ブログに頂いたコメントや、知り合い提督の話を元に何度か出撃して行けそうな感じはしたので編成を作成。既に燃料が3-4桁うろついてるため試行回数が最低限です。

スポンサードリンク

【基地航空隊攻略リンク】※甲作戦準拠
E-1 / E-2 / E-3 / E-4 / E-5 / E-6上 / E-6下 / E-7機動 / E-7水上
お札関連 / 基地航空隊 / 堀ポイント / 報酬まとめ /
E-1-I あきつ丸 / E-2-F 秋月照月 / E-3 U-511堀
E-6-L 親潮 / E-7-D 親潮

(05/21 コメントを受けいくらか追記・修正→更に修正)
(05/22局地戦闘機書き足し)
(05/23 加筆)

ルート固定

E-7 水上ルート - コピー

秋津洲+二式大艇(E-6報酬のカタリナでもいい)が
ルート固定要員として必須。
無駄に命中率のある潜水棲姫を回避し空襲マスを経由してボスに。

秋津洲がいない場合は、道中分岐を下に。
空母姫2隻はは制空の問題もあるので
潜水艦通ったほうがいいかなという感じ。

編成例1(削り)

第一艦隊

E-7水上削り第一

・秋津洲に大艇ちゃん。あと水戦と司令部配置。穴あけになりますが
旗艦で保護して、更にダメコン乗せるくらいでちょうどいいです
状況にもよりますが、ダメコン乗せるなら下においたほうがいいかも?

・扶桑型は開幕爆撃に期待して瑞雲を。後は徹甲弾。

・大鳳の3スロ艦戦+基地航空隊で削り時の制空の高い方
(空母姫入)相手に制空権確保確認。

水戦なしでも制空取れるかは確認できてないですが、
道中が確保(優勢)できない場所ちょくちょくでると
思うので、水戦作りたいところ。

改装案

イタリアかローマ+大鳳を軽空母2隻に。
メリットはボスでの開幕打撃力アップと、
1戦目潜水艦に対する被害軽減があります。

下位4スロ烈風、残り艦攻で大丈夫かと。

第二艦隊

E-7水上削り第二

・駆逐3採用理由はボスに付くのが目的なため。
司令部で撤退しつつもボスに到着して削っていくのを最優先に。

・夕立魚雷カットインでA勝利狙うようにしてますが、
削り編成としては連撃にしてボスにカスダメを狙ったほうが良かったですね・・

・ソナー1は1戦目対策に乗せましたが、流石にこれだけじゃ
足りない 対空カットイン2採用してますが、
それを1にしてもう一隻にソナーのせるくらいしてもいいかも。

・雷巡は道中安定目的、Bismarckと大淀は削れたらいいなー
という感じの中途半端な編成に。

もうちょっとなんとかならないかなーと思いつつ、道中がきついので
割合道中突破を優先した編成になってます。

空母は残ってないと困りますが
8隻になってもボスにつけたら勝ちですね。

改装案

ブログに来てるコメントからですが、
第二艦隊を対潜仕様に特化してしまうというもの。

初戦の潜水艦さえ突破すればボスまでは
割となんとかなることが多いので、とりあえず削りに行くという感じですね。

但し第二艦隊の火力が期待できなくなるため、
A勝利以上は狙いにくいっぽい。

記事内編成以上対潜に向けて編成しても、同様に厳しくなると思います。

編成例2(ゲージ破壊)

試しようがないので完全に机上の空論です。
なんかおかしいところあったら指摘してください。

秋津洲を使用してないため、潜水艦マス経由になります。

第一艦隊

E-7水上ラスト第一

後述しますが扶桑型1隻を秋津洲に変えてる編成の方が多い様です。

・速吸に水戦・洋上補給・ダメコンを準備。確認する範囲では
水戦は一つでいいみたいなので、穴開けてたら1枠余る感じ。
速吸はダメコン乗せるなら旗艦より下においたほうがいいですね。

・大和型の安定採用。
ボスでしっかり貫通火力が出せるのはやっぱり大きいです。

・大鳳2スロ烈風系+水戦+基地航空隊6回集中で
ボス制空権確保できるというコメントを複数いただいています。
よって大鳳の艦載機は1スロから2スロ攻撃機に変更。

洋上補給に関しては、発動させると第一・第二の燃料・弾薬ともに
15%ずつ回復。弾薬は適正までもっていけますが、
燃料は5割に到達してない=被弾しやすい状況なので、
2つ積んでも良いでしょう。

参考
速吸と洋上補給を使おう

改装案

この記事にも早速コメントいただいてますが、水上ラストでは
「速吸と秋津洲両方採用」される案がかなり多いみたいです。

メリットはルート固定、デメリットは火力が減るといったところですが、
第一艦隊の戦艦はボスにカスダメ(一応上手く刺さればダメージは入る)
と随伴艦の基地航空隊の後処理みたいな意味合いが多いので、
秋津洲も採用してしまったほうがストレスフリーみたいですね。

改装案2

秋津洲に続いて、大鳳・扶桑型1を軽空母2に変更するというもの。
メリットはボスでの開幕打撃力アップと、
潜水艦に対する被害軽減があります。

2スロでは足りないので3スロ烈風系・隼鷹・千歳なら残り全部
攻撃機搭載・千歳千代田なら1スロを電探にという感じでしょうか。

 

第二艦隊

E-7水上ラスト第二

削り時はどちらかというとボスに到達するのが目的でしたが、
完全にボスを狙う感じに変更。

・探照灯と夜偵はやっぱりほしいのでこんな感じに。
夕立上に配置してますが敵AIが優秀なので
下においてデコイにした方がいいかも。

・戦艦2・駆逐2・大淀(WG2)・航巡(WGWG(or三式))
変えるところがあるなら航巡を重巡にするかなーというくらいですが、
水上打撃部隊なので昼連撃にする必要が薄く、
戦艦2隻入れることによって道中で回ることはほぼありません。
その為中破でもボスを抜ける可能性を増やすため
三式WGかなあというところ。

なんか陸戦隊とか内火艇とか、結局いれてないじゃんという。
ボススナイプのサイコロに勝つためにはこんな感じの配置かと。
ただ内火艇星10とか作ってたらダメージソースになるみたいなんで、
採用してもいいのかもですね。

洋上補給なしの水上で突破した報告ももらいましたが、
夜戦連撃などでもやはりあまりダメージが出ないとのことです。

改装案

これもコメント等からですが、第二艦隊(旗艦)に速吸採用する編成。
保護できるのでダメコンいらずで、
「内火艇・戦車大発・洋上補給」
「流星改・洋上補給・洋上補給」

等の配置が可能
※第二艦隊は艦載機は落とされないので中破しなければ攻撃できる。

 

また、駆逐艦の内火艇装備ですが、連撃装備にすることで
ボスの装甲を抜いたダメージが確認できることもあります。

現状戦車大発とくませるのはあまり上手ではないみたいですが、
単品+連撃は採用する価値があるかと思います。

雑感

道中が支援とか全部込み込みで考えても機動部隊より
厳しかった感じ。というより最初のマスの潜水艦が理不尽すぎる・・

今回やってませんが、航空攻撃の火力が大きいので
大鳳と戦艦1を軽空2に変えて望むのは十分ありかなと。
候補は24スロが使える千代田千歳隼鷹から2隻ですね。
制空はいいんですがスロットがどれくらい削られるか
わからないのが問題

記事中採用してますが扶桑型の23スロ瑞雲も、
十分試していい範囲だと思います。

ボーキの消費量は目に見えて機動より少ないため、
ボーキに問題がある方は水上から、ですね。

一応自分が今から攻略するのであれば
削りは機動、ラストは水上でやると思います。
※管理人価値観ではダメコンある程度使用前提で考えるので、
そうでない場合は初戦突破すれば割りと安定する水上でしょうか。

基地航空隊

防空は一応資源被害が減らせるみたいですが、
防空で資源被害を減らすよりもボスを削ったほうが間違いなく効率が
いいので採用せず。

E-7基地航空隊

※ボスに投げれるのは確認しましたが、第一の行動半径合計が26で平均7を割っています。デメリがあるかもしれないので陸攻を混ぜて調整するのが無難かと。

画像は全部ボスマスに投げるのを想定した編成。
削り時ボスに全部投げる場合は第三航空隊も
2つ艦戦載せたほうがいいかも。

削り時だと道中突破のために空戦マスに1部隊なげたりしてもいいかも。

艦戦を上に配置しているのは、基地空襲から艦攻陸攻を守るため。
※上の中隊から被害を優先される
航空隊は第一から順番に攻撃していくため、敵の迎撃が弱くなると
思われる第二第三のほうが強力なものを配置しています。

追記

局地戦闘機の制空能力が非常に高いことがいくつか確認されています。

具体的な配置方法は検証待ちになりそうですが、
一式陸攻等と合わせてボスマスに配備させたらかなり有効とのこと。

追記2

正空ですが、基地航空の各艦戦枠に飛燕、飛燕(244)、烈風改を選択した場合に
秋津洲に二式水戦、Ro水戦&千代田と隼鷹の最小スロに岩本と烈風601で制空権確保することができています
または、あきつ丸に艦戦3でも確保を確認しています
基地航空隊の後では制空値170前後で確保することができると思われます

ブログのコメントからの引用。
・各航空隊に局戦1積みでいい。
・制空は170前後で良いのでは。

とのこと。

E-7甲狙うような方はほぼ甲で突破されてると思いますし、
上手く局地戦闘機使ったほうが良さそうですね。

支援艦隊

道中はいつもの砲撃支援で問題なし。
ボスですが航空支援を、削り時は最小スロに烈風4つほど、
ラストは最小スロに烈風2つのせて挑めば良さそう。

艦攻、艦爆ですがどちらに関しても有効打が出るようなので
基本的に開幕ダメージの期待値が
高い艦攻を乗せればいいかと思います。

ラストと洋上補給に関して

洋上補給、今まで使ってなかったら最大15個?、
ラストダンスで15回は試せると思います。

それ以降は2個300円~の課金といった感じ。

提督によって課金に対するラインが変わってくるので一概に
言えないですが、洋上補給を上手く使っても、
10回20回では甲作戦クリアできなかったということは実際に起こりえます。

洋上補給を使って挑戦する場合、どこまで挑戦するか/どこまで課金するか
の線引を先に決めておいたほうが精神的に楽でしょう。

参考
速吸と洋上補給を使おう

まとめ

というわけで、水上のE-7記事になります。

ラストも現実的に攻略できる範囲内だと思いますが、
水上は弾薬補正も厳しいため機動を使うか
洋上補給を使うべき。ぜんぜん変わるはず。
※速吸無しで突破報告結構頂きましたが、
自分で試そうとは思えない

今までALL甲じゃない方は無理しなくていいと思いますが、
甲勲章6つ目目指す方、せっかく何で頑張ってみてください。

現状書いた時期の関係で各提督の水上の突破編成例も
機動の方に多くコメントして頂いてます。合わせて参考にしてみてください。

【基地航空隊攻略リンク】※甲作戦準拠
E-1 / E-2 / E-3 / E-4 / E-5 / E-6上 / E-6下 / E-7機動 / E-7水上
お札関連 / 基地航空隊 / 堀ポイント / 報酬まとめ /
E-1-I あきつ丸 / E-2-F 秋月照月 / E-3 U-511堀
E-6-L 親潮 / E-7-D 親潮