二期に入り道中マスの資源消費量が変化した結果、下ルートでの攻略が現実的な攻略方法となりました。それぞれのルートに特徴があるので、自分にあったルートを活用しましょう。

(2017/07/06 加筆・修正等)
(2018/11/13 二期内容に修正)
(2019/01/23 陸偵を使った基地編成例を加筆)

マップ情報

簡易の攻略例は以下でも紹介しています。
中部海域の紹介・編成例等【第二期】

ボス旗艦を6撃破でクリア。【戦果250】と【勲章1】を入手出来ます。
1-5~4-5よりは難しいですが、5-5より簡単といったところ。

ルート固定

基本的には上ルート・下ルートの何れかの編成がおすすめ。
艦隊の充実度によって選びましょう。
(管理人の感覚では下ルートのほうが要求水準がかなり高い)

下ルート【BFIJM】

戦艦2重巡1軽巡1駆逐2【BFIJM】※おすすめ
戦艦1重巡2軽巡1駆逐2【BFIJM】
道中潜水艦1戦+昼戦2戦+夜戦1戦

制空を取る問題があり、伊勢改二を使うか制空はあまり取らずゴリ押しするかどちらか。
どちらにせよ、水戦等の上位装備が欲しいルートです。

初めて攻略する場合は、基地航空隊の準備など敷居が高いため、
上ルートからの攻略を推奨しておきます。

上ルート【ACDGM】

戦1空2雷巡1重巡1駆逐1【ACDGM】
道中3戦+空襲1戦。

一期時主流の編成。二期でも有効なルートですが、
潜水艦マス・夜戦マスの資源消費が変更された結果、
下ルートのほうが簡単だという提督が増えています。

下スタートの上ルート【BCDGM】

戦艦3軽巡1駆逐1重巡系1【BCDGM】
潜水艦1戦+昼戦2戦+空襲1戦

上ルートよりは資源を残した状態でボスに挑むことが可能。
このルートも制空を稼ぐ問題があります。

※それぞれのルート固定は、wikiwikiの6-5欄を参照に編集しています。

敵編成の変化・空襲

ゲージ残量によって道中・ボス編成ともに3段階に変化。難易度が上昇します。

また、3戦目以降はボスに付くまでに一度空襲があり、
放ったらかしておくと多量の資源+基地航空隊の航空機を持っていかれます。

課金以外の対策は現実的ではないですが防空も検討しましょう。

基地航空隊の活用

基地航空隊ですがクエストをクリアすることで2部隊運用可能です。
この基地航空隊の2部隊運用は攻略の前提となっているため、
まずは確保すること(展開クエスト以外は課金でも可)

飛行場設営の準備を実施せよ! 6-3S勝利狙い編成例
夜間突入!敵陸上部隊を叩け! 5-3編成例

基地航空隊の展開クエスト関連。6-4をクリアしている提督は問題ないと思いますが、
以下任務をクリアしないと中部海域で基地航空隊を準備することは不可能です。
中部海域「基地航空隊」展開! トリガー・関連クエ他

そもそも基地航空隊って?という場合、以下を確認。
基地航空隊を活用しよう 運用方法・艦載機毎の制空値他

出撃制限

基地航空隊の出撃可能部隊は2部隊ですが、最大で3部隊展開することが可能。
1部隊は「防空専門部隊」として運用することができます。

2018/10現在3部隊目を使用するには「設営隊(800円)」を購入する必要があります。
が、局戦を配置した防空部隊を使用するとそれなりに被害軽減効果があり、
毎月攻略するなら課金も検討しましょう。


編成例1(下ルート)

【BFIJM】道中潜水艦1戦+昼戦2戦+夜戦1戦(+ボス)

●基地航空隊を”拮抗状態で4回”ぶつけ、
ボスマスの航空優勢に必要な制空値が260前後になることを想定。
画像の編成で制空値278。

なお、伊勢が連撃できないので火力が足りなく見えるかもしれないですが、
火力に関しては問題ありません。他装備の都合などで制空値が足りなければ
・阿武隈を由良に(主砲水戦甲標的+副砲増設)
・熊野の後ろ2スロットを水戦に
・Nelsonを水戦採用可能堪に変更する
・多少航空優勢がランダムになるが祈る
などをが考えられます。

●Nelsontouchを採用した編成です。【道中Jの夜戦マス】に対し
複縦陣で運用しています。ボスマスはデメリットのほうが大きいので、
素直に単縦陣でやりましょう。
ネルソンタッチ”Nelson Touch”の概要 発動条件や挙動等
※Nelsonを採用しない場合、武蔵や航巡に水戦を乗せれば制空値に余裕ができます。
総合的に見て無理にNelsonTouchをする必要はありません。

●秋月型の採用は空母棲姫の艦載機を枯らす想定のため。
Nelson+夕立の汎用CIとかでも枯らせる場面は結構見れたので、
火力不安なら秋月型無しでやりましょう。

●画像例では対潜装備を載せていませんが、初戦Bマスでは
潜水艦が出てきます。1スロ対潜先制爆雷攻撃艦にソナーを載せておくと、初戦が安定します。
対潜先制爆雷攻撃を活用しよう

夜戦込で安定するものの、昼戦で終わらすには火力が足りないですね。
昼で終わらすには旗艦伊勢・一番後方に武蔵と言った構成が良さそう。

伊勢改二を採用できない場合、あきつ丸や航巡に水戦ガン積みすることによって
一応航空優勢可能…ですが、火力が足りなくなるため推奨できません。
素直に上ルートで攻略するのが良いかなと。
※武蔵・大和・長門などを使い、そもそも航空優勢を取らずに攻略する例もあります。
何れにせよ上級者向けなのでおすすめできません。

基地航空隊

陸偵有り例

基地航空隊はすべてボス(M)マスに集中。戦闘行動半径が5以上必要です。
画像は拮抗×4回を想定しています。

  • 1部隊目の拮抗に制空値213(+基地防空で削られる分)以上必要
  • 2部隊目が170程度必要

1部隊目は陸偵の戦闘行動半径延長を活かし、
紫電改(三四三空) 戦闘301等を使うことで拮抗を取ることが可能。
画像で制空値239~と余裕があり、画像例に限らず拮抗調整は可能です。

基地2部隊目の制空値が、
三四型を2つ使って(熟練無し時167/熟練MAX時177)となります。

一式戦 隼II型(64戦隊)・三四型を採用できない場合、一つは対空が落ちてもOK
(紫電改(三四三空) 戦闘301に変更や銀河に変更)
それ以上は無理せず陸偵なしの例にするのが良さそうです。

※基地の計算は以下ツールを使い、調整してみてください。
制空権計算機 – 艦これ計算機

※陸偵有り例での拮抗調整は、無しに比べ基地での攻撃手数が減ります。
資源消費は減りますが、総合的にどちらが良いかは微妙な所。

陸偵無し例

基地航空隊はすべてボス(M)マスに集中。戦闘行動半径が5以上必要です。
画像は拮抗×4回を想定しています。

拮抗調整を想定する場合、

  • 1部隊目の拮抗に制空値213(+基地防空で削られる分)以上必要
  • 2部隊目が170程度必要

特に1部隊目は基地防空を考慮すると画像装備でギリギリ。各自で調整してみてください。

※3部隊目は基地防空になります。個人的には補給せずにほったらかして
置くことが多いですね。
既に書いている通り2018/10現在、3部隊目は課金でのみ開放可能です。

代案(劣勢→拮抗の調整等)

一式戦 隼II型(64戦隊)がない場合、
・基地1部隊目を劣勢調整にし、本体の制空値310程度で調整する
・戦闘機2部隊+陸偵/戦闘機3部隊配備して拮抗調整にする
等の方法が考えられます。

本体の制空値調整に関しては、由良を採用して制空値調整すると簡単です。
本体の調整が難しい場合、本体の制空値を拮抗のままゴリ押すという手もありますが、
基本的には無理せずに上ルートを採用したほうが良いでしょう。

劣勢→拮抗で調整する場合、
2部隊目の基地航空隊制空値を190程度で調整してください。

編成例2(上ルート)

戦1空2雷巡1重巡1駆逐1
【ACDGM】道中3戦+空襲戦1戦(+ボス)

●画像で制空値417。2戦目制空権確保の制空値396に
合わせて400以上で調整したいです。同じ載せ方で制空が足りない場合、
・爆戦を増やす
・航巡を採用し水戦を載せる
・瑞鶴翔鶴の代わりにサラトガや大鳳・イントレピッドを採用する
・彩雲を外す
といった方法で調整が可能。
戦爆連合に出来なくても、ボスマスでの火力は大丈夫だと思います。
調整が難しそうなら素直に艦戦を載せていきましょう。

●道中の防空と、空母棲姫の艦載機を削りを意識して
対空カットイン艦の摩耶を採用。

対空カットイン+改修した高角砲を複数採用・
更に基地航空隊での劣勢~拮抗削りにより、ボスマスではそれなりの確率で
空母棲姫や空母ヲ級flagshipを棒立ちにさせることが可能です。
場合によっては画像の夕立のところを、秋月型などの対空艦にしてもいいですね。

※但し、基地航空隊の揃っていない提督や、初攻略で火力が足りないと感じる
提督は、対空して火力を削るより、まずはボスを倒せる火力を用意しましょう。

●補強増設を有効活用できる場合、機銃を載せておくと良いかも。
特に空母系や航巡に関しては、対空噴進弾幕を活用していきたいです。
対空噴進弾幕を活用しよう 12cm30連装噴進砲改二の入手等
補強増設を活かそう-機銃・バルジ・タービン他

画像レベルで戦力が整っていれば、ボスに到達次第敵艦隊を撃破可能です。
戦力が足りていない場合、ちょくちょく取りこぼしが出るので注意が必要。

伊勢改二を使わない場合

伊勢改二を使わない場合、装備内容にもよりますが
制空値を妥協していくことが多いと思います。

Cマスの制空権確保には制空値396が必要ですが、これを諦め制空値370程度で調整。
瑞鶴・翔鶴を艦攻1艦戦3の装備編成にしたり、
航巡や戦艦に水戦を載せ、空母1隻を戦爆連合にしたりという形で
編成するのがやりやすいですね。

※装備があれば396以上で組むことも十分可能です

基地航空隊

拮抗編成例(編成例1のものと同様)

基地航空隊はすべてボス(M)マスに集中。戦闘行動半径が5以上必要です。
画像は拮抗×4回を想定しています。

拮抗調整を想定する場合、

  • 1部隊目の拮抗に制空値213(+基地防空で削られる分)以上必要
  • 2部隊目が170程度必要

特に1部隊目は基地防空を考慮すると画像装備でギリギリ。各自で調整してみてください。

※基地の計算は以下ツールを使い、調整してみてください。
制空権計算機 – 艦これ計算機

劣勢で調整する場合(代案)

上ルートの場合、基地航空隊は劣勢×4回でも十分です。
劣勢調整をする場合、

  • 1部隊目の劣勢に制空値107(+基地防空で削られる分)以上必要
  • 2部隊目が85程度必要

となりますね。こちらは一式戦 隼III型甲(54戦隊)等、上位装備を持っていれば、
陸戦1陸攻3で航空劣勢を維持できることになります。

新規で攻略する、陸攻や観戦の戦力が足りないといった場合は
以下を確認してみてください。
基地航空隊を使った制空値調整の具体例【6-5】


6-5初攻略にあたって

基地航空隊関係の準備

6-4を攻略している提督なら準備できていると思いますが、
「陸攻」の有無で攻略難易度が大きく変わってきます。

再掲になりますが基地航空隊の2部隊運用は攻略の前提となっているため、
まずは基地航空隊の2部隊展開を済ませておきましょう。

飛行場設営の準備を実施せよ! 6-3S勝利狙い編成例
夜間突入!敵陸上部隊を叩け! 5-3編成例
※6-4で1部隊開放していれば、下の任務がクリアできていないかなと思います。
クエストをスキップする場合課金でも可能

基地を2部隊用意できれば、

  • 1部隊目は艦戦(陸戦)2陸攻2
  • 2部隊目は艦戦(陸戦)1陸攻3

の編成で、航空劣勢を取りながら試してみると良いでしょう。
主力「陸攻」の調達をしよう 九六式陸攻の開発等

航空劣勢調整が出来ているかの確認

基地航空隊でも制空値が一定以上必要で、基地の制空値が足りていないと
制空権が取れない・ボス火力が足りないといった悪循環に陥ります。

一例ですが、

1部隊目:烈風 九六式陸攻 九六式陸攻 九六式陸攻
2部隊目:烈風 九六式陸攻 九六式陸攻 九六式陸攻

といった編成にしてしまうと、基地航空隊の制空権が喪失してしまい、その結果
本体も制空権も取れなくなってしまいます。

必要であれば以下の記事を確認してください。

基地航空隊の制空値を自力で調整しよう
基地航空隊を使った制空値調整の具体例【6-5】

その他

何れもなくても攻略できますが、あると楽になるかもということで。

●水上戦闘機を準備しておけば、航巡+水戦といった形で
制空値補助に使えるかもしれません。
水上戦闘機の入手と活用(Ro.44水上戦闘機~強風改の準備等)

●伊勢改二がいると、制空値調整が格段に楽になります。
育てていれば、改装を検討したいところ。

●道中突破が厳しければキラ付けも有効です。
そこまでしてクリアする必要があるかは考えたいですが、
場合によっては検討していきましょう。
キラキラ・疲労度の状態を再確認しよう

ドロップ

ボスマスで

鹿島 春雨 朝霜 野分 高波 江風 海風 沖波

といった、豊富なドロップがあります。但し
何れも狙って掘りに行くくらいならイベント海域で狙ったほうがよく、
あくまでEO攻略のついでにドロップしたらラッキーと言った感じでしょう。

クエスト

周回任務

あ号作戦やい号作戦を並行することが可能です。
他にできる任務はあまりないので、任務を意識するなら週明けにトライすると吉。

単発任務

  • 改装攻撃型軽空母、前方展開せよ!
    鈴谷航改二を旗艦としてS勝利。基本的には記事内の考え方と一緒で、
    制空値がややきついので2戦目優勢で妥協したり、水戦を採用したりして
    制空値を調整すること。
  • 夜間作戦空母、前線に出撃せよ!
    Saratoga Mk.II専用任務でMod.2は不可。任務自体は攻略編成を
    ほぼ流用することができ、鈴谷のものよりも簡単でしょう。
  • 「伊勢改二」、敵機動部隊を迎撃せよ! 
    リンク先では上ルートを活用した編成を採用していますが、
    伊勢改二を使う場合、下ルートのほうが簡単かも。
    下ルートは艦隊練度に大きく依存するので提督次第です。

5-5の任務よりは簡単ですが、全体的な練度が必要。
基地航空隊や全体練度がないと厳しいことも考えられるので、
難しいと感じたら時間をあけるのも大事。

まとめ

上ルートでは2戦目、4戦目が撤退条件になりがち。
下ルートは夜戦マスを始め、道中すべてのマスが程々に厄介ですね。

ボス火力とボスへの到達率のバランスが求められ、
慣れるには時間が必要かもしれません。

とはいえレ級のいる5-5よりは比較的攻略しやすいのも事実。
上手くこなしていきたいですね。

【EO海域攻略】
1-5 / 2-5 / 3-5 / 4-5 / 5-56-5 / 1-6