攻撃の主役となる陸上攻撃機や、防空で最大限効果が発揮される局地戦闘機は基地航空隊を使った出撃でしか熟練度をあげることが出来ないというデメリットがあります。6-4,6-5それぞれ熟練度を上げやすい地点があるため、活用していきましょう。

(2017/03/19 修正)
(2018/04/15 修正)

熟練度を付ける意味

現時点で、陸攻に対する熟練度の影響は以下

  • 熟練度MAX時、制空値+3(正確には√10)のボーナス
    ※MAXでなくても状況に対応してボーナスあり
  • 熟練度補正による攻撃力やその他補正の上昇(2017秋頃より?)
    ※熟練度MAX時クリティカル時ダメージが2割ほど上昇
    ※熟練度MAX時命中率が12-15%程上昇?
    ※熟練度MAX時クリティカル率が5-7%程上昇?
    (何れも通常航空戦と同等の補正と”仮定”した場合)

わざわざ熟練度をつける手間に見合うかどうかは微妙ですが、
6-5のような制空値の厳しい海域で、制空劣勢調整を行いたい!
と言ったような場合、状況次第で考慮に値するでしょう。

2017秋イベ頃(判明は2018冬イベ)より基地航空隊にも艦載機熟練度による
火力補正があることが確認されました。仕様上熟練度をつけるのに労力、
そして燃料弾薬ボーキのコストが掛かりますが高難易度海域であれば
労力に見合うだけの価値があると思います。

但し、多くの場合イベント海域で熟練度をつけやすい海域が出現するため、
イベント中を活用するのが無難だと思います。

参考
基地航空隊の制空値を自力で調整しよう
艦載機熟練度の基本を再確認をしよう

注意点

二式大艇等・カタリナに関しても

  • 熟練度MAX時、制空値+3(正確には√10)のボーナス
    ※MAXでなくても状況に対応してボーナスあり

が確認されていて、実際にこの差によって制空値の調整が変わってくることがあります。
ただ、これらの大型飛行艇に関しては基地航空隊の出撃にで熟練度を上げることが出来ません。

秋津洲や神威改母に装備し、1-1・1-5・演習等で熟練度付をすると良いでしょう。

基地で消耗した大型飛行艇は機数を補給しても意味がなく、熟練度は一方的に削られる要因になります。
制空値を争う場面では、2中隊目より後ろに配置する、
意識的に機数を回復させず、熟練度が落ちないようにするのも手ですね。


6-4

強化に使えるのはBマスとMマスの2箇所。

6-4には1航空隊しか出せないため、最大4中隊の強化となります。

水雷戦隊マス

%ef%bc%96%ef%bc%8d%ef%bc%94%e6%b0%b4%e9%9b%b7%e6%88%a6%e9%9a%8a%e7%86%9f%e7%b7%b4%e5%ba%a6

戦闘行動半径:2?

軽巡1駆逐5等の水雷戦隊で適当に編成。捨て艦も可能。
捨て艦で編成する場合は出撃条件に数が必要なので、
駆逐4or軽巡1(要旗艦)駆逐3の編成を組むこと。

艦娘は130~170(S勝利で×1.2)の経験値がもらえますが、3-2以下ということで微妙。

一隻旗艦だけ強い軽巡をおくなどで、若干MVP調整しつつの経験値UPは狙えなくもない。

%ef%bc%96%ef%bc%8d%ef%bc%94%e6%b0%b4%e9%9b%b7%e6%88%a6%e9%9a%8a%e7%86%9f%e7%b7%b4%e5%ba%a6%e4%b8%8a%e3%81%92%e7%b7%a8%e6%88%90

こんな感じ。2部隊(計4攻撃)で投げると結構普通に残る

潜水艦マス

%ef%bc%96%ef%bc%8d%ef%bc%94%e6%bd%9c%e6%b0%b4%e8%89%a6%e7%86%9f%e7%b7%b4%e5%ba%a6

戦闘行動半径:8

マップには表示されてないもののAB(Air Base)が左側にあるため、
出撃地点が戦闘行動半径で8離れています。
その為基本的には陸攻のみでくまないと強化することが不可能。

こちらは基本的に潜水艦単騎でやると強制敗北にこそなりますが良さげ。
空母混ぜて水雷戦隊にして・・・ってやってもいいですが、
そこまでするなら左側でこなしましょう。

現在では試製東海等対潜機を混ぜることにより対潜攻撃をすることが可能、
敗北せずに熟練度付が可能になりました。但しMマスは戦闘行動半径が8のため、
零式水上偵察機11型乙(熟練)等の活用ができません。

%ef%bc%96%ef%bc%8d%ef%bc%94%e6%bd%9c%e6%b0%b4%e8%89%a6%e3%83%9e%e3%82%b9%e7%86%9f%e7%b7%b4%e5%ba%a6%e4%b8%8a%e3%81%92%e7%b7%a8%e6%88%90

6-5

6-5では2航空隊、計8中隊を出すことが可能。
Aマスでも出来ますが、潜水艦のBマスでやると良いでしょう。

潜水艦マス

%ef%bc%96%ef%bc%8d%ef%bc%95%e6%bd%9c%e6%b0%b4%e8%89%a6%e7%86%9f%e7%b7%b4%e5%ba%a6

戦闘行動半径:2

軽巡を1隻以上+駆逐艦のみの編成で。捨て艦であれば軽巡1隻のみでOK
対潜先制爆雷攻撃艦を旗艦にしておけば、
MVP安定するのでこちらも若干ですが経験値も稼げます。

こちらも試製東海を活用すれば安定した勝利が可能です。
資源との兼ね合いですが考えておきましょう。

%ef%bc%96%ef%bc%8d%ef%bc%95%e7%86%9f%e7%b7%b4%e5%ba%a6%e4%b8%8a%e3%81%92%e5%87%ba%e6%92%83%e7%b7%a8%e6%88%90

まとめ

もし撃墜されても補給はまとめてでOK。艦載機に疲労がついても
問題なく熟練度は上がっていきます。

基本的には2航空隊の育成が進む6-5のほうが効率がいいです。
6-4クリアまでは6-4で、おわったら6-5での熟練度上げが基本でしょうか。

基地航空隊全般
基地航空隊を活用しよう 運用方法・艦載機毎の制空値・彩雲の防空効果等