このマップから南西諸島海域となり、敵の空母や戦艦が本格的に出現するようになります。と言っても、2-1に関しては特に敵が強いということもなく、敵艦隊自体は簡単に倒せるでしょう。

マップ情報

2-1 マップ

羅針盤に関しては基本的にランダム。
50%×50%ということで、4回に一回ボスに到達できる計算です。

2-1では、海域経験値が120あり、最初のマスで今までより
若干効率のいいレベリングが可能となります。

但し基本的には1-5の最初のマスでの育成のほうが効率が良い(海域経験値150)ため
ドロップを狙う以外は1-5での育成を優先すると良いでしょう。

編成例

1例として
1-4でクエストをこなしたら入手できる赤城を使用してみようと思います

%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%91%e7%b7%a8%e6%88%90%e4%be%8b

想定レベル:1~15程度

まずは空母の装備。後述しますが、「航空優勢」を取れるように装備を載せていきたいです。赤城が初期に持っている「零式艦戦21型」一つのみだと、熟練度(後述)が上がるまでは航空優勢を取ることが出来ません。

可能ならでいいので、零式艦戦21型をもう一個持ってきて、装備させましょう。
※難易度的にはなくても十分攻略可能ですが弾着観測射撃(後述)ができるように。

重巡には主砲を二つ+水偵で、弾着観測射撃の連撃を。
戦艦も所持しているのであれば同じように装備を載せていきます。
※高速戦艦は20.3cmや14cmの主砲を積むことが出来ないので、初期装備の副砲で流用。
低速戦艦は軽巡や重巡の主砲を剥ぎ取り、昼連撃を行うように。


初心者のうちに覚えておきたい事柄5

1-5でのレベリング

提督レベルが80になるまでは、1-5の最初のマスの敵潜水艦が弱く、
こちらの陣形を【単横陣】にすることにより簡単にレベルを上げることが出来ます。

特に駆逐艦や軽巡はあげる機会が多くないので、活用していきましょう。

参考
1-5を使ってキラキラ付けとレベリング(司令レベル80未満の場合のレベリングに関して)

艦載機運用の基本を覚えよう

艦戦

艦戦

艦戦は、制空権を取るために必要なもので、空母の装備の中で一番重要といって良いでしょう。

敵艦隊との交戦で「制空権確保」できれば、ボーキサイトの消費(後述)を
大きく抑えることが出来ますが、「制空権喪失」してしまうと艦載機を大きく損耗し、
ボーキサイトが大量に必要になります。

後半の海域になると制空権確保してても艦載機を全部撃墜されるという
例外がでてきますが、基本的には「制空権確保」または「航空優勢」
を意識していけばOKです。

制空権確保するための具体的な数字

古い記事ですが、なんとなくでも計算方法がつかめれたら。

艦攻・艦爆

%e8%89%a6%e6%94%bb %e8%89%a6%e7%88%86

艦攻、艦爆は両方共敵に攻撃するための装備。

艦攻は「開幕の航空戦時に有効打を与えやすい」
艦爆は「航空戦時に安定したダメージを与えやすい」

という感じ。砲撃戦時には若干艦爆のほうが火力が高いですが無視して良いレベル。

現状では、
「同じ雷装の艦攻と爆装の艦爆があった場合、艦攻の方が強い」
程度の認識でOKです。

艦載機熟練度

熟練度帯

こちらは後発的に追加された要素です。ざっくりいうと
「同じ艦載機を連続して使用すると訓練されて強くなる」という感じ。
この影響で、空母の最初のスロットに攻撃機を載せると、
大きなダメージボーナスが増えるのを覚えておくこと。

参考:
艦載機熟練度に関して 制空能力やクリティカル率等
※現時点では結構理解が厳しいかと思いますが要は育てたら強くなると
思っておけばOK。特に艦戦の熟練度は大事。

ボーキサイト

ボーキサイトは、艦載機や一部装備を開発・改修する際に必要なほか、
艦載機の補充に必要になります。

艦載機1機につき、自動で5が消費され、
ボーキサイトが0になると実質的に艦載機の運用が困難に。

艦載機の搭載数とスロット

艦載機の搭載数

空母系の艦娘や、軽巡洋艦以上の水上艦には、
各スロットに艦載機や偵察機を載せた場合、横に数字が出てくると思います。

この数字が【航空機を搭載できる(している)数】となります。

基本的には横の数字が大きければ大きいほど、
艦戦では制空能力が、艦攻艦爆では開幕のダメージが大きくなると思えばOK

但し数字が大きいということは、撃墜されやすいということで、
ボーキサイトの消費量が増えることに。

今の段階で気にすることはほぼないですが、
「雲龍」などの空母は「3」しかないスロットを持っていることも。

結局どうしたら良いの?

艦載機の運用は、説明する範囲が非常に広いため、
ここでは非常にざっくりですが、基本的には

「艦攻を1スロ目に」おき
「艦戦で航空優勢以上を確保」すればOKとなります。

艦載機の開発

空母系(わからなかったら赤城)を旗艦にすることで効率よく
艦載機の開発をすることが出来ます。

艦載機には色々なレシピがありますが、彩雲を一個手に入れるまでは
20/60/10/110

206010110

彩雲を1~2個手に入れてからは
20/60/10/100

206010100

上記のレシピを回しましょう。

対空+10の「烈風」や、雷装+13の「流星改」を始めとした強力な艦載機が手に入ります。

彩雲って?

彩雲は偵察機に分類されていて、この彩雲のみがもつ効果として
「T字不利を避ける」という効果があります。

索敵の必要な2-5の攻略でも欲しい装備になるし、
索敵関係なく使い所の多い装備なのでとりあえず一個手に入れましょう。

参考:
彩雲とT字有利・同航戦・反航戦・T字不利の仕様

航空優勢を取ったら弾着観測射撃ができる

弾着観測射撃は昼の戦闘時に一定条件を満たすとランダムで発動する、
要するに強い攻撃のことです。

基本的には、【主砲二つと水上偵察機】を付けていたら条件を満たすので、
今回の記事でもその装備編成を取り入れています。

弾着観測射撃の仕様-基本のおさらいから装備編成例まで

ドロップ

ボスマスで正規空母の「加賀」や、
高速戦艦4姉妹のうちの「榛名」「霧島」、
改装すると航空戦艦になる「扶桑」「山城」

等を入手できます。

1-4までと比べると一気に軽空母や戦艦がドロップするようになりますが、
次の2-2のほうが難易度の割に美味しいので、ここではあくまでも攻略中にでたらラッキー
と思いましょう。

まとめ

1-4まででもそうですが、わからないことがいくつかでてきたのではないでしょうか。
全てを理解するのはすぐできることではないので、
現状では試してみて上手く行ったらそれでOKです。
全部理解しようとすると、ゲームするのが疲れるので気楽に行きましょう。

次の2-2ではボーキサイトが、
2-3では燃料や弾薬が少量ながら入手できる海域となっています。

また、次の海域から本格的に戦艦のドロップが狙えるように。

2-4が難関海域の一つなため、それまでに戦力を増強していきましょう。