今夏イベのE-2は輸送作戦で、通常の6隻艦隊での輸送任務となります。基地航空隊や支援艦隊の援護を受けながらの輸送任務完遂と、なんとなく艦これらしいイベント海域ですね。

スポンサードリンク

(08/14/1515 水母・航巡を利用した編成例2を追加)

【迎撃!第二次マレー沖海戦】※甲作戦準拠
E-1 / E-2 / E-3水上 / E-4水上 / E-4 機動
E-1 伊26掘り / E-2 プリンツオイゲン掘り / E-3機動(Aquila掘り) / E-2-D大淀磯風
お札・推奨艦 / 難易度選択 / E-3ギミック解除 / E-4ギミック解除 / ドロップ関連まとめ

マップ情報

E-2 - ルート例

暫定で
・軽巡1駆逐5
・水上機母艦1航巡1軽巡1駆逐3

以上どちらでも最短ルート可能な模様。
記事中では両方の編成例を扱っています。

 

索敵が必要で、32号電探ふたつ分+@程度は必要。

画像黄色ルートで ()内は味方の選択陣形
一戦目対潜(単横陣)
二戦目水雷戦隊(単縦陣)
三戦目空襲戦(輪形陣)
四戦目機動部隊(単縦or輪形陣)
五戦目ボス戦(単縦陣)

となります。

編成例1(水雷戦隊)

E-2輸送水雷戦隊

特に理由がない限り、編成例2の水母・航巡入をおすすめします。

大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)のほうが大発動艇よりも輸送量が多い
ので、戦車大発をもっている方はそちらを優先して搭載してください。

今回はSを狙わず、ボスAで突破を狙います。
・輸送作戦ですが、対空マスが2箇所あるので対空カットインを採用。
対空カットインがないときつい海域なので何らかの形で採用したいところ。

・記事内ではサブの阿武隈採用。大淀を採用したいですが、E-3の有力候補が大淀になるためそれ以外の艦で検討するべき。
堀を考慮しなければここで阿武隈を使用して構いません。
五十鈴も1戦目の対潜、道中対空カットインと状況に応じて採用検討。

・攻略中は旗艦を入れ替えつつ(疲労度対策)やるといいかも

ボスのS勝利は輸送を兼ねつつだと難しいと判断し、大艇ガン積み。
状況次第で対空カットイン2隻採用や、対潜先制爆雷攻撃を混ぜてもいいかと思います。
※画像編成でも運が良ければS取れるので、しっかり調整すればS狙いつついけるかも

なお画像編成でA勝利前提でTP86,輸送が5回となります。
5回にするには80以上がラインなので、
大発が足りずドラム缶等で挑む場合は
67以上の6回、58以上の7回を目安にすると良いかと思います。

参考:
大発10ドラム2 TP81
ドラム12 TP65~66

大発をドラム缶に変える毎に凡そTPが2ずつ変化。
ドラム缶で+3.5  大発で+5.6 戦闘糧食で+0.7となります。

索敵に関して

確認してる範囲で、32号電探2つ+@くらいがライン?

現実的な装備だと、零式水上観測機+32号+13号改
あたりになりそうです。状況によってはそれ以上いるかもしれません。

基地航空隊

ボスでSを取る必要が無いため、道中突破率をあげるために、3,4戦目に配置。
今回採用したのは艦戦2,陸攻2ですがこの辺は現時点ではお好みになりそう。

支援艦隊

大発を大量に積むのであれば道中の支援艦隊は入れたほうが良いでしょう。
道中大破率のかなり高い海域です。

ボスはA勝利前提で正直支援いらないと思いますが、
事故ったら嫌だったので航空支援を突っ込みました。
※敵随伴が駆逐艦のみのため、弾薬節約
(但し使用感としては砲撃支援の方が安定すると思います。)

E-2ボス編成

編成例2(水母・航巡使用)

E-2 航巡・水母編成例

・水戦・瑞雲系で制空を稼ぎつつ、
具体的な数値はもう少し調整できそうなので場合によっては大発増やしたり。

・利根一番後ろに配置してるのは、夜戦でS取れたらいいなー的な。
更に阿武隈に連撃をさせれば大きくS率が上がりそうなので、それも候補。

大発は戦車大発でもTPカウントされるので、足りなければ戦車も使用。
但しマップ上での大発扱いの表示はされないみたいです。

通常大発に比べ、戦車大発はS勝利でTP5,A勝利でTP3.5
参考までに大発8でTP計算したところ、A勝利で64、
画像例で(大発5戦車3)でTP75でしょうか。
内火艇もTP換算として優秀みたいで、
TP1少ないものの大発の代用として使用できます。

水母は瑞穂がいない場合は千代田、千歳、秋津洲で代用可。
千代田千歳を使う場合はおこのみで、秋津洲を使う場合は大発を載せましょう
※索敵足りなくなるかもなので注意

クリア褒章

【甲】駆逐艦「水無月」 三式戦 飛燕一型丁
勲章1 補強増設2 特注家具職人

【乙】駆逐艦「水無月」 三式戦 飛燕
補強増設1 特注家具職人

【丙】駆逐艦「水無月」 特注家具職人

「三式戦 飛燕一型丁」が「三式戦 飛燕」の完全上位互換。
戦闘行動半径3と4の差は今後響くかもしれないので、
その点だけでも多少無理して甲でクリアする価値はあるかと。

※今回のイベントで言うとE-4-Iマスに
局地戦闘機を飛ばせたので、敵の艦載機を潰しやすかった

但し甲クリアには支援艦隊の準備等やることが多くなり、
乙や丙よりもかなり「面倒」なのを覚悟しないといけないです。

 

まとめ

堀をしようとするとS勝利が必要になり、安定させるためには大発を減らす必要があるので
情報を待って丙堀りをするか、クリア後に掘るのが無難でしょう。

甲作戦であっても練度がある場合は支援無しで十分掘れる模様。

なお管理人氏ダメコンは特に積まずに挑みましたが、
ダメコンを使用すればかなり簡単に突破できるかと思います。

道中難しい割にボスは容易でダメコンによる難易度低下が大きいので、
検討する価値はあるかなというところ。

 

ABってなってるマスがあったり、艦載機がうようよ飛んできたり、
今回のイベントは細かい演出が多いですね。

【迎撃!第二次マレー沖海戦】※甲作戦準拠
E-1 / E-2 / E-3水上 / E-4水上 / E-4 機動
E-1 伊26掘り / E-2 プリンツオイゲン掘り / E-3機動(Aquila掘り) / E-2-D大淀磯風
お札・推奨艦 / 難易度選択 / E-3ギミック解除 / E-4ギミック解除 / ドロップ関連まとめ