2018/11/16のアップデートにより、長門改二専用の特殊攻撃【一斉射かッ…胸が熱いな!】が実装されました。暫定の内容になりますが、紹介しておきたいと思います。

(2018/11/19 記事内容の修正)
(2018/12/11 徹甲弾の補正対応)
(2018/12/31 連合艦隊時の挙動加筆)

概要

スキル名が長いため、一部では「ながもんタッチ」「胸熱砲」等とも呼ばれています。

発動条件

  • 戦艦「長門改二」が旗艦であること
  • 2番艦が「戦艦」であること
  • 陣形選択時通常艦隊の「梯形陣」または
    連合艦隊「第二警戒航行序列」を選択していること
  • 艦隊に潜水艦を含んでいないこと
  • その出撃でこのスキルが一度も発動していないこと

等が挙げられています(他、確認事項の欄も参照)


発動した際の挙動

長門改二が攻撃するタイミング】で、確率で発動。
1番艦が1回目と2回目の砲撃・2番艦が3回目の砲撃をするため、
合計で3回砲撃をします。上手く回れば3隻の敵艦を轟沈させることが可能。

火力

既に検証されていて、2018/12/07時点では

長門改二特殊攻撃 "一斉射かッ…胸が熱いな!"砲撃倍率
砲撃1.2回目(長門の砲撃)砲撃3回目(随伴艦の砲撃)
徹甲弾ありなし徹甲弾ありなし
随伴:陸奥改2.1735倍1.61倍2.187倍1.62倍
随伴:その他1.89倍1.4倍1.62倍1.2倍
上記補正に追加して、索敵5以上の電探装備時更に1.15倍の補正有り

参考1)(参考2)(参考3)(参考4)(参考5)(参考6

表に関してのデータは、wikiのものを参考にしています。最新情報もこちらで。
https://wikiwiki.jp/kancolle/長門改二

※今後の検証・アップデートにより変化することがあります。連合艦隊では補正が違う可能性も。
※昼砲撃戦はキャップ後補正、夜戦時はキャップ前補正と考えられています。
※徹甲弾シナジーは2018/12/07のアップデートより追加実装されています。

その他確認事項

●発動した場合、その戦闘での1番・2番艦の弾薬消費が1.5倍になります。
通常昼戦であれば合計3割の減少になり、道中で使うとボスマスでのペナルティ
が大きくなることがある点に注意。(参考
※昼戦のみで発動→30%消費
夜戦マスで発動→15%消費
昼戦+夜戦で発動→45%消費(払暁戦は不明)

●長門改二の攻撃順時に発動するため、長門改二の射程を超長にしておくのが無難。
随伴の戦艦は、可能であれば射程長等に抑えておき、開幕での有効打を狙いましょう。

梯形陣は火力補正が0.6倍参考)、単縦陣と比べ非常に厳しいです。
※NelsonTouchでの複縦陣は0.8倍
補正を考慮しても、通常砲撃戦をひっくり返せるほどの性能ではありません。
※但し夜戦であれば火力低下の補正はありません。代わりに命中率が低下していますが、
命中低下を加味しても実用的なら考えても良いかも。6-5の夜戦マス等

●一方、連合艦隊の第二警戒航行序列では、火力補正が1.0倍となっています。
第四警戒航行序列の1.1倍と比べても、十分に使える範疇と言えるでしょう。
※陸奥+徹甲弾採用時はT不利時を除き、NelsonTouchより火力は高いと考えていい

●Nelsontouchと同様、外すとカスダメに。

●5隻以下の編成時や、演習では発動しません
※連合艦隊での退避時挙動はまだ不明。

まとめ

NelsonTouchと違い、道中で使うと弾薬消費がボス戦に影響する点に注意が必要。

それでも連合艦隊であれば、実用的に使っていけるかなと思います。
特に随伴陸奥・徹甲弾を使う補正が強力なので、上手く活用したいですね。

関連:
ネルソンタッチ”Nelson Touch”の概要 発動条件や挙動等
こちらは通常艦隊にも組み込みやすい特殊攻撃になっています。