最初のマップをクリアしたら開放される海域1-2ですが、難易度は大して上がらず、簡単にクリアできると思います。この海域はあまり戻ってきたりしないため、適当に流していきましょう。

スポンサードリンク

マップ情報

%ef%bc%91%ef%bc%8d%ef%bc%92%e3%80%80%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88

この海域のボスは、5隻の編成を組んできます。
1-1と同様、数の暴力で挑めば難しくはありません。

編成例

%ef%bc%91%ef%bc%8d%ef%bc%92%e3%80%80%e7%b7%a8%e6%88%90%e4%be%8b

こんな感じで6隻の編成が組めればなんとかなります。

ボスについた際に「敵が3隻以上落とせていれば」勝利確定なので、
その場合は夜戦をしてもしなくてもOK。

もし、2隻までしか落とせてない場合はこちらの被弾状況に応じて敗北するため、
夜戦をしたほうが良い事が多いです。

初心者のうちに覚えておきたい事柄2

緑のマスは?

燃料等の資源や、一部開発資材等がもらえるマスです。
このマスを使って稼ぐ方法もありますが、現時点では気にしなくて良いですね。

夜戦のための装備の準備

艦これの夜戦は昼戦と違い、命中率や威力が大きく上がっています。
それをさらに大きく上げる方法に、装備の付け方があり、初期の段階では、
「主砲を2つつけている状態で夜戦に挑むと連撃ができる」

と覚えておくといいでしょう。
通常より火力が1.2倍の攻撃が2回でき、この装備にしておくかどうかで
難易度が大きく変わることもあります。

参考
夜戦の基本を確認しよう-カットインや連撃の仕組み他

1-2に挑戦する現時点では主砲を二つ揃えるのも難しいですが、
ゲームが進むに連れて勝手に集まるようになってきます。

疲労回復

艦娘にオレンジや赤のマークが付くことがありますが、
1-1で解説した「戦意高揚(キラキラ)」の逆で、疲労状態となります。

この状態のマークが付いているときは命中率、回避率共に落ちているため、
基本的には攻略を控え時間待機でマークが外れるのをまちましょう。

また、小技として小さなダメージをもらっている場合に
入渠ドックで回復させると、ドックから出てきた時に
疲労が回復して無印状態になって出てきます。

【隠れ疲労】海域攻略に当たって注意すること。

現時点で意識する必要はないですが、システム的には上記のようになっています。

提督経験値

1-2から、ボス戦に勝利すると提督経験値が大きく上昇します。
提督経験値とは、「戦績表示」に出てくる経験値のことで、
増えることにより司令部レベルが上昇します。司令部レベルが上がると
資源が回復する上限(自然回復上限値)が増えるため、
ゲームを効率的にプレイできるように。

%e6%8f%90%e7%9d%a3%e7%b5%8c%e9%a8%93%e5%80%a4%e3%81%a8%e5%8f%b8%e4%bb%a4%e9%83%a8%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab

自然回復って?

艦これでは
「燃料」「弾薬」「鋼材」「ボーキサイト」の4資源がありますが、
燃料・弾薬・鋼材に関しては3分間で3(1日で1440)
ボーキサイトに関しては3分間で1(1日で480)

回復していきます。

提督レベルが低いうちは、その自然回復上限が厳しく、
提督レベルが1のうちは上限1000までしか回復しないですが、
提督レベルが1増える毎に250ずつ上昇し、
現在最高である提督レベル120になると、「30750」まで自然に回復するようになります。

%e8%87%aa%e7%84%b6%e5%9b%9e%e5%be%a9%e4%b8%8a%e9%99%90

なお、自然回復を超えても遠征や任務などで資源を増やすことが出来(主に遠征)
その最大は30万となります。

ドロップ

敵主力艦隊でS勝利をすると、低確率ではありますが
「鳥海」「摩耶」と遭うことがあります。

重巡洋艦であり、今後の主力艦にもなれるため、
1-3がきつい場合は1-2でいろんな艦を探すのも良いでしょう。

まとめ

この辺りまでは割と簡単。次の海域から羅針盤が本気を出し、
敵艦隊も少しずつ強くなってくる感じ。

この段階では1-1や、1-2に何度も出撃してレベリングをすることになると思います。

初期の段階では短期間の育成は難しいので、焦らずこなしましょう。