既に支援艦隊の記事は書いていますが、ごちゃごちゃしてるので新たに新設。基本的なことはもうひとつの記事で理解してもらうとして、レベルや装備が足りない場合はどうすればいいの?という話。初心者向けと書きましたが、右も左もわからないという方ではなく、とりあえず丙完遂に挑戦できるくらいの艦隊の方を想定しています。

(2016/05/23 航空支援の需要が上がったので一部修正)
(2016/12/04 画像拡大、一部修正、追加他)

基本確認

%e6%94%af%e6%8f%b4%e8%89%a6%e9%9a%8a

・基本的には「砲撃支援」で良い。支援に空母3以上は航空支援になりNG
状況に応じて採用することもありますが、基本は砲撃支援でOKです。

・砲撃支援のエコバージョンは「駆逐2軽空母2」。そこから効果を上げたい場合、
「駆逐2(軽)空母2戦艦2」や「駆逐2戦艦4」といった重量型の支援が選択肢に。

道中支援は「全艦キラ付で9割」、決戦支援は「旗艦キラ付で100%到達」

・決戦支援時も、随伴艦キラ付すれば命中率は大きく上がる(多重キラ効果は要検証)

・装備改修の☆効果は無効だと思われる。(火力は反映されず)。
艦載機の熟練度・徹甲弾補正等も同様

フィット砲に関しても、支援艦隊に限って言えば気にしなくていい説が濃厚

支援艦隊には、「随伴駆逐艦を潰して」もらうのか、
「敵主力艦に有効打を与えて欲しい」のか、そのあたりをしっかり考えておきたいです。

個人的には基本フィット砲というか命中率重視の主砲を推奨しますが、
必要におおじて(ネ級とか潰したいなら)大きな砲も選択肢に。

重巡以上や戦艦を落としたいなら46cm等の大口径砲、
駆逐を減らしたいなら試製35.6cmや38cm等の命中率が上がる砲を
つけていきます。もちろん序盤の提督は持ってないことが多いので、
41cm連装砲など使えるものを。

以上、以下の記事のまとめなので合わせて確認。
支援艦隊に関してまとめとおすすめ編成例

支援艦隊参考例

というわけで、テンプレとなる編成例を。
今回の支援艦隊の想定は、レベル60前後、
キラキラは多重付をしているというのを想定しています。

一応理想に近い艦種として改二使用してますが、
そうでないとダメなんてことはないため調整すること。

エコ支援-1

軽空2駆逐2で、実質的に軽空母の攻撃に期待する感じ。

%e3%82%a8%e3%82%b3%e6%94%af%e6%8f%b4%ef%bc%8d%ef%bc%91

夕立改二綾波改二隼鷹改二龍驤改二で
燃料59/弾薬108

※ケッコンなし換算/端数切り上げで少しずれてるかも
計算違い有りましたらごめんなさい。

よく「32号電探じゃないとダメ?」とか質問がありますので今回の例では
この画像含め、以下最新の電探・装備が潤沢に揃っていないのを想定した画像になります。
できるなら強力なものに置き換えてください。

エコ支援-2

駆逐2軽空2重巡2

%e3%82%a8%e3%82%b3%e6%94%af%e6%8f%b4%ef%bc%8d%ef%bc%92

夕立改二綾波改二隼鷹改二龍驤改二古鷹改二加古改二で
燃料95/弾薬220

基本的に後期型の駆逐邪魔!!とかいう時の選択肢。

エコと言いつつ、重巡が結構弾薬を
持っていくので個人的にはめったに使わない。

“随伴艦の駆逐を落としたい”けど
制空が厳しく航空支援を使う場面じゃない時とかでしょうか。

全力支援

駆逐2戦艦2空母2

%e5%85%a8%e5%8a%9b%e6%94%af%e6%8f%b4

夕立改二綾波改二金剛改二比叡改二雲龍改天城改で
燃料166/弾薬320

※画像例では金剛型に35,6砲を使ってますが、もっていれば
41cm砲、46cm砲等を使ったほうが火力が期待できる模様です。

軽空母を空母にする理由は、火力アップのため。具体的には、
瑞鳳(29)より雲龍(48)のほうが火力が高いよねということ。
ただし、瑞鶴改(39)より龍驤改二(40)のほうが高いといった例外はあるので、
火力の高い艦を使用しましょうといったほうが適切。

一応空母の火力はみんな高いのでそこまで気にする必要はありません(後述)。

ここまでくると駆逐2戦艦4にするのも選択肢にはいりますが、
やはり戦艦のほうが燃費が悪いので、基本は空母のほうが使いやすいはず。

※戦艦や空母に命中率の低い電探を載せるなら、主砲を積んだほうが良いのではという指摘もあります。
13号対空電探や、22号対水上電探等しかない場合、命中率の加算が大したことないため、主砲ガン積みも考慮したほうが良いでしょう。(要は臨機応変に)

艦のレベルが上がってきたら・・?

今回は比較的命中重視、電探を二つ採用する編成を掲載していますが、
以下の要因で命中率は上がっていきます。
・電探の採用。命中率の付いている主砲の採用。
・艦のレベル。

そもそも当たらないと意味は無いですが、
有効打を与えるにはやはり火力が必要です。そのバランスが大事。

%e5%85%a8%e5%8a%9b%e5%bc%b7%e5%8c%96

レベル90を超えた艦を支援に使えるようになってきたら
主砲2電探2→主砲3電探1と置き換え。

また、労力がめちゃくちゃかかりますが、余裕があるなら画像のように
九九式艦爆(江草隊)を揃えていくのも命中率に大きく差が出てきます。

その他、
・同航戦では火力146,反航戦では火力184,この数字が攻撃力のキャップになるので、これを意識して編成する(画像の扶桑型ではまだ届いてないので長門型を採用する等)
・空母も火力キャップを意識して、雲龍型や蒼龍・飛龍を活用する。
その際に装備の質如何では電探2の運用も検討する。

と方針がやや変わってきます。
ここまで来ると効率よく甲をクリアするための考え方に変わってくるので
とりあえずは支援で命中をさせていくことを考えていけば良いかと。

編成例まとめ

見ての通り、軽空2駆逐2の燃費の良さが光ります。

実際にはここにキラ付けが必要になってくるため、
もう少し必要くらいには思っておいたほうがよいでしょう。


Q&A

Q.そんなたくさん電探ないんだけど?

A.今回はとりあえず空母か戦艦の、火力の高い艦に優先配備
例えば決戦支援に使える電探が4つしかないなら、空母に電探2つ×2を乗せ、
戦艦はフィットしている主砲を4積みするといった方法を取ります。

少しでも駆逐を落としてほしい部分と、敵に有効打を与える部分を住み分けたいため。
(もちろん当たらない時は当たらないし、電探持ちが戦艦攻撃して
カスダメ・・・みたいなこともありえますが。)

できれば13号電探、21号電探は命中補正があまりないので、
命中+3の22号対水上電探くらいは準備したいところ。
もし飛龍蒼龍改二がもってくる(熟練)のついた艦載機をもっていれば、
火力と命中補正を兼ねた良装備なんで積極採用しましょう。

なお、これはレベル60程度を想定してはなしています。
レベルが80,90になってきて、命中率の付く装備が手に入ってくれば、
電探を一つにしたり、どういう支援が効率いいかを実際に試してみてください。

イベントが終われば今後のために、10/10/250/250で電探開発も視野にどうぞ。

Q.支援におすすめの艦娘は?

A.基本的に既にあるよう、駆逐2が必須で軽空母(正規空母)2と
戦艦2がテンプレ
がおすすめ。
その中で火力の高い艦娘である、
駆逐艦・・夕立改二・綾波改二・朝潮改二・大潮改二
軽空母・・隼鷹改二・龍驤改二
空母・・・・飛龍改二・雲龍型
戦艦(燃費重視)・・・・伊勢・扶桑型(改二ではない)・金剛型改二・WarSpite
戦艦(火力重視)・・・・長門型・扶桑型改二

あたりが燃費効率等色々勘案して使いやすいです。
ただ、実際に甲作戦等に本腰入れるようになってくれば、
このあたりの燃費を細かく気にしても正直しょうがない。。そのため、
駆逐艦で夕立改二と綾波改二だけ、他の駆逐よりかなり優位なのだけ覚えておきましょう。

※管理人氏支援用に夕立サブを育成してます。

Q.雷撃支援って使い道あるの?

A.現状ほぼありません

雷撃支援は命中率が悪く、使い道は発掘されていません。
航空支援は現仕様だと敵艦隊にカスダメを蓄積できるかも・・という感じで、
ボスが硬い時に上手くダメージが飛べば、総量はそれなりになったりします。

ただ、基本的には何も考えずに
今回の編成例のような砲撃支援だけ使っておけばよいでしょう。

Q.航空支援って使い道あるの?

A.一部イベントで特効があります。

基本的にはボスにカスダメでHPを削る程度であり、
あまり効果はありませんでしたが2016春イベで
開幕攻撃特攻と言って良い物が追加され
航空支援の需要が大幅に上がりました。

具体的なことを言えばHP900のボス旗艦を
支援艦隊のみで倒せるレベルになります。

参考
支援艦隊の航空支援を使おう-解説・装備編成例等

Q.なんで空母を入れるの?

空母(砲撃戦)は攻撃力の計算が特殊で、
攻撃力=55+[1.5×(火力+雷装+[1.3×爆装])であるため(wikiより)

仮に隼鷹改二に彗星一二型甲を4つ乗せると合計193であり、
非常に強力なのがわかるかと思います。

※実際には同航戦151.反航戦189以上の攻撃力はキャップにひっかかり、
数値上のダメージは出ません。この辺別項目になるので気が向いた時に解説。

Q.空母の装備は艦爆と艦攻、どっちがいいの?

A.同じランク(彗星一二型甲と流星等)であれば、艦爆のほうが火力が高いです。
これは、艦爆が「爆装値×(ほぼ)2」を火力としてみるのに対し、
艦攻が「雷装×1.5」を火力として見ているため。

 

まとめ

何度も書きますが、支援艦隊(砲撃支援)のキラ付は超大事。命中率が目に見えて変わってくるので、
特にレベルが低い場合は意識してキラ付をしておきたいところ。
キラキラの補正がどれくらい持つかですが、1-1を3周していれば
道中支援だと12回程度、決戦支援だと7回程度が続けて遠征を出せる期待値となります。
(あくまでも期待値、実際はランダムなので大きく差あり)

やはり準備が面倒で渋りがちの人が多いと思いますが、
是非上手く使って支援艦隊の威力を目の当たりにしてほしいと思います。

参考
支援艦隊の航空支援を使おう-解説・装備編成例等
支援艦隊での砲撃火力一覧 反航戦キャップ調整例