2018/09/15に新システム【Nelson Touch】が実装されました。暫定の内容になりますが、紹介しておきたいと思います。

(2018/09/19 更新)
(2018/11/19 記事内容更新)

ネルソンタッチ(NelsonTouch)の概要

発動条件

  • 戦艦「Nelson」が旗艦・中大破していないこと
  • 陣形選択時で通常艦隊の「複縦陣」連合艦隊の「第二警戒航行序列」
    ※水上打撃部隊/空母機動部隊の何れも発動
  • その出撃でNelsonTouchが一回も発動していないこと(参考
  • 空母系の艦が3,5番艦に配備されていないこと
  • 6隻の艦隊編成であること
    ※連合艦隊の場合は第一艦隊が6隻。遊撃部隊での挙動は不明
  • 艦隊に潜水艦がいないこと

基本的にはNelson旗艦の6隻で出撃し、3番艦、5番艦に
空母系を配置しなければ確率で発動すると覚えておけば大丈夫。
※空母系は軽空母・正規空母・装甲空母以外の艦。水母等は可

※暫定のため正確な条件ではない可能性があります。
必要であればwikiwikiのネルソンの項目も参考にしてください

発動した際の挙動

Nelsonが攻撃するタイミング】で、動画のように1番艦(Nelson)・3番艦・5番艦
のそれぞれが敵艦隊に1回ずつ攻撃。上手く回れば3隻の敵艦を轟沈させることが可能です。

火力は3番艦・5番艦のものも参照しているため、
3番艦・5番艦に火力の高い艦を配置し、並びを調整する必要があります。

昼戦はもちろん、夜戦でも発動可能。

実際に活用している例として、以下のようなものがあります。
5-5※編成例2 6-5※編成例1 5-3レベリング

発動時の火力補正に関して

ネルソンタッチの砲撃は、

●1番艦(Nelson)・3番艦・5番艦それぞれの火力を参照
●火力補正は2.0倍(但しT不利に限り2.5倍になる)(参考

と考えられています。また、この火力補正に関しては、イベント海域にある
特効の補正も上乗せされ計算されているようで、特効艦をあわせると
非常に大きなダメージになります。

※昼砲撃戦はキャップ後補正、夜戦時はキャップ前補正

※ネルソンタッチは先行実験実装のため、今後効果が変わる可能性があります。

その他確認事項

●既に書いているように1出撃に対するNelsonTouchの発動回数に制限があります。
道中のマスで発動させるか、ボスマスで発動させるか出撃の流れを把握しておきましょう。

●制空権や装備に関わらず発動します。

●発動率の計算式等は現状不明。今の段階では1例としてですが、
参考リンクのような検証結果があります。(参考
※検証条件によって大きく変わるかもしれません。

●発動した際のMVPに関しては砲撃ごとに(ネルソン・3番艦・5番艦)
それぞれが対応しています。

●発動時に弾薬消費などのペナルティはありません。

●演習では発動しません。

まとめ

複縦陣を選択するデメリットを考えても、
ネルソンタッチの火力補正が高いため要所要所で活用していきたいところ。

ネルソン専用なので、2018初秋イベで邂逅した提督は育成を進めていきたいですね。

関連:
長門改二特殊攻撃“一斉射かッ…胸が熱いな!”の概要