第二期の3-2では、特定の編成で1戦戦闘を行った後弾薬マスに到達することが可能です。効率が良く、弾薬が足りていなくても簡単に回復させる事が出来るため、有力な資源回収マップの一つとなっています。

概要(キスクル)

Aマスで戦闘した後、Bマスで弾薬を回収、そのまま撤退します。
Bマスでは弾薬を(50~150)稼ぐことが出来、一周あたり一分
前後で戻ってくることが可能。

また、1-3同様大発動艇等で収支を増やすことが可能です。
が、元の弾薬入手量が高く、単艦で出撃するには装備数にも限りがあり
乗せるのはどちらでもいいかなと。

Aマス編成

潜水艦で回る場合、画像のような軽空母入編成が厄介。
どうしても大破で敗北率が上がっていきます。

注意点(敗北数の増加)

編成の特性上、潜水艦またはバイト艦を単艦で採用します。
その為弾薬を稼ぎに出撃する毎に、
鎮守府全体の勝率が下がることに注意してください。

勝率を意識するなら潜水艦を複数採用してもいいですが、
その分収支が落ち、結局あまり美味しくないですね。

編成例

個人的には「応急修理要員+新型高温高圧缶」を載せ、少しでも
回避率を上げています。

新型高温高圧缶の代わりに特二式内火艇を載せた場合、
一周あたりの弾薬入手量を+3することが可能。
お好みでどちらか選択してください。

ダメコン進軍

Aマスで大破した場合、「応急修理要員を使用して進撃」を選択すること。
弾薬マスに進軍してもダメコンは消費せず、母港帰投後も残ったままとなります。

バイト艦を採用してもOK

潜水艦が少ない鎮守府や、勝率は全く気にしないけど入渠が埋まるのは嫌な鎮守府は
適当な艦にダメコンを載せて進軍してもOK。

画像では載せていませんが、
ドラム缶(輸送用)を乗せることで弾薬収支+2になりますね。

※バイト艦には駆逐・軽巡・重巡等を採用すること。
戦艦・空母の単艦はCマスに進むのでNG

注意点

●特にバイト艦の採用を考えている場合、
応急修理要員に対してロックを掛けておくこと。
応急修理要員にロックをかけておけば、
誤解体による応急修理要員廃棄を防ぐことが可能になります。

●複数の艦で長時間周回を予定している場合、
予め複数の艦に応急修理要員を装備してから周回に入ると楽。

まとめ

一周あたりの弾薬入手量が多く、
1時間本気で回せば4000~5000近く増やすことが可能です。

1-3の燃料稼ぎ同様、覚えておいて必要なときに活用するといいですね。
1-3-D 燃料稼ぎ編成例【第二期】