2018/11/16のアップデートにより、長門改二専用の特殊攻撃【一斉射かッ…胸が熱いな!】が実装されました。また、2019/02/27のアップデートにより、陸奥改二専用の特殊攻撃【長門、いい? いくわよ! 主砲一斉射ッ!】が実装されました。

(2018/11/19 記事内容の修正)
(2018/12/11 徹甲弾の補正対応)
(2018/12/31 連合艦隊時の挙動加筆)
(2019/04/02 陸奥改二のスキル反映更新)

概要

以下記事では長門改二専用の特殊攻撃【一斉射かッ…胸が熱いな!】と
陸奥改二専用の特殊攻撃【長門、いい? いくわよ! 主砲一斉射ッ!】
を並行してまとめていきます。

発動条件

  • 戦艦「長門改二」「陸奥改二」が旗艦であること
  • 2番艦が「戦艦」であること
  • 旗艦が無傷または小破であること
  • 2番艦が「大破」していないこと(要確認)
  • 陣形選択時通常艦隊の「梯形陣」または
    連合艦隊「第二警戒航行序列」を選択していること
  • 艦隊に潜水艦を含んでいないこと/護衛退避艦がいないこと
  • 出撃で長門改二の特殊攻撃が一度も発動していないこと

以上が挙げられています。

発動した際の挙動

長門改二/陸奥改二が攻撃するタイミング】で、確率で発動。
1番艦が1回目と2回目の砲撃・2番艦が3回目の砲撃をするため、
合計で3回砲撃をします。上手く回れば3隻の敵艦を轟沈させることが可能。

火力

長門改二特殊攻撃 "一斉射かッ…胸が熱いな!"砲撃倍率
砲撃1.2回目(長門の砲撃)砲撃3回目(随伴艦の砲撃)
徹甲弾ありなし徹甲弾ありなし
随伴:陸奥改二2.261.682.261.68
随伴:陸奥改約2.171.61約2.181.62
随伴:他ビック7約2.071.54約2.021.5
随伴:その他1.891.41.621.2
上記補正に追加して、索敵5以上の電探装備時更に1.15倍の補正有り
(随伴陸奥改二で徹甲弾・電探を装備している場合約2.60倍となる)
陸奥改二特殊攻撃"長門、いい? いくわよ! 主砲一斉射ッ!"砲撃倍率
砲撃1.2回目(陸奥の砲撃)砲撃3回目(随伴艦の砲撃)
徹甲弾ありなし徹甲弾ありなし
随伴:長門改二2.261.682.261.68
随伴:その他1.891.41.621.2
上記補正に追加して、索敵5以上の電探装備時更に1.15倍の補正有り
(随伴陸奥改二で徹甲弾・電探を装備している場合約2.60倍となる)

基本的には、一番艦/ニ番艦を長門改二/陸奥改二にし、徹甲弾を装備している
場合に高いダメージ補正が出る
ことを抑えておけば良いと思います。

※表に関してのデータは、wikiのものを参考に加工しています。
最新情報もwikiを確認してください。
https://wikiwiki.jp/kancolle/長門改二

※今後の検証・アップデートにより変化することがあります。
昼砲撃戦はキャップ後補正夜戦時はキャップ前補正と考えられています。

その他確認事項

●発動した場合、その戦闘での1番・2番艦の弾薬消費が1.5倍になります。
道中で使うと弾薬ペナルティが大きくなることがあります。(参考

  • 昼戦のみで発動→30%消費
  • 夜戦マスで発動→15%消費
  • 昼戦+夜戦で発動→45%消費(払暁戦は不明)

●旗艦の攻撃順時に確率で発動するため、旗艦射程を超長にしておくのが理想。
随伴の戦艦は、可能であれば射程長等に抑えておくと行動順を調整出来ます。

●長門改二のスキル発動には梯形陣を選択する必要がありますが、
梯形陣の昼砲撃戦火力補正は0.75倍です参考)。
以前より改善されましたが、大きいマイナス補正なので注意。

●徹甲弾と索敵値5以上の電探を装備した場合
最大で約2.6倍の高いダメージ補正が与えられます。
(例:主砲/主砲/徹甲弾/電探)
長門陸奥で最大の補正を狙おうとすると、弾着観測射撃が出来なくなります。
※随伴武蔵改二等では特殊砲撃の倍率が下がる。
制空権の取れない環境で使うことを検討したい。

●連合艦隊で長門改二スキルを発動させるには第二警戒航行序列を選択。
第二警戒航行序列では、昼砲撃戦火力補正が1.0倍となっています。
第四警戒航行序列の1.1倍に比べるとマイナス補正はありますが、
通常艦隊ほど補正が大きいわけではありません。

●攻撃を外すとカスダメになります。

●演習では発動しません。

●(直接関係ありませんが)6-4では長門改二/陸奥改二を活用した編成に
限り戦艦が2隻混ざっていても左ルートでのスタートが可能です。
精鋭無比「第一戦隊」まかり通る!【拡張作戦】編成例

NelsonTouchとの差異

●NelsonTouchは発動しても弾薬の消費がありません。

●通常艦隊で使うとNelsonTouchは複縦陣(砲撃戦補正×0.8倍)
長門改二の特殊攻撃は梯形陣(砲撃戦補正×0.75倍)
長門改二の特殊攻撃の方が攻撃艦隊全体の火力低下が大きいです。

●長門型改二の特殊攻撃は、随伴艦を【長門改二/陸奥改二】・各戦艦に
徹甲弾を乗せることによりNelsonTouchよりも大きなダメージ補正が見込めます。

  • 長門改二(梯形陣0.75倍×スキル補正約2.60=約1.95倍)
    ※随伴陸奥改二/徹甲弾電探所持時
  • 長門改二(梯形陣0.75倍×スキル補正約2.26=約1.69倍
    ※随伴陸奥改二/徹甲弾所持時
  • NelsonTouch(複縦陣0.8×スキル補正2.0=1.6倍
    ※T字不利は考慮せず

NelsonTouchは随伴艦に航巡や駆逐が混ざりやすいことに対し、
長門改二の特殊攻撃は3発とも戦艦となるのも◎

●NelsonTouchは並び順に気を配る必要があるのに対し、
長門型改二の特殊攻撃は1,2番艦で完結しています。

関連:
ネルソンタッチ”Nelson Touch”の概要 発動条件や挙動等
どちらかというとNelsonTouchのほうが使いやすいですが、
長門改二の特殊攻撃の方が火力は出しやすいと言う感じ。

まとめ

カットインが専用グラフィックでいい感じですね。
梯形陣に補正が入り、通常艦隊・連合艦隊共に実用的に使っていけるようになってきました。
特に随伴陸奥(長門)・徹甲弾を使う補正が強力なので、上手く活用したいですね。