詳細については別の記事でまとめる予定ですが、この任務でもらえる新魚雷が可能性を秘めてるので任務情報のついでにメモ。

任務情報

  • 61cm三連装魚雷×4 これはクリア前に廃棄
  • 61cm四連装(酸素)魚雷×3(所持)
  • 九三式水中聴音機×3(所持)
  • 開発資材×120

以上を揃えればOK。

93ソナーは開発(10/30/10/31)、
61cm三連装魚雷開発(10/10/10/10や10/30/10/31や10/10/30/10あたりからご自由に)
と初期所持(暁、初春、吹雪、綾波)から。
他の装備狙いで開発してもいいですが建造のほうが早いと思います。

61cm四連装(酸素)魚雷は数が北上大井を10まで上げて改装するのが一番早いです。

開発資材の入手はこのあたりを参考にしてください。
開発資材の入手や活用方法に関して
開発資材を入手しよう 2-4-G,6-3ボス 出撃編成例

報酬の後期型艦首魚雷(6門)はどう?つよい?

後期型艦首魚雷(6門)の能力は
雷装15命中3ということでそれなりです。潜水艦用の魚雷としては

  • 試製FaT仕様九五式酸素魚雷改(雷装14命中7回避2)
  • 潜水艦53cm艦首魚雷(8門)(雷装16命中3)

あたりがライバル。

ただ、今回もらえる後期型艦首魚雷(6門)に関しては、条件付きで倍率の高いカットインが付与されていて、

  • 通常の魚雷カットインが1.5倍
  • 後期魚雷+潜水艦搭載電探で1.75倍
  • 後期魚雷2つ装備した場合1.6倍

上記倍率は暫定ですが、こんな感じで大きな可能性を秘めています。

用途とかは別で解説する機会を作りたいところ。

まとめ

上位装備に熟練聴音員+後期型艦首魚雷(6門)が実装されていて、
これは雷装15命中5回避4索敵1の素敵装備。

ただまあ改修行きは目に見えているのでかなりのネジを要求されることになりそうです。

見た目より強力な装備なので、急がなくても次イベくらいまでに作りたいですね。