イベント中は通常海域でも警戒陣を活用することが出来ます。今回は一部のガチ勢向けの編成になりますが、長門の特殊攻撃を活用した編成例を紹介します。

※索敵の条件が非常に厳しいため、ケッコン艦隊前提みたいなところがあります。
妥協しようと思えばいくらでも出来ますが、適当に組むと逸れるだけなので十分注意してください。

マップ情報

  • 駆逐艦4隻以上
  • 索敵値:33式分岐係数2の66以上

の条件で【ACEGIMOS】(C通常 G夜戦 M夜戦 Sボス)ルートを経由します。
また、今回の編成例では採用していませんが、

  • 戦艦2航巡2駆逐2
  • ドラム缶(輸送用)を4隻に1つずつ装備/要索敵

といった条件でも同様のルートを通る事が可能です。
※コメント欄に突破例があるのでそちらも参考にしてみてください。
記事中よりは敷居低め。

5-5 第二次サーモン海戦 攻略【第二期】【Extra Operation】

編成例

戦艦2駆逐4【ACEGIMOS】(C通常 G夜戦 M夜戦 Sボス)
陣形:警戒陣→警戒陣→警戒陣→梯形陣(長門改二特殊攻撃)
要索敵:33式分岐係数2の66以上(画像で約69)
索敵値がとてもギリギリです。画像例そのまま真似しても、
多くの場合逸れると思われます。自艦隊で調整してください。
艦隊これくしょん マップ索敵 判定式(33) 計算機

●長門と陸奥に、”電探+徹甲弾”の特殊砲撃を採用。すぐ中大破することも多いため、
旗艦の方に射程超長主砲を乗せています。高い倍率で南方棲戦姫やレ級eliteの撃破を狙います。

●高火力の運改修駆逐艦に魚雷2積み+索敵用の電探をそれぞれ配備。
Ташкентは照明弾のために採用しています。索敵値がすれすれなので、
Ташкентの探照灯枠に電探を載せないと逸れるパターンも多いはず。
※ボスマス潜水艦が出てきますが、対潜装備を載せなくても梯形陣補正で
無理なく落とせます。

●道中警戒陣でもそれなりに大破します。
キラ付けしたり道中支援を出したりすればそれなりに安定すると思いますが、
コストが上がるなら上ルートで良く、この編成は試行回数を稼いだほうがいい気が。

●決戦支援はボス艦隊の駆逐艦を落とし、的が少ない状態で
長門改二特殊攻撃を発動できます。といっても運が非常に絡み、
勝てないときは勝てません。この編成で出撃回数を減らしたいなら出したい所。

空母ヲ改編成を引いた場合、タッチ不発しても魚雷カットインなどで
普通に勝てます。レ級改編成を引いた場合はタッチで旗艦やレ級に有効打を与え、
戦艦や動ける艦のカットイン艦がスナイプと言う流れ。

レ級eliteの開幕雷撃で駆逐1~2隻が戦力外になる他、砲撃戦もあるので
駆逐艦が生き残っている場面は多くありません。
キラ付けすればある程度改善しそうですが、基本的には運ゲーになります。

その他

●警戒陣が使えない状態では、
道中支援艦隊を出さないと到達率がかなり低くなります。
このルート自体は活用候補ですが、支援艦隊を出すべきでしょう。

●長門のタッチ編成に頼らず、夜襲空母で挑む方もいるみたいです。

●当たり前ですが、下手に真似して上手くいかなくても責任取れません。

参考

回数敵編成ボス戦績旗艦撃破バケツ備考
レ級elite潜ありS3初手タッチ
レ級elite潜ありS4初手タッチ
初戦撤退--2?
レ級eliteA×62手目タッチ
レ級eliteA×5初手タッチ
レ級eliteB6タッチ不発
空母ヲ級改S4タッチ不発
レ級eliteA×4タッチ不発(開幕大破)
レ級eliteA×5初手タッチ
10レ級eliteD×6タッチ不発(2巡目前大破)
113戦目撤退--2
12空母ヲ級改S1初手タッチ

※4戦目から長波→島風(運52)に変更。
出撃開始時のみcond85までキラ付けし、以後キラ付けなしでの試行結果です。
ちょっとレ級を引きすぎですが、B勝利で旗艦抜いたり運がいいゲームもありました。

まあこんなもんですかね…

まとめ

おすすめというわけではないですが、たまにはこういう編成も紹介。
運要素が非常に大きいですが、通常のルートで飽きた方は
試してみてもいいかも。