるので防空時対空では負けますが、
改修コストや対爆値・高高度周りの匂わせツイート等を考えれば、
屠龍 丙型を優先するのが良いかと思います。
出撃を考慮したり、イベ特効等も加味するならするならSpitfire Mk.Vも検討

また、「対爆」の数値が6と高いのも大きな特徴。
対爆の値は基地防空時の敵機撃墜率に寄与する(TIPS参照)ことがわかっています。

それなりに改修コストがかかるので急いで作る類の装備ではありませんが、
必要になったタイミングで入手・運用できるように抑えておくと良いかもしれません。

基地防空について(TIPS)

基地防空では、基地のスロットと敵艦載機のスロットが連動しています。
4スロット目に対爆の高い防空機体を置くと、敵空母の4スロット目が撃墜しやすくなります。
2021/12時点では、
・空母の基地空襲はは1スロット目が艦戦のため、2,3,4スロに対爆の高いものを優先すると良い。
・飛行場姫の基地空襲は1スロット目も爆撃機なので、1,2,3,4,スロに対爆の高いものを分散すると良い。
といった感じで、3-4機程度対爆の高いものを準備したいです。

私は、基地防空優勢+各スロットに対爆6以上の機体を載せておけば
ほぼほぼ敵の空襲を無力化にできるという認識でプレイしています。 ※手元にソースがない

最近のイベントでは「基地防空優勢」がギミック解除要件になることが多いですが、
過去には「防空時無傷」がギミック条件だった例もあります。

対重爆の基地計算について(参考)

特に「試製秋水」「Me163B」「秋水」についての情報です。
今回実装された、「二式複戦 屠龍」「二式複戦 屠龍 丙型」の仕様とは関係がありません
※屠龍や丙型は超重爆空襲に対し補正があることが確認されています。(2022冬E5)
但し、これらの空襲が今後もあるかは不明。

制空値の計算(重爆)

ロケット戦闘機の採用数0123以上
制空値への補正倍率0.5倍0.8倍1.1倍1.2倍
高高度迎撃による制空値の補正。【試製 秋水】【Me163B】【秋水】が対応(2019/12/09)

基地防空では高高度爆撃に対する補正があり、【試製 秋水】等を
装備しないと自陣の制空値が半減する仕様になっています。(甲作戦)
秋水やMe163B等を編成に混ぜ、制空値を嵩上げします。

試製 秋水を取ろう

【試製 秋水】【Me163B】【秋水】のうち、【試製 秋水】は、
以下の任務で入手することが可能です。

試製秋水は単純に防空性能が高く、
対爆が高いため基地の空襲被弾を抑えることにも適しています。
未所持の方は、基地防空の強化にこちらの入手も意識しておきましょう。

まとめ

防空周りは強化が困難でしたが、「二式複戦 屠龍」及び丙型の実装である程度改善されました。
今までギミック関係で困っていた方は、屠龍の開発だけでもしておくのがいいかと思います。