03/17のアップデートにて九六式陸攻を開発できるようになりました。これにより、今まで停滞していたクォータリークエストが完了でき、且つ九六式陸攻を量産することが出来るように。

(2018/02/28 タイトル修正/内容更新他)
(2018/11/07 「一式陸攻」性能向上型の調達加筆・他修正)

任務情報

  • 九六式陸攻×1/九七式艦攻×2を準備し
  • 任務受諾後零式艦戦21型×2を廃棄・達成

クリア報酬は

  • 燃料弾薬・250一式陸攻入手

出現条件は、

  • 「陸攻」隊の増勢
  • ウィークリーの「南方への輸送作戦を成功させよ!」(関連

クォータリーのデイリー・ウィークリー系トリガーはマンスリーなどと違い、
月が変わってから達成する必要があるようです。

ウィークリーは東京急行系の遠征を1度クリアするだけなので、
苦にはならないでしょう。
遠征の基本知識と成功条件一覧表

【「陸攻」隊の増勢】の前に、
【「航空基地設営」事前準備】【水雷戦隊、南西諸島海域を哨戒せよ!】

等の任務がかかっていて、陸攻系任務をクリアしてこなかった
場合それなりに面倒くさいです。

参考
中部海域「基地航空隊」展開! トリガー・関連任務他
関連トリガーは上の記事でざっくりまとめてるので、必要ならそちらを参考。


九六式陸攻を開発しよう

この任務は一式陸攻の調達ですが、そのためには
九六式陸攻を開発しないといけません。

普通の開発と条件が違い、空母系旗艦・普段より多くの資源を使用することで
九六式陸攻は開発できます。

具体的な成功例としてよくあるのが

  • 240/260/10/261

最小レシピとして複数確認されてるのが

  • 240/260/10/250
    ※ボーキテーブルでないため機銃もでる

上記2つのレシピが最小。
陸攻と大型電探を両方狙えるレシピは現状不可能なようです。

参考:
装備開発の基礎知識 開発理論値や秘書艦テーブル等

開発する価値は?

九六式陸攻を始めとする陸攻装備は「基地航空隊」でのみ運用可能な装備です。

新規、初心者さんには非常に重いレシピですが、
陸攻を最低限数揃えておくと、イベント海域の攻略が楽になる場面が出てきます

色々理由はありますが、基地航空隊には戦闘行動半径という制約があり

  • 陸攻系装備は艦攻系装備より戦闘行動半径が大きく、
    陸攻系装備でないと特定のマスに基地航空隊を出撃させられない場面がある

ことが大きな理由。

基地航空隊の火力は戦闘開始前に敵艦隊を減らすことに繋がるため影響が大きいです。
陸攻を出撃させることが可能かどうかで攻略難易度が変わってくる海域も多くあります。

もしまだ中部海域まで進んでおらず、【主力「陸攻」の調達をしよう】の
任務がクリアできない場合でも、
九六式陸攻を作っておけばイベント海域で何らかの役に立つはず。

将来的には上位期待を含め8-9機程度は準備しておきたいです…が、
陸攻はレシピがとても重たいので、時間をかけて数を揃えていきましょう。

参考
基地航空隊を活用しよう
初心者向け開発レシピと準備しておきたい装備の数

一式陸攻 二二型甲の入手

任務:「一式陸攻」性能向上型の調達をクリアすることで、
上位互換である【一式陸攻 二二型甲】を入手することが可能です。

天山2つを準備するだけなので、任務出現次第クリアしたいですね。

※この記事で紹介の主力「陸攻」の調達をしようの他
季節の演習任務がそれぞれトリガーの可能性があると指摘されています(要確認)

まとめ

というわけで、陸攻の調達任務の話でした。関連任務として、以下任務も抑えておきましょう。
運用装備の統合整備 一式戦 隼II型か紫電一一型か

この記事で紹介している陸攻系の装備は、6-4,6-5の攻略や、
イベント海域の攻略でキー装備になってくることが多いです。

同時に艦載機も開発できるので、しっかり数を増やしていきましょう。

【クォータリー任務リンク(一覧)】
強行輸送艦隊(1-6)  沖ノ島海域迎撃戦(2-4) 前線航空偵察 (6-3)
北方海域警備 (3-1,3-2,3-3) 精鋭「三一駆」(5-4)
海上通商航路の警戒(遠征) 近海敵潜制圧(遠征)
主力「陸攻」調達(工廠) 新型艤装継続研究(工廠) 運用装備統合整備(工廠) 
主力艦戦更新(工廠)
 対空兵装整備拡充(工廠) 航空戦力の強化
「熟練搭乗員」養成(工廠) Z作戦(2-4,6-1,6-3,6-4)