今までは補強増設といえば「ダメコン」を載せるスロットでしたが、2016/12/22のアップデートにより「機銃」系装備「バルジ」系装備の設置が可能となりました。更には2017/01/10には「タービン」を補強増設に設置することが出来るように。これらのアプデによって装備枠を5スロと考えれる艦も出てきて、装備に幅が広がったため簡単に解説しておこうと思います。

スポンサードリンク

(2016/12/24 加筆・修正)
(2017/01/10 タービン追加・他修正等)

補強増設でできること

ダメコン(応急修理要員、女神)

今までのメインでした。

また、秋E4では女神アタックと言われるように、女神を全艦に積んでひたすらボスに
突撃するような方もいましたね。

ダメコンに関しては既にまとめていたので以下確認。
参考
補強増設とダメコンを活かそう

おにぎり(戦闘糧食)

戦闘糧食の主な役割はボス戦到達時に艦を戦意高揚(キラキラ)状態にすることでした。
※正確には搭載艦のcond値を8~10/前後の艦のcond値を2あげる

また、大発動艇や特二式内火艇等の陸戦隊の強化が運営で明言されてますが、
どのような効果があるのかは未だわかっていません。

事実上ゴミ扱いされることが多く、任務やイベントででちょくちょくもらえるので
装備枠を開けるために補強増設に乗せて浪費する方もいます

参考
戦闘糧食に関して

洋上補給

速吸限定でしたが洋上補給を載せることも可能でした。

速吸は特性上大破し易いためスロットの価値が大きく、
ダメコンを載せるために開けてた方も多いと思います。

参考:
速吸と洋上補給を使おう

機銃

機銃は対空カットイン以外の用途では装備枠を圧迫する割に価値の薄い装備の一つでした。
それが補強増設に載せれるようになることで状況が変わります。

機銃系装備を装備させた場合、艦娘の対空が
「機銃の対空値×6」相当増加する+@の効果が出てきます。

※防空の記事を新設して解説する予定ですが難航中

また、
・25mm三連装機銃 集中配備
・Bofors 40mm四連装機関砲
・QF 2ポンド8連装ポンポン砲

上記三つの機銃はカットインの条件にも含まれることの多い特殊機銃分類で、
機銃系装備を補強増設に載せた場合にも対空カットインの装備条件をみたすことが確認されています。

参考:
対空カットインのまとめと装備例

なお、機銃系統は改修することによって昼戦の火力と雷撃が上昇、
Bofors 40mm四連装機関砲とQF 2ポンド8連装ポンポン砲は機銃に火力+1がついているため、
今後有用な選択肢となってくるでしょう。

バルジ

バルジ系装備今まで装備枠を圧迫するため、載せる価値が薄い装備でしたが
補強増設に載せれるようになることで状況が変わってくると思われます。

装備名装甲回避備考
増設バルジ(中型艦)装甲+7回避-2中型用
増設バルジ(大型艦)装甲+9回避-3大型用
プリエーゼ式水中防御隔壁装甲+7回避-1大型用
艦本新設計 増設バルジ(大型艦)装甲+10回避-2大型用

一例ですが扶桑改二は装甲90,長門改は装甲98なので、
大型バルジを扶桑型に乗せれば長門と同レベルの装甲を確保できますね。

また、中型バルジをPrinz Eugenに乗せれば
82+8=90で、扶桑型と同等の装甲を手に入れることになります。
もちろんHPが違うので扶桑型と同耐久ではありませんが。

回避が下がるデメリットも、5-10レベル分程度のため、
特にケッコン艦隊を運用してる層なんかでは無視できるレベルかも。

また、まだ未判明ですが改修効果にも期待がかかります。

タービン

2017/01/10のアップデートにて補強増設枠に「改良型艦本式タービン」を
増設することが可能になりました。

更に缶装備である「強化型艦本式缶」「新型高温高圧缶」を装備した場合、
条件を満たしていれば速力が「低速」の艦を「高速」に、更には
「高速」の艦を「高速+」「最速」に変更できるように
缶を複数装備した場合には、「低速」から「最速」等も可能になるようです。

運営も以下のように告知してますし、
今後のイベントではこの補正が重要になってくる事もあるでしょう。

現時点では、
缶とタービンの補強込み2スロを消費しますが通常海域「5-4」で
周回を兼ねながら低速艦の育成が出来るようになったことに対するインパクトが。

※缶・タービンに関しては以下の記事に概要まとめてるのでそちらも確認。
缶タービンのシナジー効果「低速」「高速」「高速+」「最速」

なお、タービンのみであれば回避+6と、回避率で言えば1%2%程度の話なので
あまり気にしなくて良いでしょう。(機銃等のが効果が出やすい)


スポンサードリンク

実際の運用

汎用例1(機銃)

基本的には空いてる装備枠に機銃を載せること。
機銃は改修☆1,4,9=火力1,2,3相当となり、
25mm三連装機銃であっても強化していれば火力の底上げになりえます

改修できる上位互換に 25mm三連装機銃 集中配備があるためこちらを準備したいですが、
普通の機銃もデメリットなく強化の選択肢になりうると言うのは覚えておくといいでしょう。

こんな感じ。

汎用例2(機銃)

支援艦隊の増設スロに火力の付く機銃を載せましょう。以下が選択肢

3.7cm FlaK M42(火力1命中1)
QF 2ポンド8連装ポンポン砲(火力1)
Bofors 40mm四連装機関砲(火力1命中1)

実際にはめんどくさくてそこまでするの?って感じですが、
駆逐艦の火力1は大きいので装備があり且つ補強増設があいているなら
載せてもいいんじゃないかなーと思います。

汎用例3(バルジ)

単純に装甲のアップに。
艦これでは装甲で耐えきれないダメージを引いたときに自動的に割合ダメージと
なりますが、「バルジを載せる前よりも載せたほうが大破しやすくなる」パターンは
基本的にとても少ないです。

厳密に考えるとキリがないですが、
空襲の少ない海域であれば、補強増設はバルジを優先する、くらいでも良いでしょう。

汎用例4(缶タービン)

戦艦やコマンダンテスト、瑞穂等の低速艦の補強増設枠にタービンを、
装備枠を1スロット使って缶を装備させることにより、「高速化」ができます。

通常海域では5-4での育成の候補に。
イベント海域では「高速統一」を要求されるけども
「低速艦」を使用したい海域等で出番があるでしょう。

阿武隈、雷巡

改装された機銃には雷撃に対する補正がかかっていますが、
その補正は開幕雷撃にも効果があります。

阿武隈や、魚雷を積まない北上大井は
開幕雷撃の底上げになるためありですね。

これらの艦は対空も高くないので対空の底上げとしても相性抜群です。
※雷装を意識した場合改修値+3,7で、雷撃+2,3となります。

摩耶改二

摩耶限定ですが、補強増設に機銃を載せることにより
・魚雷カットイン+対空カットイン(8機撃墜・1.6倍)
を採用することが出来ます。運上げ前提にはなりますが、間違いなく有用。

※画像では足りませんが、改修強化した魚雷やFuMo電探を使えばキャップ到達も可

また、機銃を補強増設に、開いた枠に水偵を載せることにより、
主砲+副砲の昼戦弾着観測射撃+夜戦連撃+対空カットイン(8機+1.6倍)
といういいとこ取りもできるように。

今回一番恩恵を受けたのが摩耶でしょう。

当鎮守府では
2016秋イベからまるゆで運強化を始めてるんですが、時間がかかりそうです。

皐月・鬼怒・五十鈴

皐月と鬼怒に関しては機銃のみで対空カットインが可能です。
大発を載せれる系統の子なため、サブスロに機銃を、本体に
大発+内火艇+WG42のような編成を撮ることが可能となり、
秋月や摩耶がいない場合の対空カットインの選択肢となり得ます。
効果が体感できるほど強力かどうかは疑問ではありますが。

また、鬼怒に関しては「固定撃墜5機のカットイン+昼夜連撃」も可能になりました。

対空カットインの能力は汎用を超えますが秋月・摩耶のものには大きく劣り
連撃をしても火力自体がそこまで高くないというデメリットがあります。
その他、運改修前提ですが”魚雷魚雷高角砲機銃”
で夜戦と対空の両カットインが可能になります。
摩耶と違ってキャップには届かないのが難点。

イベント時なんかでも局所的に使える箇所が出てくかなーというとこ。

五十鈴に関しては「高角砲 機銃 (対空電探) 」でそれなりの対空カットインが発動できるため
「高角砲高角砲対空電探+機銃」と言った装備にすれば、夜戦連撃を兼ねることができますね。

実際に有用かどうかはまだ判断できないですが、敵の空母がそこまで強力ではなく
秋月型や摩耶を採用する余裕のない場合等に有効となりうるでしょう。

Верный

画像は開幕対潜をかねた別府ちゃん。

Верный(響改二)の特徴として、「駆逐艦で唯一中型バルジを装備することが可能」です。
そのため補強増設にバルジを載せることによって、「装甲57+中型バルジ7=64」の
軽巡レベルの装甲にすることが可能。連撃を維持したまま二つ載せて「71」迄上げてもいいですね。

3-5下ルート等、特定の海域でとても重宝することになるでしょう。

大和型やIowa、装甲空母等の高装甲艦

艦娘勢装甲トップの武蔵さん(装甲119)に大型バルジを載せると+9=(装甲128)に。
戦艦棲姫が火力227(キャップで159)ですが、一例として計算すると以下のようになります。

単縦陣同航戦想定 ()内はクリティカル
装甲119の場合:4~75 (83~154)
装甲127の場合:割合~70 (73~149)
武蔵改のHPは97ですが、
装甲119の場合はクリティカルなしでも乱数次第で一発大破したものの、
装甲が127迄上がると一発大破をしないようになります。

もう1例、フラ戦(火力130)
装甲119の場合:割合~52(42~119) 割合率28.6%
装甲127の場合:割合~46(37~113) 割合率40.2%
この辺のダメージであれば、装甲の効果が大きく発揮されるように感じますね。
5-5の潜水ルートとかでHPで受けるのに良さげ。

また、瑞鶴翔鶴改二甲に関しても、中破で耐えれることによるメリットが大きいため
道中フラ戦が多い海域などでは選択肢になりそうです。

フラ戦の火力が130,瑞鶴の装甲84+9,単縦陣同航戦想定
通常ダメージが装甲84だと26-76,装甲93だと14-69となり、中破率が大きく変わります。

※バルジとダメコンの比較だと、ダメコンの方が有用。
ダメージを低減させる(大破率を減らす)のと、リスクをなくす(大破しても進軍できるようにする)
のとでは行えることが全然違います。

結局補強増設を誰に使うのが効果的?

特定の艦娘

特定の艦として推奨したいのが摩耶速吸
摩耶は実質5スロみたいなものですし、速吸も実質4スロみたいに扱えますね。

また、Верныйもバルジを載せて装甲底上げになるため、特定の海域で重宝するでしょう。

一方機銃を用いたカットインがある皐月、鬼怒、五十鈴なんかは
有用になりうるとは思いますが、現時点では必要性は薄そう(優先度は低そう)です。

あきつ丸も大破しやすいので推奨。潜水艦ズは通常海域で常用するならありですが、
イベントの出撃頻度が高くないので優先順位はそこまで高くなさそうです。

また、あきつ丸や速吸は缶+タービンの高速化で、烈風の援護、洋上補給の援護
が求められることが出てくるかもしれませんね。

その他の艦

中破で戦力がおちる、また大破要因になりやすい空母系統はやはり強化したい。
ダメコンを載せるにしてもバルジや機銃を載せるにしても、選択肢に事欠きません。

大和型の装甲アップも目に見えて効果が出てくること海域が増えそう。
ぱっと思いつくのは5-5の潜水ルートや4-5最終編成ですが、
イベント海域でも装甲で受けれることがより増えるのではないでしょうか。

後は単純に大破しやすい・対空の低い駆逐艦や雷巡のお守りに機銃枠。
艦隊防空の底上げにもなるし対空の穴を塞ぐことになるので、
それなりに効果を感じられるようになるかもしれません。
ダメージの底上げにもなるため他の艦艇よりも有用な場面が多いでしょう、

なお重巡・高速戦艦等はバルジは超火力の艦に対しては無力なので、
他の艦より後回しでいいかなーと思います。軽巡はそもそもバルジ載せれない。
機銃を載せるのはもちろん手ですが、駆逐や軽空母を考えるとやはり後回しです。
優先順位的には後にするというだけで、バルジの効果が低いというわけではありません。
駆逐・雷巡等と違ってめちゃくちゃ大破しやすいわけでないので後回しで良いでしょう。

 

まとめ

摩耶や機銃のみで対空カットインできる艦は例外ですが、RTA勢は基本女神を積みますし(偏見)
女神を積まない際に大きな選択肢ができたと言った感じ。
通常ダメコンとならどっちを重視するか別れる場合も出そうです。

航空マスやヲ級改の今後次第ですが、パッと見では「ダメコンを積まない場合の選択肢」
と言った感じですね。

大和型のバルジなんて言うまでもなく強力ですし、
機銃も防空に寄与するだけでなく回避とかにも関わってくるため、
補強増設の有無でキラ付の有無くらいには体感が変わってくるかもしれません。

前の記事でも書きましたが今まで以上に「ダメコンを載せてると思ってた」が
発生すると思われるので、艦隊運用には細心の注意を払っていきたいです。

せっかくなので同じく使われない装備枠である缶タービンも載せれるようになれば
うれしいですね。ついでにいつぞやいってた高速化も実装してほしい
→実装されました。どっかに新設するか加筆します。