速吸の洋上補給とともに手動発動できるようになった戦闘糧食。メインの効果と使い道を簡単に解説。

(2018/01/18 記事内容を大きく更新/タイトル変更等)

戦闘糧食の概要

戦闘糧食

主な活用方法

おにぎりの共食い改修で改修資材(ネジ)の繰越が可能

デイリー任務の装備の改修強化を活用することで、
デイリー入手分のネジを確保することが可能です。実質的なレートは

  • 戦闘糧食1燃料10ボーキ5開発資材1改修資材1
    担当は、長波が全ての曜日/阿賀野が金土日

となっています。☆6からの改修はネジが必要になることや、
おにぎりの改修効果は特にないことなどに注意が必要。

人によっては未改装の明石を使い、
わざとおにぎり改修の失敗を狙う提督もいるみたいですね。

参考:
工廠系デイリー任務をこなそう

マンスリー任務での消費

2018/01/17に実装された給糧艦「伊良湖」の支援で戦闘糧食2つを
給糧艦「伊良湖」へと変換することが可能になりました。

任務自体は簡単なので、余った戦闘糧食の処分先として活用可能。

疑似キラ付け、cond値の上昇

補強増設を含む装備枠を消費して乗せることが可能。
通称ではおにぎりとかよく言われてますね。

ボス戦に入る時に任意発動で、

  • 装備している艦のcondを+8~12
  • 装備している艦の前後の艦のcondを+2

という形になります。(2017/07/13迄の情報)

ただ、条件次第では「勝手に食べてしまうこと(by運営発言)」があるみたいで、
効果は発動しますがボスでの任意発動に依存できるわけではありません。

※正確には、3戦目以降の道中戦でランダム発動。
ボスマス到達時に発動を任意で選択可能。

また、2017/07/14のアップデートにて、戦闘糧食のcond値上昇量が
上がっているようです。但し、現時点でどの程度上がっているのか
詳細は確認できていません。

condに関してはこの辺りも参照
キラキラ・疲労度の状態を再確認しよう

その他の活用

陸戦隊大発動艇

実際の効果がどれくらいなのかはわかりませんが、運営ツイートによると
大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊) 等に戦闘糧食の効果が何かしら付与されるようです。

陸戦隊が強化される→陸上系に対してのダメージUPが
期待できるということだと思いますが、
通常の大発動艇等、効果があるかどうかはわかりません。

秋刀魚の缶詰との併用

“秋刀魚の缶詰”という期間限定入手の消耗品があり、
合わせて併用することでキラ付効果がアップ。

秋刀魚の缶詰

秋刀魚の缶詰のみの所持だと

  • 装備している艦のcondを+12
  • 装備している艦の前後の艦のcondを+8~10

戦闘糧食+秋刀魚の缶詰だと、

  • 装備している艦のcondを+21
  • 装備している艦の前後の艦のcondを+17~20

※(2017/07/13迄の情報で、今は効果が増えてると推測されます。)

ただ、缶詰はそもそも所持個数に大きく制限があるのと
補強増設込みであっても装備枠2スロ消費するのはかなり痛いため、
なかなか使う機会はなさそう。

輸送作戦でのTP加算

バイオテクノロジーかなにかわからないですが、輸送時のTP換算で
S勝利あたり1扱いとなる様です。

ギリギリで調整するような場合とか、RTAの第二艦隊旗艦とか、
特定の場面で使えることもあるかなと言う所。

参考:
TP-輸送資源量-を把握しよう イベント中の輸送ゲージ対策

戦闘糧食(特別なおにぎり)への更新

戦闘糧食☆10をからの更新で戦闘糧食(特別なおにぎり)に
切り替えることが可能です。

特別なおにぎりも通常の戦闘糧食同様cond値が上昇するものですが、
具体的にどのくらい変化するかは不明不明。


入手方法

定期任務の報酬として入手可能。任務は以下の3つ(2018/01現在)

3ヶ月毎に6個の戦闘糧食が入手可能です。

単発任務としては以下の任務が該当

なんだかんだ入手機会が多いですね。

その他、イベント時のクリア報酬で配られることも。
どちらかと言うと余っている提督が多い印象です。

まとめ

2016の実装された当時現状では特に使い道がなく、
退避したВерныйがおにぎりを食べるバグが面白かった位でした。

2018現在では改修工廠を始めとして、それなりに用途が出てきています。
装備を圧迫するので数の整理も必要ですが、上手く取り扱いましょう。