HPが4の倍数の艦は、そうでない艦に比べ大破しやすいと言われることがあります。なぜ大破し易いと言われるのか、簡単に解説しておきます。

轟沈ストッパーとは

艦これでは大破進軍していない場合に轟沈することはありません。
轟沈ストッパーというシステムで艦娘は保護されていて、本来の装甲とHPで
耐えれる以上のダメージを受けた場合に自動的に割合ダメージに変換されます

どのくらいの割合に変換されるかというと、
現在のHPから50%~79%の割合ダメージに置き換えられて被弾するわけですね。

また、艦娘が大破になる条件は”HPがMAXHPの25%以下になった時”です。

例えば4nであるHP32の雪風改は

  • MAXHP32がHP8になったとき・・・
    HP8は最大の25%となり大破状態(次の戦闘では轟沈しうる)

4n-1の例ではHP7のまるゆ改がわかりやすいですが、

  • MAXHP7がHP1になったとき・・・
    HP1は最大の14.3%となり大破状態(次の戦闘で轟沈しうる)
  • MAXHP7がHP2になったとき・・・
    HP2は最大の28.6%となり中破状態(次の戦闘に進軍しても轟沈しない)

という感じで、4n艦以外はHPが25%未満のときに大破するようになります。

 

※轟沈条件などに関しては以下も確認。
ダメコンと女神・艦隊司令部施設の基本的な使い方

同じ事象の呼び名として中破ストッパーというものもありますが、
轟沈回避の意味合いが大きいので記事内では轟沈ストッパーとします。

4nの艦も4n+3の艦も大破HPは同じ

具体例を上げると、

  • 綾波改二・・・HP32で、HP16以下で中破、HP8以下で大破となる
  • Z1 zwei・・・HP35で、HP17以下で中破、HP8以下で大破となる

綾波が4n(4×8=32)の艦、Z1が4n+3(4×8+3=35)の艦です。
この際、大破になる条件のHPは変わらず、どちらも8となります。

4nの艦は大破するHPが25%以下の時となりますが、
4n+1の艦や4n+3の艦は25%よりも小さくなります。

4nの艦は4n+3等の艦に比べ、HPMAX時の大破ラインの割合が高いので、
轟沈ストッパーの割合ダメージ(50%-79%)を引いた時に大破する確率が
高いということになります。

言い換えると、轟沈ストッパーが発動しその割合ダメージが75%となった際、
4nの艦がHPMAXのときは大破してしまいますが、4n以外の艦は一撃大破でなく、
ギリギリ中破で耐えることが可能になります。

※ニコニコ動画で以下の動画が、更に詳しく解説されているので
細かい仕組みを理解したければこちらをオススメします。
【艦これ考察広場】 4nの呪い 【システム①】

 


(クリックして拡大)

HPMAXの時にどのくらいの確率で一撃大破するかを表した表です。

  • HP6,7,15(まるゆ・まるゆ改とHP15の未改装駆逐)は
    轟沈以上のダメージを受けた時に一撃大破しない
  • 12nの艦が一番一撃大破しやすく、その場合
    16.67%(1/6)の確率で一撃大破する
  • 特にHP31の駆逐艦はケッコンするとHP36になり、
    その際の一撃大破率は1割近く(6.5%→16.7%)上昇する
    ※回避率も上がるから実践的にはもう少し低い
  • 偶数HP→奇数HPとなるケッコンは特にメリットが大きい
    ※小破止まりの率が発生するため。但し、大破率が上がるパターンもある

このあたりを把握しておけば良いでしょう。

大型艦の大破率は4nであってもそこまで大きな差にはなりません。
潜水艦と駆逐艦に関しては実際に数値の確認をして
見るとどれくらいの差になるかわかると思います。
コメント内に具体的な大破率計算表を貼ってくれた方がいらっしゃるので、
よろしければそちらも参考に。

表の転載元:
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1443500468/300

 

まとめ

宗教の範囲なので一概には言えないですが、気にしすぎるとレベリングがやりにくいです。

例えば駆逐艦火力トップの夕立なんかはケッコン前のHP31でケッコン後36ですが、
4nを気にした場合はケッコンできなくなりますね。

2017夏イベの潜水新棲姫マスがあるような場面では、
大破しにくい駆逐艦を採用することが道中突破率上昇に寄与します。
なので、駆逐艦に火力を求めてない場面であれば可能な範囲で意識することも大事。

ですがまずは幅広いレベリングを優先していきましょう。