2019/05/25に実装されたColoradoは、長門や陸奥・ネルソンといった艦と同様に、条件を満たすことで強力な攻撃を行うことが可能です。2021/10/15に特殊攻撃の発動条件が更新されたので、取り扱いたいと思います。

(2022/07/24 アップデートに合わせて更新)

概要

以下、wikiのコロラドページを参考に掲載しています。
参考:Colorado – 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

発動条件

  • 戦艦「Colorado」または「Maryland」が旗艦であること
  • 2番艦,3番艦が「戦艦級」であること
  • 旗艦が「小破まで」2番艦,3番艦が「中破まで」であること
  • 陣形選択時、通常艦隊の「梯形陣」または
    連合艦隊「第二警戒航行序列」を選択していること
  • 「通常艦隊/遊撃部隊で水上艦6隻以上」または
    「連合艦隊・第一艦隊で水上艦6隻」であること
  • 出撃で同特殊攻撃が一度も発動していないこと。

以上が挙げられています。

発動した際の挙動

余談ですが正式名称は不明。運営ツイートでも書かれてる
「Colorado」戦隊、全力斉射ッ!一気に殲滅する!Fire!
がそれっぽいっちゃぽいですね。

火力

 1発目2発目(2番艦)
3発目(3番艦)
条件Cororado/MarylandBig7他戦艦Big7他戦艦
徹甲弾+SG後期約2.62約2.66約2.32約2.71約2.32
徹甲弾+電探約2.32約2.32約2.01約2.36約2.01
徹甲弾のみ約2.02約2.01約1.75約2.05約1.75
SG後期のみ約1.98約1.97約1.71約2.01約1.71
電探のみ約1.72約1.711.495約1.741.495
なし1.51.4951.31.5211.3
(2022/07/24更新)
Big7は「Colorado」「Maryland」「Nelson改」「長門改/改二」「陸奥改/改二」

 

2021/10/15~2022/06/18の倍率
 1発目(Colorado)2発目(2番艦/Big7)3発目(3番艦/Big7)
徹甲弾+電探約2.01約1.96約2.05
徹甲弾のみ1.755約1.70約1.78
電探のみ1.495約1.45約1.52
なし1.31.265約1.32
2番艦/3番艦がビックセブンの時の発動倍率

2番艦/3番艦がビックセブンの時

 1発目(Colorado)2発目(2番艦)3発目(3番艦/Big7)
徹甲弾+電探約2.01約1.78約2.05
徹甲弾のみ1.755約1.55約1.78
電探のみ1.495約1.32約1.52
なし1.31.15約1.32
3番艦がビックセブンの時の発動倍率

3番艦がビックセブンの時

 1発目(Colorado)2発目(2番艦/Big7)3発目(3番艦)
徹甲弾+電探約2.01約1.96約1.78
徹甲弾のみ1.755約1.70約1.55
電探のみ1.495約1.45約1.32
なし1.31.2651.15
2番艦がビックセブンの時の発動倍率

2番艦がビックセブンの時

 1発目(Colorado)2発目(2番艦)3発目(3番艦)
徹甲弾+電探約2.01約1.78約1.78
徹甲弾のみ1.755約1.55約1.55
電探のみ1.495約1.32約1.32
なし1.31.151.15
2,3番艦がビックセブンではない時の発動倍率

2,3番艦がビックセブンではない時

備考

※Big7は「Colorado」「Maryland」「Nelson改」「長門」「陸奥」が実装済み
※各表は2022/07/24作成。火力は端数切捨て

●各艦の基礎倍率
・コロラドの基礎倍率は1.5倍・2番艦と3番艦が1.3倍。
・2番艦がBig7の時、1.495倍(=1.3*1.15)
・3番艦がBig7の時、1.521倍(=1.3*1.17)
※「Colorado」「Maryland」「Nelson改」「長門改/改二」「陸奥改/改二」
がBig7補正を受ける

●各装備の基礎倍率
・徹甲弾が1.35倍
・電探が1.15倍(索敵値5以上のもの)
・電探がSG レーダー(後期型)の場合1.15倍

資源消費の増加(弾薬消費)

発動した場合、1番/2番/3番艦の弾薬消費が5割増しになります。

長門特殊攻撃の弾薬消費通常消費消費弾薬
昼戦で発動(夜戦移行せず)20%30%
昼戦で発動(夜戦に移行時)30%45%※
夜戦で発動(昼戦→夜戦時)30%45%
開幕夜戦マスで発動10%15%
※敵が連合艦隊の戦闘時、特殊攻撃発動後に夜戦に移行すると資源増がなかったことになる。
(長門特殊攻撃時。Coloradoタッチでは未確認)

道中で使うとボス戦時、弾薬ペナルティが大きくなることがあります。

その他確認事項

●旧仕様ではバグが有り、特定条件で高火力のタッチが発動可能でしたが、
修正された為使えなくなりました。(詳細はwiki折りたたみ部分参照)

第二警戒航行序列且つその他条件を満たすことにより、
連合艦隊の第一艦隊でコロラドタッチ/第二艦隊で金剛型僚艦夜戦突撃の
同時発動が可能です。(長門やネルソン等のタッチも同様)

●他のタッチ攻撃に比べ、倍率が控えめになっています。
現状では
・火力倍率はネルソンタッチ/長門型特殊攻撃より低くなりがち。
・Coloradoを含めて戦艦3隻を含むので編成が上記より厳しい
→2,3番艦は中破でも発動可能に緩和されたものの、他より厳しいのは変わらず。

と言った感じで、実戦で使うことはあまり多くありません。
バグ(ラド)タッチの火力も潰れたので、現状だとネルソンタッチの代用。
Coloradoを含む強烈な特効がくれば採用機会はあるかもしれません。

SG レーダー(後期型)の採用を始めとして、補正倍率が大きく上がるようになりました。
SG後期と徹甲弾で長門特殊攻撃よりも高い倍率が出せるようになり、
特効補正やその他諸々の兼ね合いで、使う機会はあるとおもいます。
最も現状だと高倍率の編成を組むのは難易度が高く、編成自体も自由度が低いので、
「使える場所なら活用するかもしれない」位の立ち位置ですね。

●他のタッチ攻撃同様、演習では発動しません。

まとめ

書かないと機会を逃しそうなのでまとめてみました。更新にした段階では、
長門や陸奥の特殊攻撃・あるいはネルソンタッチ程の有用性はありません。

何度か修正が入っていますが、今後も何かのタイミングで強化されるかもしれないですね。