この海域はボスに最短1戦で到達できる唯一の海域。敵の強さもほどほどで、更にボスにつかなかった場合でも補給艦を倒せるマップとなっています。次の2-3と一緒にお世話になることのある海域なので覚えておきましょう。

スポンサードリンク

マップ情報

%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%92-%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88

既に書いてるようにボスまで1-2戦が特徴。
羅針盤は若干操作することが出来、

海域経験値も150と2-1よりあり、序盤のレベリングにも使えます。

ルート固定

ボスの手前地点ですが
軽空母・空母・水母の何れかが一隻以上含まれている場合に
70%の確率でボスに。

同地点で上記の何れかが含まれていない場合は、
70%の確率で補給艦マスに。

基本的に空母系を1隻混ぜておけばボスにつきやすいと覚えておけばOK

※但し、翔鶴型改二や大鳳といった「装甲空母」は羅針盤の条件に当てはまらない模様。

提督経験値

1-2のときに若干書きましたが、この2-2も提督経験値が稼ぎやすいマップ。
※道中よりも、ボスでの提督経験値の比重がとても大きい

後述するドロップと合わせ、色々美味しい海域なので周回しましょう。

ボーキサイトマス

ボス手前のマスで15-35,上の外れマスで5-15のボーキサイトを入手可能。
量は少ないですが周回の手間や、ついででもらえることを考えたら美味しいです。

編成例

%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%92%e3%80%80%e9%9b%b7%e5%b7%a1%e5%85%a5%e3%82%8a

想定レベル:1~15

2-1とほぼ同様の編成ですが、画像例では
重雷装巡洋艦である「北上」を採用しています。

「北上」と姉妹艦の「大井」は最初は軽巡ですがレベル10で重雷装巡洋艦に、
「甲標的」を装備できるようになります。

甲標的を手に入れ雷巡を使おう

まず甲標的ですが、「千代田」「千歳」が12レベルの改装で二つ持ってきます。
装備の特徴として、航空戦の後に一度雷撃を行うことが出来、
雷装値の高い北上、大井等に装備させると練度が上がれば戦う前に戦艦を撃沈してしまうことも。

今後の攻略でも優秀な艦ですし、50レベルで改二になり、3スロ装備できることによって
甲標的を載せつつ夜戦の連撃やカットインが行えるように。

イベント時にいないと困る艦種の一つなので、入手したら優先して育てておきましょう。

なお北上は、このマップまでのボスマスならどの海域でもでる可能性がある他、
デイリー任務で行う建造最小値(ALL30)でも出て来る事があります。


スポンサードリンク

初心者のうちに覚えておきたい事柄6

補給艦・輸送艦任務をこなそう

この海域から敵に「輸送ワ級」がでてきますが、こちらが任務でいう「補給艦」「輸送艦」となります。
※呼び方が違うだけで対象は同じ。

これまではデイリー任務では、「敵艦隊を10回邀撃せよ!」
までしかクリアできなかったと思いますが、今後は
「敵補給艦を3隻撃沈せよ!」をクリアできるように。

この補給艦クエストでも、バケツが一個入手できるため、できるときは
このクエストまでクリアするのを目標にすればよいでしょう。

なお、「敵補給艦を3隻撃沈せよ!」をクリアした後にも
「南西諸島海域の制海権を握れ!」
「敵潜水艦を制圧せよ!」

と続いていて、それなりの資源と1個ずつのバケツが入手できます。

「南西諸島海域の制海権を握れ!」がやや難しい任務であり、
2-◯海域を5回ボス撃破しないといけません。

やっているとわかりますがボスにつかないことも多く、それなりに時間がかかってしまいます。
ですが、ボスマスでは新しいドロップも狙えますし、
時間に余裕があるのであれば頑張ってみるのも良いでしょう。

ドロップ

ボスマスで高速戦艦の
「金剛」「比叡」「榛名」「霧島」
航空戦艦に改装できる
「伊勢」「日向」
正規空母は
「赤城」「加賀」「蒼龍」
がドロップ。
※赤城・榛名・日向に関しては昔はドロップしていましたが現在は出ないようです

また、どこのマスでも戦艦「扶桑」「山城」との邂逅可能性があるのが特徴。

2-2じは「ボスにつきやすい」ため、
2-1や2-3等と比べた際に、欲しいドロップを狙いやすいです。
※基本的に道中よりボスのほうがレアドロップが多い。

S勝利でないと美味しいドロップはでてこないことが多いので、積極的に夜戦をしていきましょう。

まとめ

このあたりから初心者の壁と言われがちな2-4,
そしてEO海域の2-5の攻略に向けて色々準備をできるようになります。

ドロップも幅広く狙えるようになりますし、
もしダブったとしても改修素材になり無駄がありません。

2-4等、今後の海域は進むにしても練度(レベル)が必要になってくるので
焦らず育成していきましょう。