「敵東方艦隊を撃滅せよ!」ツリーのラストである5-2クエストですが、一期に比べると難易度が上がった印象を受けます。瑞鶴・翔鶴を活用して攻略していきましょう。

(2018/11/03 二期対応)

任務情報

  • 5-2ボスマスで2回S勝利

クリア報酬は

  • 弾薬300,ボーキ800,開発資材2,改修資材2

前提任務に

あり。後続に、

あり。クォータリー任務の方で勲章やネジが選択できるので、
3ヶ月に一回は5-2任務をクリアしていきたいです。

関連任務に関して(ウィークリー)

い号任務ツリー前提条件達成条件アイテム
い号作戦敵補給艦を3隻撃沈せよ!空母20隻開発資材2
海上護衛戦い号作戦潜水艦15隻高速修復材2
改修資材1
敵北方艦隊主力を撃滅せよ! 海上護衛戦3-3,3-4,3-5の何れかボス5回勝利開発資材3
改修資材3
敵東方艦隊を撃滅せよ!海上護衛戦4-1~4-5のボス何れか12回勝利開発資材2
敵東方中枢艦隊を撃破せよ!敵東方艦隊を撃滅せよ4-4一回勝利高速修復材1
開発資材1
南方海域珊瑚諸島沖の制空権を握れ!敵東方中枢艦隊を撃破せよ!5-2二回S勝利開発資材2
改修資材2

い号作戦ツリーで、東方クエのラストになります。
東方クエが非常に長く、改修資材2つもらえるため、それで割に合うかどうか。

一期に比べると、東方クエ自体はボス到達が簡単になり、
目的によって海域を選べるようになりました。

それでもこなそうと思うと時間がかかるため、
やるなら週の早いうちから意識してすすめておくと良いでしょう。


編成例1(瑞鶴翔鶴の採用)

【BCDFO】というルートを経由するために、基本的には
瑞鶴翔鶴駆逐2・他空母0・高速統一といった条件にする必要があります。
(Eマスを経由するとツ級eliteがいるため、回避推奨)

※他条件もあり。ルート関係は以下を確認してください。
南方海域の紹介・編成例等【第二期】(5-1 5-2 5-3 5-4 5-5)

●制空値はFマス制空権確保(252)・ボス制空権確保(306または351)の
何れかに合わせてください。何れもCマスで航空優勢を取ることがあるので、
それぞれの目標制空値に25~30程度余裕がほしいです。
(画像例ではボス編成の一部に制空権確保が取れる制空値345)

●ボスマスで攻撃二順させるために戦艦1隻推奨。自由枠のもう一隻は、
戦艦・雷巡・重巡のいずれかで良いと思います
※画像のような練度だと戦艦2は過剰。但しS勝利条件で取りこぼしがある難易度なので
練度に自信がなければ戦艦2が良いかと。

●彩雲は索敵対策に推奨。他、駆逐艦に電探を乗せることを忘れずに。

今回の画像では採用しませんでしたが、
伊勢改二を高速化して艦戦一つ乗せるのが装備構成的にかなり楽。
ボーキを節約したいときは検討してみましょう。

編成例2(瑞鶴翔鶴が編成できない場合)

瑞鶴翔鶴が組み込めなかったり、組み込めても
Dマス経由だとボスマスで勝てないといった場合にこちらの重量編成を。

瑞鶴・翔鶴の枠を他の正規空母で代用する場合、
Dマスを経由するには戦艦を組み込むことが出来ません。そのため駆逐艦を外し、
空母2戦艦2重巡or雷巡2と編成すると、道中Eマスを経由【BCEFO】します。

●画像で制空値302。上位装備や航巡+水戦といった形にできるのであれば
艦爆を増やしたり、ボスマスでの制空権確保が狙えたりします。

●編成例では索敵に余裕を持たせるために重巡2隻を使った編成を採用。
索敵装備の質や練度に問題がなければ、雷巡を混ぜるといいですね。
画像の装備編成ならまず大丈夫ですが、例でHマス(気のせい)に逸れるようであれば
彩雲をもう一つ増やしたり、一式徹甲弾を偵察機や電探に変更してください。

Eマスは敵が強力で、ボス戦で空母艦載機が枯らされることがあるのが少しネックです。
基本的には上ルートより戦力を持ち込めるので、道中さえ突破できれば攻略は安泰。

 

その他、【BCDFO】を経由できる編成例として、
軽空母2・駆逐2・重巡系or軽巡2(戦艦雷巡NG 高速統一)という編成も。
鈴谷等の航巡と阿武隈を採用し、夜戦込で考えたら戦えますが、
S勝利安定と言うには厳しそうであまりおすすめできません。

まとめ

クォータリー関連があるので3ヶ月に1度はクリアしておきたいところ。
そうでなければ東方ツリーの様子を見ながら、余裕のあるときにやっていけたらいいと思います。

うちの鎮守府では、東方ツリーは4-5やる時だけ終わらせる任務なので、
今後も気が向いたときだけ処理する任務になりそうです。

【ウィークリー任務リンク(一覧)】
あ号作戦 い号作戦 海上護衛戦 ろ号作戦/通商破壊 北方クエ 東方クエ
海上輸送路の安全確保(1-5) 東方中枢(4-4) 南方珊瑚(5-2)
対空機銃増産 資源の再利用 装備開発力(開発資材) 継戦支援能力(バケツ)