常時実装されている中では最難関海域である5-5ですが、艦載機熟練度の実装もあり幾分攻略しやすくなりました。が、普通の海域と難易度が段違いなので初出撃の際は勲章ゲットから撤退する勇気も大事。

スポンサードリンク

マップ情報

5-5 ルート例

作戦名第二次サーモン海戦
作戦内容南方海域に敵の有力な機動部隊の接近が確認された。空母機動部隊を以て、これを迎撃せよ!
海域経験値450
ゲージ破壊ボス旗艦撃破×5
ゲージ破壊ボーナス勲章+1・戦果+200
提督経験値(道中S/ボスS/一周)200/3100/3700

左ルートは強い上にドラム缶所持で進むため、
攻略に採用されることはほぼありません。
右上ルートは潜水艦のいる夜戦経由なので無視。(固定外編成でのルート)

実質下記2ルートとなります。

中央経由(高速統一or正規空母2軽空母1)(黄)

ルート条件は下記どちらかの条件を満たす必要あり。
・高速艦で速度統一されている
・正規空母2隻、軽空母1隻(過不足不可)

となります。具体的に採用される例として
・低速戦艦3正規空母2軽空母1
・高速戦艦1低速戦艦2正規空母2軽空母1
・高速戦艦2正規空母4
・高速戦艦4正規空母2

などがあります。

下ルート経由(潜水艦3)(赤)

潜水艦3隻でルート固定してしまうというもの。
潜水艦4隻にすると、気のせいマスにそれます。

例:
戦艦3潜水艦3
空母2戦艦1潜水艦3

このルートの強みは完全にルート固定できること。
中央ルートは羅針盤も敵ですが、このルートでは羅針盤は味方になります。

編成例1(正規空母2軽空母1/中央固定)

5-5 戦3空母2軽空母1

制空力を道中1戦航空優勢の可能性がある420以上に。
530あればすべて確保できますが火力が低下するので一長一短。
※ボス最終編成に関しては道中の状況次第で航空優勢が
取れないので制空430程度ほしい/確保の700代は却下

・軽空母の攻撃は、ボスで潜水艦に吸われるため
軽空母は烈風キャリアーとして旗艦配置。これにより、正規空母の火力底上げと、
軽空母の被弾リスク軽減、更に2周目は戦艦の弾着狙いが可能に。

・戦艦の装備は基本的な「主砲主砲偵察機徹甲弾」が安牌。
一隻は夜偵にすること。照明弾と探照灯は不採用でよいでしょう。

この編成のメリットは一発で大破し難い+夜戦火力の出せる大和型を採用できること
長門型や金剛型でも代用できますが、そうするなら
編成例2の高速統一のほうが突破しやすくなってくる可能性が高そう。

戦艦の優先順位に関しては夜戦火力のある
大和型>Bismarck_drei>長門型・リットリオ級>他
という感じになります。

編成例2もそうですが、このルートはE風といって、
体感2-3割程度気のせいマスにそれてしまいます。

ゲージ破壊するまでに大抵1~2回程度、ひどい時は一回ゲージ破壊するまでに
5回とか平気でそれるため、そういうルートだと諦めるのが大事。

※管理人8回逸れた経験あり

改装案

・戦艦1→潜水艦1
管理人試したことないですがレ級elite砲撃をはじめとする攻撃の多くを
潜水艦が吸収するため選択肢に入る模様。
補強増設のダメコンが使えるのと、夜戦まで生きていればカットイン火力も期待できる。

編成例2(高速統一/中央固定/空母機動部隊)

5-5 戦2空母4

機動部隊での編成は要超高練度+要レア装備。
レベルが低い場合は編成例1or改装案のが安定するかと思います。

戦艦1空母5だと夜戦にもつれ込んだ時に随伴艦レ級eliteの影響で安定しません
なので機動部隊として編成を組む場合は戦艦2空母4を推奨。

 

制空420。例によって艦載機は各自調整になりますが、
友永隊/村田隊/江草隊/流星601空/等で揃えないと難易度が跳ね上がる印象。
同じ編成で制空が微妙に足らない場合は二式を外すのが候補。

・艦載機熟練度の効果を活かしつつ対空+1の付く友永隊/村田隊ガン積み。
制空は編成1同様420程度でよいでしょう。

・戦艦配置は【旗艦/2番目】か、【2番目/3番目】がよさ気。
2番め戦艦配置だと夜戦時空母ヲ級改の攻撃が来ますが
問題になることはめったにないかと。
今回は装甲空母でない飛龍を旗艦にして保護しています。

・ボスでT不利を引いて空母中破2とかだとかなり火力がきついので
今回は彩雲を採用。どうするか微妙なライン。

今回装甲空母3採用でない理由は、レ級elite相手に攻撃機3スロの
空母のほうが打撃力が安定するため。
翔鶴改二甲・瑞鶴改二甲は強いですが、3スロ攻撃機は乗せにくいです。

ツ級eliteの影響がないため、5-5では装甲空母3スロ目(艦載機12)
の攻撃機は撃墜覚悟であればある程度有効。

また、攻撃機2つか3つかで、
ヲ級改flagshipへのワンキル率に影響してきますが、
そこまで大きい差はありません。

装甲空母3隻使える方はそのほうが良いでしょう。

改装案

・高速戦艦4空母2
夜戦に偏重気味の編成。空母2で制空権420の航空優勢がとれるようになったため、
十分安定する選択肢。大和型がいない/機動部隊でやりたいけど
艦載機や練度に不安がある方が対象。

戦艦の装備はほぼ同じになりますが、空母は片方キャリアーにして
もう片方に攻撃機を2スロ積むのが個人的におすすめ。
烈風系6で制空力420は取れると思います。
支援、キラ付こそいりますが金剛型+加賀赤城のような編成で十分攻略可能。

多分この編成か編成例1が初出撃にはよいでしょう。

編成例3(潜水艦3/戦艦3/下ルート)

この編成は、他と違い羅針盤に左右されないのが最大の特徴。
但し全員キラキラ+キラキラ支援艦隊が前提じゃないと厳しいです。

5-5 戦3潜3

※バルジや機銃を載せる補強増設アップデート等によって大幅に難易度が変わります。
以下の編成も合わせて確認すると吉。
5-5 潜3戦1空2 噴式航空機採用編成例

また、補強増設のアップデートについても大事なので今一度確認。
補強増設を活かそう-機銃・バルジ・タービン編

・運高めの潜水艦優先。呂500も回避が高いので有効。
個人的な優先度は伊58>呂500>伊8伊401伊19>伊168>

・ガチの支援艦隊で2戦目強行突破、
補強増設で3戦目強行すればボスにはかなり安定して到達可能。
補強増設はなくてももちろんOKですがあくまでも楽になるということで。

・大型バルジでレ級eliteの爆撃・雷撃共に堪える方向で。
クリティカルが出なければ大和型ならなんとかなります。

大和型・Bismarck_dreiの3隻のうち2隻はほしい
夜戦火力が足りなくなります。

バルジを持ってない場合は徹甲弾と電探で良いかなと。
缶とか対空カットインとかも一応ですが選択肢。

配置順は戦潜潜潜戦戦か戦戦潜潜潜戦かどちらかがよさ気。
最終的に旗艦を撃破できればいいので、潜水艦より安定した火力の出しやすい
戦艦(大和型)を後尾に持って行きます。
手前に戦を置くのは2戦目等攻撃順番の兼ね合い。

潜水艦の回避にかかってるのはもちろん、レ級eliteの雷撃も怖いお祈りゲー。
支援艦隊にかかっていると言っていいので、支援艦隊の全艦キラ付を忘れずに。
回避率にかかってると言っていいので、本艦隊のキラ付けを忘れずに。

もちろん全力で単縦陣。
なお、潜水艦の補強増設ダメコンは有効ですが、戦艦大破は撤退した方がいいでしょう。

改装案

戦艦1空母2潜水艦3
弾着観測射撃が1隻しか出来ないので航空優勢を諦め烈風3程度で妥協も選択肢。
メリットは対潜攻撃系を潰しやすくなるため、ボス率向上。
難点としてはただでさえ火力が足りないのに
夜戦に使える戦艦が1しかいないため他編成よりランダムになりがち。
(制空権均衡状態だと夜戦で夜偵が発動しないため、わざと航空劣勢にする例もあり)

大和型と装甲空母がないと厳しいか。

こちらの編成は以下にまとめています。
5-5 潜3戦1空2 噴式航空機採用編成例

他、戦2空1潜3みたいなのもあり

細々とした確認事項

最低ラインとして準備しておきたいもの

徹甲弾・偵察機・強力な主砲(orフィット主砲)

できれば零式水上観測機系と・改修した徹甲弾、
改修した主砲(or試製砲系統等)のセット。

夜戦参加出来ない空母にはムラがある以上戦艦が決め手になることが多いです。

流星改以上の艦攻or江草隊/紫電改二以上の艦戦

艦載機熟練度の影響で制空を取りやすく火力も出せるようになりましたが
それでも開発で揃えれるラインは揃えないと辛いです。

一方彩雲は道中T字不利で助かることもあるため
提督によってはない方がいいでしょう。

夜偵

空母ヲ級改は装甲がかなり高いため、夜戦連撃を出しても
一隻で撃沈させれないことがあります。

その確率を少しでもあげるためには必須級。

他の夜戦装備に関しては潜水艦ルートで探照灯は使えますが、
正直乗せる枠がないため、夜偵だけ使えばよさ気。

参考
夜戦装備(探照灯・照明弾・夜偵・熟練見張員)の使い方

支援艦隊に関して

以下画像では35.6砲を使用していますが、フィット砲の影響・改修共に
支援艦隊では効果がない説が有力です。

5-5道中では、敵を一隻でも減らしたいので試製35.6砲や試製41砲などを、
決戦支援艦隊は有効打を与えたいので46cm砲×3などを乗せると良いでしょう。

全力支援

練度次第といってしまえばそれまでですが、
・機動部隊/高速統一での支援艦隊は練度に応じて
・潜水艦ルートでの支援艦隊はほぼ必須

と言った感じになります。

レ級eliteの爆撃・雷撃・砲撃により全ての艦が一発大破する可能性があるため、
中央ルートでは道中支援が無意味と思う方もいるかもしれません。
ですが、レ級elite以外にも多く大破要因があることと、
レ級eliteの2回めの砲撃までに中破以上に持ち込みやすくなることを考えると
道中も支援艦隊があったほうが良いパターンが多いでしょう。

管理人はケッコン艦隊で突入するためあくまでも周りの提督に聞いたり調べたりの体感値ですが
平均レベル75~80あたりを切るならキラ付・支援艦隊は両方前提と思ったほうがよさそう。

参考
支援艦隊に関してまとめとおすすめ編成例
初心者向け支援艦隊編成例

両方見るか、2記事目だけどうぞ。

キラ付けに関して

戦意高揚(いわゆるキラキラ)は何度も周回している提督なら
目に見えて効果があるのを理解できるはず。

ですが、たかが確率なので運が悪いと
5連続、10連続の大破撤退があり得ると思っておくべき。

・機動部隊(中央)編成でのキラ付けはあったほうが良い
・潜水艦をくんだ編成でのキラ付けはほぼ必須

となります。

キラキラ状態で回避率が15%程度上がるという話があったはず。

参考
1-1を上手に使ってキラキラ-疲労度の説明
給糧艦の間宮・伊良湖のキラキラ効果

イベント中じゃないんで流石に間宮伊良湖はもったいないと思いますが、
月末ギリギリで挑戦するときとかは重宝します。

補強増設に関して

昔は補強増設がなかったため当然大破撤退でしたが、
現在では補強増設での強行軍も選択肢に入ります。

かなり多めに見積もって5-5クリアまでに5-10個程度ダメコンを使うと考え、
2000円+クリアの労力で勲章1買えるなら安いと思えるかどうか、
とか考えて見るといいかも。

補強増設なし/キラ付・支援艦隊なしだとかなりの時間が取られるため
支援めんどくさい!とかいう人は検討の価値あり。

※管理人は補強増設あり/キラ付・支援なしで強行してますが、
画像編成2の亜種で毎月0-3程度の消費です。
ケッコン艦隊のため参考程度にどうぞ。

参考
補強増設とダメコンを活かそう

どのルートが良いか

今回3編成おいてますが各編成に特徴があり、
・とりあえずやってみたい・初挑戦→低速艦入編成or戦艦4空母2編成
・超高練度で殴れる→機動部隊編成
・キラ付や支援艦隊の準備が手間じゃない→潜水艦編成

かなという印象。

最初に挑戦する際は支援とキラ付は推奨ですが、
ジュウコン艦隊になってくると、支援もキラ付けもなく試行回数でゴリ押ししたほうが
感覚的には楽になってきます。

この辺りの判断基準は提督によって変わってくるので、自分で確認してみてください。

また、毎月クリアするつもりがあるなら一度すべての編成を試しておくと
次からどうすればいいかと悩まずにすむでしょう。

まとめ

5-5はあくまでエンドコンテンツの位置づけなので、「5-5クリアしてたら他のEOがクリアできなかった!」「イベントの資源浪費してしまった!」といった事にならないように注意。

安定してきたらキラ付や支援艦隊等も込で
毎月10出撃前後でクリアできるようになってきますが、
初出撃の際には30回近くは覚悟しておきましょう。

管理人は熟練度が実装されて以降ほぼ機動部隊(編成例2)で攻略していますが、それは練度と装備で無理やり安定させれてるからであり、他海域以上に提督によって安定する編成というのは変わってきそうです。

安定して5-5がクリアできるようになればイベント攻略も安定してくるでしょう。

 

関連記事

記事内のものを再掲。
夜戦装備(探照灯・照明弾・夜偵・熟練見張員)の使い方
支援艦隊に関してまとめとおすすめ編成例
初心者向け支援艦隊編成例1-1を上手に使ってキラキラ-疲労度の説明
給糧艦の間宮・伊良湖のキラキラ効果
補強増設とダメコンを活かそう

機動部隊編成に関して公開時に提案した例(コメント見ると参考になるかも)
5-5高速機動部隊編成 

【各EO海域】
1-5 / 2-5 / 3-5 / 4-5 / 5-5 / 1-6