第五戦隊クエは開発資材がもらえ、比較的美味しい任務の一つです。後続のマンスリー任務でもネジがもらえるため、継続してクリアしたいですね。

(2018/09/02 二期内容に修正)

任務情報

  • 妙高 那智 羽黒を含む艦隊で
  • 2-5ボスS勝利

クリア報酬は

  • 弾薬鋼材550,開発資材5,家具箱(大)1

前提任務に

  • 「第五戦隊」を編成せよ!

あり。後続に

あり。

ルート・索敵

第二期に入り、ルート固定の条件が変更されました。
“航戦を1隻以上且つドラム缶(輸送用)を2隻に装備”で【BFJO】ルート固定となります。

2-5 沖ノ島沖戦闘哨戒 攻略【第二期】【Extra Operation】

このクエストでは重巡3が必須なので、
「那智」「妙高」「羽黒」+航戦(伊勢改二)+ドラム缶(輸送用)を載せれる航巡2
という編成がテンプレートです。

また、索敵条件が一期に比べかなり厳しくなっています。今の時点では、
(33式(分岐点係数1)で49以上(参考)必要だと考えられ、
それに合わせた計算をする必要があります。
※今後索敵条件等が変わってくる可能性はあります。

※マップ索敵の計算に関しては、以下のサイトが活用しやすいです。
艦隊これくしょん マップ索敵 判定式(33) 計算機

編成例

●航戦1に伊勢改二採用。制空権確保に制空値84以上必要ですが、
伊勢の22スロ+零式艦戦53型(岩本隊)で到達可能(画像で91)。
妥協するなら優勢でも問題ありません。
他、ボーキ消費を許容できるのであれば補正のある瑞雲系を装備するのも選択肢です
※例としては(六三四空/熟練)を装備すると火力+4,回避+2のボーナス 等

●画像のように偵察機+電探を基本装備としていれば、索敵計算しなくて問題なさげ。
画像で33式77.91となります。(電探3つ分くらい余裕のある計算)
但し航巡の代わりに駆逐や軽巡を使おうとすると、索敵計算に注意が必要です。

伊勢改二がいない場合、扶桑型に水戦を装備し、航空優勢を取りに行けばOK。
他は同じ様に編成しておけば大丈夫です。

まとめ

水上反撃部隊任務は難しくなりましたが、第五戦隊任務は難しくなってないかなと。
ルート固定するためには索敵条件が厳しいので取りこぼしの内容に注意したいです。

他参考

【マンスリー任務リンク(一覧)】
水雷戦隊南西(1-4) 第五戦隊(2-5) 水上反撃部隊突入(2-5)
空母機動部隊西(4-2) 水上打撃部隊南方(5-1) 潜水艦隊(6-1)
洋上補給調達(工廠) 精鋭「艦戦」隊の新編成(工廠) 機種転換(工廠)
輸送船団護衛(遠征) 精鋭艦隊演習(演習) 伊良湖支援(演習)