第六海域はE-3と同様に輸送作戦からのスタート。E-3と違うのは、輸送必要量が非常に多く、司令レベル120で甲作戦に挑む場合はTP2000の輸送が必要。片手間で終わるような輸送量ではなく、時間をかけて輸送をこなさないといけないため、ギリギリまでイベントを放置しておくと非常に辛いことになってきそうです。

【西方再打通!欧州救援作戦イベント関連リンク】

マップ情報

能動分岐で上、下両方のルートを通ることが出来、両方にメリットがあります。

輸送編成に限らず、水上、機動編成でも条件次第?で最短ルートを通ることが可能。

上ルート

PT小鬼群、戦艦(確定4隻?)の編成で道中2戦。
下に比べて潜水艦戦がないぶん燃料に余裕があり、被弾は控えめです。

下ルート

水雷戦隊1戦(PTより弱い)、潜水艦1戦、戦艦編成1戦(確率で2~4隻)。
こちらのメリットは、道中弾薬マスを通ることが出来、一周あたり弾薬220補給することが可能です。

TP輸送量増えるという話もありましたが詳細不明。(多分いい出した人の勘違い)
但し潜水艦での大破がかなり厄介。
両ルートやりましたが、下はソナー載せても潜水艦がきついため、
最終的には上ルートを経由しました。

編成例

なんか迷走してる感があるかもしれないですが最終的にこれで落ち着きました。
例によって制空とかは調整できると思います。

管理人記事編成を輸送でクリアしてましたが、
この編成のまま水上打撃部隊で輸送できるみたいです
水上のほうが被弾少ないので水上でやりましょう。
また、コメントにあるパラオさんの機動編成の方が簡単に攻略できそうです。
可能そうならそちらを採用してください。

第一艦隊

制空が170前後+第二艦隊が20近くで190ほど。
多分もっと調整できて、130くらいあったら優勢取れると思います。

電探を載せてるのはPT小鬼群を倒す確率を少しでも上げるため。
※徹甲弾より上がるかどうかは不明

瑞雲系をのせたのも開幕で落とす可能性を少しでも上げるため。
後は出来る限り大発を満載しましょう。

第二艦隊

航巡が主砲+副砲+電探の弾着カットインをしているのは
PT小鬼群を倒す確率を少しでも上げるため。カットインしても落ちないとか言わない。

第二艦隊の駆逐は夜戦で港湾棲姫に大ダメージを狙えるため、
陸上特効である戦車大発等も重複して採用していきます。

下ルートを回していた関係(対潜)でリベが第二艦隊にいますが、
大発持ちを第二艦隊に寄せたほうが突破率は上がるでしょう。

とはいえ、PTが残ってS取れないことはありますが
港湾棲姫が落とせずにS逃したことはありませんでした。

 

画像編成で最大輸送量がS222位(うろ覚え)
Sを安定して取るのは非常に難しいので、とりあえずA勝利を稼いでいきましょう。

基地航空隊

両部隊とも陸攻4でボスに投げるのが基本。
陸攻3陸戦1だと制空のラインが上がっていたようなので、
第一の方はそうしてもいいかもしれません。

細かい調整は追って。

まとめ

PT小鬼群設定間違えてるんじゃないですか・・・(過去イベを思い出しながら)
そんな感想を抱く程度にはPT苦手になりました。

今回は大鷹採用してないですが、使えば多分もう少し楽になるかも?
続いてメインゲージの攻略もありますが、気を抜かずに行きましょう。

クリア後は続きのルートが出現します。

前半だけで普通に1海域の時間かかりますが、クリアすればいよいよ後半突入ですね。

【西方再打通!欧州救援作戦イベント関連リンク】