今回の夏イベは、脅しでも何でもなく、一部のトップ提督を覗いて丙作戦、乙作戦を効率よく活用していったほうが、E-7クリアや新規艦娘フルコンプに向けて確実に近づきます。

今までのイベントでも、「この海域は報酬の差が大したことないし難易度みると丙か乙でいいよね」というシーンが有ったのですが、今回は一部新装備を省くと報酬の差がわからないレベル。海域の難易度と報酬を見比べ、どの海域でクリアするか予定を立てましょう。

スポンサードリンク

各作戦難易度の再確認

難易度選択画面

既に御存知の通り、難易度は甲>乙>>>丙くらいです。

各作戦ごとに見ると色々しんどくなるので、とりあえず全部丙で、
全部乙でと言った場合のメリットの考え方。

丙作戦のメリットデメリット

敵艦隊が弱くなるのはもちろんですが、なんといってもお札がついていても他の海域に出撃できるということ。

今回はお札が4つ、すべてやりくりすると最低36隻必要となります。甲・乙作戦は1年続けて艦これをプレイしている提督でもなかなか厳しく、艦をやりくりした縛りプレイの上から攻略をしているため、見た目の敵艦隊以上の難易度を強いられることに。

その結果備蓄も余計に消費しますし、ラストダンスも重なりがちに。

それを丙作戦であれば余計に考えることを全部すっ飛ばすことが可能になるので、
新規さん、中堅さんはメリットを生かさない手はありません

要は、E-7までを視野に入れた場合に
見た目以上の難易度低下が起こると思っておけば良いですね。

他、丙でもドロップが確認されている場合、戦力のない提督であれば、
丙作戦のほうがドロップ期待値が高いということがあるでしょう。

丙でのデメリットとしては、当然ですが一部もらえないアイテムがあるということ、
そして、次海域で甲を選択できないというデメリットが有り。

※丙作戦をうまく使い、一部乙作戦も最低限の消費でクリアするといった手法が取れます。
別の記事で解説予定。

乙作戦のメリットデメリット

一部海域(今回であればE-3,E-6)突破報酬に新規装備・新アイテムが追加されている。

今回でいうとE-3の報酬はどうしてもというわけではないですが、
E-6の報酬が改二のための装備になるようなのでどうしてもほしい。

それを甲作戦でなくてももらえるため、上手くやりくりしてゲットしていきたいところ。

ちなみにですが丙作戦を上手にこなせば、
E-6まで最小限でE-6乙をクリアといった方法も可能。

乙以上(甲以上は未確認)でのドロップというものも今までの海域で幾つか確認されています。

デメリットと言えることはあまり思いつかないですが、
とりあえず甲クリアした(ドヤァ)っていえないw

甲作戦のメリットデメリット

E-7甲殊勲賞をはじめとした、特別にもらえるものが有り。
※SN作戦では勲章のみ。

また、買えるものと言ってもスロット増設が増えるのは
無課金なら可能な範囲でほしいところ。

個人的に痛いデメリットとして、
S勝利によるドロップ率も、丙・乙より大きくなると思われますが、
難易度が高い場合そもそもS勝利が出来ず、丙や乙のほうが
結果的にドロップ期待値が高かったということが非常に多いです。

言うまでもなく資源消費が増え、
丙ならクリアできたのに・・ということになりやすいのも問題。

SN作戦での報酬一覧と、推奨海域

さて、前提が長くなりましたが、要は
・強力な(代用も厳しい)限定装備
・限定アイテム
・限定ドロップ

そういったものがある場合以外、乙・甲作戦を無理にクリアしなくてよいでしょう。

別記事で書くかもしれませんが、掘りに関してはゲージをリセットしながら
掘ることができるのも覚えておくと吉。

限定ドロップに関しては確認に大きく時間がかかるため、
海域クリアの報酬を確認していきます。

※この記事でさす余裕とは、艦娘の数、練度、備蓄等を総合してさしています。

丙でクリアした場合、次海域は丙・乙どちらかでのクリアしかできなくなるため注意です。

この記事では、現手持ちの資源5万程度、バケツ500、レベル60~の艦娘をギリギリで
40隻やりくりできるかどうかくらいの人を想定してるつもり

この時点で割と条件が厳しいかと思います。

E-1 発動準備、第二次SN作戦!

共通:家具職人

【甲】 伊良湖1 補強増設2 戦闘糧食4

【乙】 伊良湖1 補強増設1 戦闘糧食3

【丙】 補強増設1 戦闘糧食2

補強増設2は悪くないため、平均レベル40程度で甲攻略してる提督もいますし
甲で挑戦する価値はあり。バケツとか節約したいなら、乙・丙でも良いでしょう。
※甲でクリアする労力に見合う価値があるということ。

結論:甲(戦力に合わせて自由に)

E-2 連合艦隊、ソロモン海へ!

共通:白露型駆逐艦「江風

【甲】補強増設1 戦闘糧食2 91式高射装置

【乙】補強増設1

【丙】褒章なし

戦闘糧食ですが、現時点では装備枠を圧迫するゴミです。
91式高射装置ですが、艦娘が上位互換を持ってくるためゴミです。

よって、余裕が有るなら補強もらうために乙、ないなら丙で十分。
甲なんてなかった

結論:乙or丙

E-3 激突!第二次南太平洋海戦

共通: 九七式艦攻(村田隊)

【甲】15m二重測距儀+21号電探改二 補強増設2 応急修理女神 改修資材3

【乙】15m二重測距儀+21号電探改二 補強増設 応急修理要員

【丙】補強増設 応急修理要員

一応【15m二重測距儀+21号電探改二】は無視できない程度に強いですが、
今回のイベントが長期戦のため、戦艦しか装備できない電探のために無理をするなら、
1海域でも先に進む工夫をしたほうがいいと思います。

甲については一応差別化されていますが、
この難易度上昇に対しての500円分の価値はない。

結論:乙or丙

E-4 海峡突入!敵飛行場を撃滅せよ!

共通:給油艦「速吸

【甲】勲章1 改修資材5 洋上補給3 戦闘糧食2

【乙】改修資材3 洋上補給2 戦闘糧食1

【丙】洋上補給1 戦闘糧食1

ここで勲章ほしさで迷う方は、3-5・4-5をクリアするのが厳しい方ですので、
甲作戦クリアも厳しいでしょう。

普通の提督が無理する必要ないかなーという印象。
洋上補給は現状価値も不明ですが、イベントで使ってる方を見てる限り、
放置でいいはず。使いにくすぎます。

結論:丙
どうしても勲章が欲しければ甲を見るのは有り。

E-5 奮戦!西部方面派遣艦隊

共通:駆逐艦「Libeccio」

【甲】洋上補給2 戦闘糧食2 改修資材7 勲章1

【乙】洋上補給1 戦闘糧食2

【丙】なし

共通がイタリア駆逐。こちらは甲で改修資材7・勲章1がもらえ、
艦種が幅広く揃っているのであれば割と簡単なため甲に挑戦してもよいかと思います。

ただ、そのためには前海域で乙をクリアする必要があり、
更に慎重にクリアしないといけない海域なため、
色々考慮するとしんどいからやっぱり無理しなくていい感じ。

乙の報酬に価値はないですが、ワンちゃんドロップに価値がありそうなため経過観察。

結論:甲or丙

E-6 反攻作戦!FS方面進出

共通:勲章

【甲】改修資材10 補強施設1 洋上補給3 試製甲板用カタパルト  

【乙】改修資材6 洋上補給2 試製甲板用カタパルト

【丙】洋上補給1 戦闘糧食1

試製甲板用カタパルトが瑞鶴翔鶴改二用装備で、どう考えても超キーアイテムなため、
ここだけは多少無理してでも乙以上でクリアしに行きましょう

というか、ここをクリアするためにE-1からE-5は犠牲にしていいです。
例によって甲は差別化されてますが、甲にする価値はうーん・・・・ないです。

結論:乙

E-7 FS作戦

共通:駆逐艦「照月

【甲】補強増設2 戦闘糧食3 勲章2 甲種勲章1

【乙】不明

【丙】勲章

乙探しましたが、まだ見当たりませんでした。

甲種勲章に拘れるような戦力を持っているなら狙ってもいいですが、
現攻略情報を見てると資源を7万~くらいは抱えて挑まないとクリアはキツイでしょう。

この海域で優先するのは、あくまでも「照月」ですので、この記事で想定している練度の方であれば
丙で確実にクリアしたほうが後悔が少ないと思います

なお、丙でも時間はかかるし全然簡単じゃないためご注意を。

結論:丙

他確認事項

丙堀りといい、E-3の瑞穂等ゲージをリセットしながら掘る方法がありますが、今回のイベントでは備蓄が足りてない上でE-7クリアを狙っている場合、オススメできません。

結構な確率でぎりぎりの戦いを強いられるため、どこかを切り捨てるのは大事な判断だと思います。

※別途解説できたらする予定

なお管理人氏甲でクリアしているため、力技(課金込)でドロップ回収しに行く所存。

まとめ

個人的に、想定している練度、備蓄の方であれば
丙・・・【E-2】【E-4】【E-5】【E-7】
乙・・・【E-3】【E-6】
甲・・・【E-1】

くらいで挑戦するのが理想かと思います。どうしても装備が欲しければE-3のみ乙に変更。
更に、ドロップ狙いを確実にしたいならもう少し情報を待ってからでいいでしょう。

※確認している範囲では、新艦娘に関しては丙でもドロップするようです。

雑感

高練度の提督からすると春イベが異様なまでに簡単だったため、
慢心していた人も多かったみたいです。

基本的に苦戦を強いられると思うので、
いつも以上に情報を精査して、手持ちの艦娘でどこを狙うかをしっかり想定してやっていきましょう。

今日イベント開始するか、来週からイベントを開始するかは提督次第ですが、
早く始めるとミスが増えるのでそれだけで戦績が変わる方は結構いらっしゃると思います。

E-7に関しては、零時迷子(0時で難易度リセット、別記事で解説予定)
というなかなかの鬼仕様なため、しっかり時間を取らないといけません。

最後ギリギリだと間に合わない可能性もあり、いつ見切り発車するか難しいところですが、
各提督の目標ライン達成に向けて頑張ってください。