マスクデータは艦これの魅力の一つでも有りますが、ある程度はしっておかないとやっぱり苦労します。今回は最近のイベントで重要になってきている対空カットイン射撃に関して。

スポンサードリンク

(05/30 修正/追加等)
(08/26 加筆)
(01/28 霞改二/五十鈴の分追加)
(11/18 鬼怒改二等の加筆・加重対空補正に関して軽く追加)
(12/29 大規模更新/おすすめ編成差し替え等)

概要

対空カットイン射撃って?

対空カットイン射撃エフェクト

特定装備の組み合わせにより確率で敵艦載機を迎撃するのが対空カットイン射撃

対空カットインが発動すると、上のようなエフェクトが発生し
敵艦載機が敵のスロット毎に一定数迎撃されます

所持装備や特定の艦娘によって対空カットインの種類が変わり迎撃する数に差は出ます。
敵艦載機の迎撃数は陣形や固定撃墜等成功の有無によって変わりますが、
対空カットイン自体は効果が変わるものではありません。

対空カットインが発動した際通常の対空迎撃に対しての
固定撃墜率の加算倍率が設定されていることが確認されています。
上手く活かせば空母棲姫棒立ちを狙う際等、大きく役立つことに。

制空権

対空カットイン装備を複数の艦が装備した場合でも
対空カットインを複数の艦娘が発動させることはできません。
また、制空権に関して影響するというのは誤解であり、制空値等には一切影響を与えません

※正確に言うと制空権の判定後に対空カットインの迎撃判定が有ります。更にその後、通常の敵艦載機迎撃(対空カットインが成功し、更にここで固定撃墜が成功した場合、倍率補正)のながれ。

対空カットイン発動装備例と撃墜数・変動ボーナス補正

wiki準拠のほうがわかりやすいかと思いましたが、
検証スレのapi-kindの値順を採用。※◯◯種と呼ばれることも。

1 秋月 高角砲 高角砲 電探 +7機(1.7倍)
2 秋月 高角砲 電探 +6機(1.7倍)
3 秋月 高角砲 高角砲 +4機(1.6倍)
4 戦艦 大主砲 三式弾 高射 対空電探 +6機(1.5倍)
5 全艦 高+高 高+高 対空電探 +4機(1.5倍)
6 戦艦 大主砲 三式弾 高射 +4機(1.45倍)
7 全艦 高角 高射 対空電探 +3 機(1.35倍)
8 全艦 高+高 対空電探 +4機(1.4倍)
9 全艦 高角 高射 +2機(1.3倍)
10 摩耶 高角砲 高性能機銃 対空電探 +8機(1.65倍)
11 摩耶 高角砲 高性能機銃 +6機(1.5倍)
12 全艦 集中機銃 機銃 対空電探 +3 機(1.25倍)

14 五十鈴 高角砲 機銃 対空電探 +4機(1.45倍)
15 五十鈴 高角砲 機銃 +3機(1.3倍)
16 霞改二乙 高角砲 機銃 対空電探 +4機(1.4倍)
17 霞改二乙 高角砲 機銃 +2機(1.25)
18 皐月 高性能機銃 +2機(1.2倍)
19 鬼怒 高性能機銃 高角砲(高+高不可) +5機(1.45倍)
20 鬼怒 高性能機銃 +3機(1.25倍)

+○機は、敵の艦載機スロット毎に撃墜している数。
この数値が大きいほうが効果が大きいと捉えてもらって構いません。

()内の◯倍は、対空カットインとは別でスロット毎に対して固定撃墜が
成功した際に、加重対空値、艦隊対空値に倍率補正。
これも高いほど有利くらいの認識でOK。

何れも解説記事作成中です。

※対空電探はFuMo25レーダーを含む対空値の付いている電探
秋月以外は対空の付いている電探が必要になります。

※全艦は、潜水艦除きます。改二艦は原則改二のみ。

参考元
航空戦-対空カットイン(wikiwiki)
艦これ検証wiki-対空カットイン

おすすめは?

後ほど幾つか編成例をあげますが、基本的には”秋月型”と”摩耶改二”
の対空カットインがおすすめ。番号で言うと1と10。

この二つは特出して固定撃墜、割合撃墜補正が高いですね。
他、赤字のものは比較的採用する価値があるものを上げています。

高角砲+高射装置系列の装備

※高+高と書かれているものは

・10cm高角砲+高射装置
・12.7cm高角砲+高射装置
・90mm単装高角砲
・5inch連装砲 Mk.28 mod.2

以上4つの装備。運営説明によると”高射装置が内蔵”されており、
対空電探と併用することにより対空カットインを発動できます。
※高射装置と高+高を同じように扱うことは出来ない

用途は一部除いて主に駆逐艦になりますが、対空電探と10cm高角砲+高射装置の
併用で対空カットインができるというのは覚えておいて損がないでしょう。

10cm高角砲+高射装置は改修による防空効果が大きく、
優先して改修するべき装備の一つとなります。

 

なお、駆逐艦には副砲/重巡以上には小型主砲は装備できないので注意。

改修値に関する参考: 防空の項参照
各装備の改修効果を知ろう 火力・対空・防空等

改修参考:
【改修工廠】必要ネジ数別 おすすめ改修装備まとめ

特殊カットイン条件になる機銃(高性能機銃)

以下の3装備は
摩耶・鬼怒・皐月等の特殊カットインの際に必要な機銃です。

25mm三連装機銃 集中配備
・QF 2ポンド8連装ポンポン砲
・Bofors 40mm四連装機関砲

この内25mm三連装機銃 集中配備は改修することが出来
改修を含めた場合この中では一番強力な機銃に。

なお、五十鈴の対空カットインは通常の機銃(25mm三連装機銃等)
で発動させることが可能です。

対空カットイン装備時の注意点・考察点

以下憶測混じってます。

秋月は他の対空カットイン艦に比べ発動の優先順位が低いため、
摩耶以外の艦と組むのは非推奨

対空カットインが発動すると艦載機迎撃率が大きく上がる。
見た目の固定撃墜のみでなく、対空の加算比重率も上がってるため
思った以上に効果は大きいです。
こちらは解説が長くなりすぎるので機会があれば別で

・一定レベルまでは対空数値によって、対空カットインの発動率に変化がある模様。

・それぞれの対空カットインによって発動率が違うため、
見た目効果が薄い専用カットイン(例:皐月)にも光が当たる可能性も。

実際に使うことがあるおすすめ装備・編成例

実際に対空カットインを使用する際に意識したいのは、
現時点ではあくまでも対空カットインはサポートであるということ

サポートであると言うこと自体は変わりませんが、
2015夏イベにより対空カットイン自体の優先度が大きく上がっています。
下手に艦に連撃させるくらいなら対空カットインをされたほうが良い場合もあり、
臨機応変に対応することが今後求められそう。

※2016秋イベでは、対空カットインの重要性が更に上がっています。
今までと違い甲作戦ではないと辛いものとなってきました。

秋月型

秋月は高射装置が発動の効果に影響しないため、発動させるだけなら普通の長10でもOK。
但し10cm高角砲+高射装置、特に改修済みのものと比べると効果が
大きく劣るので基本的には10cm高角砲+高射装置を準備したい。

改修値に関する参考: 防空の項参照
各装備の改修効果を知ろう 火力・対空・防空等

摩耶改二

補強増設に機銃を載せれるようになったメリットが最大限活かせるのが摩耶です。

摩耶に関しては夜戦火力は無視できないので、連撃兵装でいきたいところ。
夜戦の条件を満たしつつ最大8スロ迎撃の対空カットインが可能で
実際に6-5などの高難度海域で使われるように。

また、運改修をした場合魚雷カットインと対空カットインという、一人2役を兼ねることも可能。

秋月型と同等レベルのカットイン効果とキャップ付近の魚雷カットインを併用できるため、
積極的に補強増設/運改修を行いたいです。

鬼怒

鬼怒はこんな感じで昼夜連撃+固定5機、
補正1.45倍の対空カットインを発動可能。

器用貧乏ではありますが摩耶や秋月等を使えない場合や
火力がこれで十分足りるといった場合に採用できます。

他五十鈴も補強増設を載せることにより、
高角砲 高角砲 対空電探 機銃 等の装備にできますが、
現状では優先度は低そう。他の艦(霞改二乙)も同様

戦艦

現状で戦艦の対空カットインは、
・夜戦連撃をしつつ固定4機、補正1.45倍(主砲主砲三式弾高射装置)
・夜戦連撃を諦め固定6機、補正1.5倍(主砲三式弾高射装置電探)

のどちらか。但し固定撃墜4機のカットインであれば駆逐艦などで使う汎用カットインでよく、
わざわざ戦艦で対空カットインを使うのであれば
その戦艦の昼・夜戦火力は捨てるくらいの覚悟が必要です。

※もちろん駆逐艦を採用する枠がない場合等選択肢に。

図鑑に46cm三連装砲は三式弾の効果があると書かれているため、
対空兵装と誤認されることが有りますが、ただの主砲なので注意。

※4スロ使った対空カットインでも3スロ分しか装備が表示されないですが仕様

戦艦の対空カットインに関しては、2016秋イベのE-4で採用する方が結構いましたね。
今後も制空権の取れないマップや連合艦隊等、
また5スロの艦娘実装後等で使う機会があるかもしれません。

汎用カットイン

高射装置内蔵主砲二つと対空電探で、固定撃墜4,補正1.5倍の対空カットインが可能。

弾着観測射撃を行えない駆逐艦と相性がよく、通常海域/秋月型を使わないイベント海域
でもないよりましという感じで使われることが多いです。

こちらは大淀を使った、
“昼夜連撃”と”汎用対空カットイン”を兼ねた編成。

その他同じことが可能なのは
・鬼怒(専用カットイン)
・香取・鹿島(練習巡洋艦)
・Commandant Teste(コマンダンテスト)(水上機母艦)

となります。
※重巡には小型の主砲がつめないので昼連撃と対空カットインの併用はできない。
中口径で高射装置内蔵した主砲がでた場合、同様のことが可能になります。

装備が足りない場合

秋月型をゲットしていなくて10cm高角砲+高射装置が足りないといった場合、
・高性能機銃 機銃 対空電探(固定3機、補正1.25倍)
・高角砲 高射装置(固定2機、補正1.3倍)
・高角砲 高射装置 対空電探(固定3機、補正1.35倍)

などが候補になります。何れも甲作戦相手には非力ですが、ないよりはまし。
高射装置は改二艦の摩耶改二・吹雪改二などが、
高性能機銃は摩耶改二・皐月改二・霞(クエスト)などが持ってきます。

対空を強化するためには、まずは上記の艦、特に摩耶の改二を目指すとよいでしょう。
※秋月型を入手次第そちらの育成も

敵機を全滅させるためには

長くなるため別記事で解説になりますが、
対空カットインのみを極めても安定して効果を得るのは難しいです。

・基地航空隊での艦載機に対する割合撃墜
・航空戦での制空権確保・優勢
・高角砲や電探の改修

このような要素が複数関わり、”最後のひと押し”として
対空カットインが非常に効果的になってくるのです。

また、敵機全滅でなくとも、複数あるスロットのうち一つでも潰すことができれば
大破撤退の確率が下がっていくことを忘れてはいけません。

艦これは基本運ゲーですが、運ゲーの質を大きく変えることは可能なので、
効果がないと思わずにシステムに対する理解を深めていきたいですね。

まとめ

実装当時はあまり有効と思われていませんでしたが、
イベント海域や通常海域の難易度が上がるとともに重要性が明らかになってきました。

特に摩耶と秋月の対空カットインの補正が強力で、
基地航空隊や航空戦とあわせ敵機を全滅させることもままあります。

まずは、秋月砲を率先して強化しておくと良いでしょう。