2018/12/07に実装された任務の一つ。選択報酬になりますが、基地航空隊の強化に繋がるためクリアできる状態までは準備しておきたいです。

任務情報

  • 任務受諾後「艦戦」「艦爆」「艦攻」×4ずつを廃棄
  • 熟練搭乗員1,新型航空兵装資材2,ボーキ4800を所持した状態で達成

クリア報酬は

  • 弾薬200,選択報酬に
  • 雷電 or 試製東海 or 紫電一一型2

現時点では「試製東海」を推奨。後述。

前提任務に

あり。他にもあるかも?

装備の準備「艦戦」「艦爆」「艦攻」

何れも空母系艦娘が持参してくるのでそれを外せばOK。
開発で入手する場合、

  • 10/20/10/30(空母系・廃棄用回収メイン)
  • 20/60/10/100(空母系・流星改や烈風などの開発を兼ねて)

とすると良さげ。
装備開発の基礎知識 開発理論値や秘書艦テーブル等

熟練搭乗員,新型航空兵装資材

同日実装された以下の任務をクリアすると、両方とも選択報酬で手に入ります。
空母戦力の投入による兵站線戦闘哨戒

他の入手手段に関しては、それぞれ以下記事を確認してください。
新型航空兵装資材の入手と使い道
熟練搭乗員に関して-クエスト「精鋭「艦戦」隊の新編成」他


選択報酬に関して(雷電or試製東海)

●雷電・・・基地航空隊での実質防空制空値が18と強力。
戦闘行動半径は2、出撃時実質制空9と控えめなので、防空専用機です。

●試製東海・・・基地航空隊で運用することにより、潜水艦を攻撃可能です。
命中率や火力も高く、主にイベント海域で使うことの多い装備です。

●紫電一一型・・・防空機としては初期スペックで、改修更新することにより
それなりの能力になります。この任務では2機もらえますが、防空用の装備を選ぶ場合
雷電が能力値の高い上位装備のため、1機にであってもそちらを選びましょう。

参考:
運用装備の統合整備 一式戦 隼II型か紫電一一型か

基本は「試製東海」と「雷電」の2択ですが、
現時点では対潜戦闘に直接影響する「試製東海」をおすすめしておきます。

今までのイベントをクリアしている提督なら
哨戒カテゴリの試製東海・東海(九〇一空)が4つ目となり、
潜水新棲姫等の潜水艦マスに無駄なく安定した効果を与えられるようになるはず。
※1機でもあるのとないのとでは全く違うし、2機目以降も同様。
代替の効かない装備なため、将来的には4機入手を目指したい所。

雷電はあくまで防空に欲しい装備で、戦闘には直接影響しません。
一方過去イベントでは防空関連のギミックがあり、雷電を持っていないと
ギミッククリアに苦戦することが出てくるかも。それでも他の装備が整えば、
対応できる状況が作れると思います。

冬イベで試製東海が配られて余った…なんて状況もありえなくはないです。
どうしても迷う場合、冬イベの状況を見て必要な方を選択してもいいともいます。

まとめ

試製東海本実装まで、1年かかりましたねー。
潜水新棲姫が分裂しないことを祈ります。