イベント海域周回していた提督はまるゆの育成に追われているかと思います。例によって古参の方には無用かと思いますが新規さんに向けて軽くまとめておく次第。

(2015/09/05 記事の修正・追記等)
(2016/12/24 記事の更新・修正等)
(2017/05/28 運キャップについての記述修正など)
(2018/03/18 更新)
(2018/04/17 記事内容修正)

まるゆを近代化改修に使うことにより運をあげる

まるゆは3-25-4を始めとした一部海域で囮として使うことが可能ですが、
今回の記事でメインに取り上げるテーマは「運上げ」となります。

まるゆによる近代化改修は「火力」「雷装」等とは違い、
基本的には1か2のランダム。

  • まるゆ×1.2
  • まるゆ改×1.6

この数値を基準として、小数点以下の数字が近い方にランダムに寄せられます。

無印まるゆ×5で運が6/まるゆ改×5で運が8、両方5隻であれば固定で上昇するため、
ランダムを嫌う方は基本的に5隻での運上げになるでしょう。

枠を取るため邪魔な場合、まるゆ改2隻での改装をしても3確定、
運がよければ4上昇となるため2隻でやれば安定しやすいです。

改装の必要性

上記説明を見ていただければわかると思いますが、
まるゆとまるゆ改では1隻あたりの運上昇値が0.4差があり、5隻だと2の差になってきます。

まるゆをレベル20まで上げることは非常にめんどくさいですが、
どう考えてもまるゆを入手する手間のほうがめんどくさいので、
基本は20までレベリング、その後改装するのが無難でしょう。

潜水艦のレベルあげはこのあたり参考にしてもらえたらそれなりに効率よいかと。

ちなみに管理人の場合、イベント中は鉄集めかねて3-2旗艦で、
イベント後は5-4旗艦で、後はイベント中のレベリングマスで20まで上げています。

その他、単艦での敗北を気にしない場合は5-3にいけば、初戦が対潜水艦率が高く
MVPをとりつつ2戦目迄回しながら育成できるので効率的です。

改修時の表示バグ

運改修時にまるゆ改を5隻セットした場合、
運の項目がセット前に比べ「+6」となりますが、こちらはバグです。

まるゆ改5隻で且つ運キャップに届いていない場合確定で運が8上がる仕様。
慣れてしまえば気にすることはありませんが、
改修時の運の欄は微妙にバグってるので注意。(改修前の扱い?)

運上げの目安とおすすめの艦娘候補は?

運改修をする理由(夜戦カットイン補正に関して)

運を上げることによる一番のメリットは、「夜戦でのカットイン」となります。

運をどこまで上げるかに関しては夜戦のカットイン率を考えてになりますが、
カットインキャップはレベルによって変わりますが51~53程度となります。
※51までは腐らない。52、53はレベル次第で切り捨てられることも
50以上はキャップがかかり、砲戦と同じようにルート計算となります。
効率を考えるのであれば51~59あたりで運改修はやめると良いでしょう。

参考
夜戦の基本を確認しよう-カットインや連撃の仕組み他
夜戦カットイン率-艦これ改のソフトって解析(翻訳)(外部サイト)

運10の艦と、運50の艦のカットイン発動率は、33%程度変わってきます。
ざっくりなら運10ごとに8%程カットイン率が上がると覚えておけばOK

運改修候補

どの艦の運をあげたら良いのかについては、実用的考えると以下のように。

  • 雷巡カットイン→北上・大井
  • 駆逐艦カットイン→綾波夕立・朝潮・島風・江風・
    大潮・荒潮・長波・タシュケント等
  • 重巡カットイン→プリンツオイゲン・鳥海・羽黒・妙高摩耶
  • 軽巡カットイン→阿武隈・鬼怒・神通(・酒匂)
  • 戦艦カットイン→Bismarck(魚雷カットインが出来る)
  • 5-4周回/5-5実用等→潜水艦勢各種
  • (夜襲CI候補→瑞鳳 Saratoga Mk.II)
  • 対空噴進弾幕艦→鈴谷改二・熊野改二・瑞鳳等
    (夜戦カットインと対空噴進弾幕の発動率を兼ねた場合)

※雪風は60超えてるので除外。
※空母のカットインはとりあえず保留で()書き

他にもいますが、主な候補としてはこのあたりでよいでしょう。

赤字は比較的準備が簡単で、安定しているためおすすめ。
青字は後述しますが、運改修しておけば戦術が根本的に変わる可能性があります。
但し大変。

 

阿武隈や北上の運改修

阿武隈は甲標的を装備することで開幕先制雷撃が可能になりますが、
雷撃火力自体は雷巡に大きく劣ります。甲標的を装備したのみでは
合計雷装106で、ツ級eliteやそれ以上を落とすにはかなり火力が足りていません。

※阿武隈はケッコン考慮せず、運51まで概算で20隻必要。
※北上はケッコン考慮せず、運51まで概算で13隻必要。

ですが、運改修をしていれば昼の開幕雷撃威力を底上げ・且つ
夜戦でのカットインという昼夜活躍できる艦として有用性が大きく増します。

元々阿武隈の夜戦火力は高くない(連撃への適正は低い)こともあり、
運改修をしているかどうかで攻略時の考え方、編成が大きく変わってくることがあります。

難易度の高いイベントに挑みたい場合、最優先の改修対象と言えるでしょう。

なお、雷巡である北上や大井に関しては開幕雷撃に関しては十分火力があります。
そのため連撃装備にすることも考慮してOKですね。。

将来的には夜戦カットインも出来るように運改修は考慮したいですが、
阿武隈程優先して準備する必要はありません。

摩耶や鬼怒の運改修

補強増設に機銃の装備が可能になる仕様変更で、
摩耶の運を上げる重要性が大きく増しました。

※ケッコン考慮せず、運51まで概算で23隻必要。

摩耶改二に関しては、(高角砲・電探・魚雷2・集中機銃)
で対空カットインと雷撃カットインを両立させることが可能。

要改修ですが装備次第では夜戦火力キャップにも到達します。
実用的になってくる運50のラインまではやや遠いですが
甲作戦を目指すのであれば運上げする優先度は他重巡より高いでしょう。

参考
対空カットインのまとめと装備例
補強増設を活かそう-機銃・バルジ編

鬼怒に関しても摩耶ほどではないですが魚雷カットインと対空カットインの両立が可能。
但し軽巡枠は争いが激しく、阿武隈ほど魚雷を装備させる理由がないため優先度は低いでしょう。

夕立の運改修

駆逐艦に関しては運改修をしていなくても魚雷カットインが出来る艦は
多くいます。それでも夕立の運を改修する理由は、
火力キャップに到達したまま1スロ開けることが出来るから。

※ケッコン考慮せず、運51まで概算で20隻必要。

例えば画像のような編成にすれば、九八式水上偵察機(夜偵)の効果が
前提となりますがギリギリ火力キャップに到達することが可能。

綾波でも装備次第で可能ですが、
他の艦は魚雷3スロットでの運用が前提となってきます。

高難易度海域の場合、装備枠1スロを作れるかどうかが攻略の鍵になることがあり、
夕立のような艦を改修しておくと便利ですね。

※但しまるゆの必要数を考えると、基本は別の艦を優先したほうが
全体的な幅が広がって攻略しやすいと思います。

運改修順番例(2018/03段階)

かなり個人的な思想が混じっていると思うんで、参考程度に。

パターン1

阿武隈>>北上>オイゲン(重巡枠)≧綾波(駆逐枠)>他

阿武隈を先に改修し、主力になる雷巡、重巡、駆逐艦と1隻ずつ準備していく感じ。
オイゲンの所を妙高と、綾波のところを夕立や霞・長波等と変更しても良いと思います。

以後は摩耶・夕立のようなオンリーワンを大きく伸ばすか、
霞や長波のような使い勝手の良い艦を複数増やしていくか、好みの範囲ですね。

パターン2

阿武隈>>妙高(重巡枠)≧綾波(駆逐枠)>北上>他

北上に関しては連撃で良いと割り切って、重巡や駆逐を先に整備しちゃうイメージで。

妙高とプリンツオイゲンはどっちを優先?

ケッコンを考慮しない場合

  • 妙高(夜戦168/運32)
  • オイゲン(夜戦159/運40)
  • 鳥海(夜戦171/運19)※参考用

となっていて、運8=まるゆ改5隻分の差が出てきます。

重巡の場合スロット数が4つありますが、基本的に3スロあれば殆の艦が火力キャップに到達できます。
1スロが開くのでそこに夜戦装備を一つ乗せることが可能ですね。

一方、妙高であれば魚雷2スロのみでの火力キャップが視野に入ってきます。
2スロ装備枠を開けた場合、例えば火力キャップでの魚雷カットインをしつつ、
九八式水上偵察機(夜偵)+照明弾と言った編成を考えることが可能になります。
※改修や夜偵をある程度前提とした場合

このスロットの差に対して、まるゆ5隻分の価値を考えるかどうかですね。
鳥海に関しても妙高と同様ですが、妙高以上に装備スロットを開けれるわけではないため
わざわざ運を上げるメリットは少ないと思います。

駆逐艦は誰を優先?

とりあえず1隻運キャップにと言うことであれば
夜戦火力に文句のない綾波が無難だと思います。

以後は運と夜戦火力のバランスが良い長波・霞であったり、装備枠の使い方次第で化ける
タシュケントであったりが検討に入ってくると思います。

備考

摩耶は出来る事が大きく増えますが、摩耶1隻に割り振るまるゆの数を考えると、
他の2,3隻を完成させたほうが戦力的には幅が広がると思います。
但し阿武隈は最優先と言った感じ。

潜水艦とかは一部のランカーさんでは優先順位が上がってくるかも。
5-5を快適にやりたい、位の需要なのであまり気にしなくていいと思います。

また最近のイベントでは対空が重視されることも増え、
陸戦もあり魚雷カットインばかりというわけではなくなってきています。

イベントで活かそうと考えるのであれば、まるゆを何隻か確保した状態でイベントに臨み、
イベント時の状況でカットインが必要な艦を強化するという流れになります。


運上げによる命中率、回避率の上昇

運をあげることによって、命中率、回避率に影響することは明らかになっています。
今のとこ

  • 命中率”(1.5*√運)/100″
  • 回避率”(2*√運)/100″

命中率に関しては運10で4.7% 運50で10.6%程度と推測されています。

※命中の計算式、回避の計算式から運の項目だけを
取り扱っています。艦これ改のデータになりますが、先のリンク先に
詳細な計算式は乗ってるのでそちらも参考に。

以下でも解説
昼砲撃戦の命中率と回避率に関して

但しこれらのために運上げするのはあまり現実的ではなく、
記事の本旨からそれてしまうので、ここで補足としておきます。

夜戦火力に関して

装備込みの(火力+雷装=201)を一つの基準として目指したいので、
その際に初霜のように、運があっても火力が足りない艦娘は、
運を上げた夕立等に比べると火力不足が否めません。

もしまるゆをたくさん準備するほどプレイできないのであれば、
元から運の高い艦娘を補強するのが有効な手ですし、逆にプレイ時間が多い方なら
夕立等大変でも強力な艦娘にまるゆをつぎ込むメリットが大きくなってくるでしょう。

夜戦参考
夜戦の基本を確認しよう-カットインや連撃の仕組み他

運はどこまで上げたらいい?

提督の感覚次第ですが、管理人の例として。
カットインを前提として準備している艦は【51-52】まで上げるようにしています。

基本的にカットインを発動させたいけど、運キャップ以後の運上げは
まるゆが追いつかないので諦めてるという感じですね。

一方イベント中に史実艦特効がある場合や、
運改修が間に合わなかった場合であれば、【30】以上を一つの目安としています。

但し上記の30は夜戦装備である探照灯・照明弾の発動を前提として考えてるため、
それがなければ【40】以上でしょうか。旗艦運用でもカットイン率は上がるし、
敵の装甲によってはちょっと無理にカットインさせることも。

条件次第で適切に切り替えていきたいですね。

まるゆを狙うには

イベント海域のドロップが美味しいことが多いですが、
通常海域や大型でも出現。

通常海域では3-54-56-16-2でのドロップ有り。
ただ、ドロップ率は芳しくないうえ、敵艦隊が普通に強いためドロップを狙うために
周回するのはかなり厳し目。

大型艦建造では通常の戦艦狙い等のハズレ枠として出る他、
1500/1500/2000/1000での最小レシピで出てきます。

だいたい15%近くで出るため、三隈(3号砲)・陸奥長門(41砲)等と一緒に
大型最小値で狙うのがベターな感じ。
※ここ1年ほどのデータでは新艦が混ざった影響か出現率が低下しています。
11%前後な模様。

上記最小レシピは一日の資源自然回復量に近いため、
管理人的には資源回復で一回毎日大型を回すという形をとることが多いです。

まとめ

運上げは1日2日でやるものでなく、意識してる提督でも半年とか一年とかかけて2,3隻が
完成するくらいのスローペースです。目移りさせずに1隻に絞って運改修するのが大事。

イベント中はまるゆドロップが狙えるときもあるので、
チャンスが有れば重点的に集めていきたいですね。

関連:
海防艦の改修に関してと耐久改修で優先したい艦の例