※いろいろ古い記事なんであんまり参考にしないでね。

 

管理人です。阿賀野型軽巡(阿賀野・能代・矢矧・将来的に酒匂)実装により新装備、8cm高角砲(副砲)が追加されました。こちらは対空5と高いのに副砲という分類で、4-2等の敵空母がいるけど戦艦・空母系をつれていくほどじゃないかな・・と言ったマップに特に高い効果を発揮します。

ただ、それなら10cm高角砲(主砲)でいいんじゃない?という方が多いと思います。それでもあえて管理人が8cm高角砲を使っている理由を書いてみようかなと。主に軽巡(夕張以外)についての考察予定。

8cm

※8cmが好きなのでこっち主題ですが火力が1高い12,7連装高角砲にも当てはまります。

※この記事に限った話ではないですが、細かいデータを取ったわけではなくて基本的に「体感」の話なので、実際に自分で確認してみてください。データ検証したいけどそこまで余力はないんです・・・

そもそも連撃ってなーに?条件は?っていう方、下記記事を確認。
夜戦ーカットイン・2回(連続)攻撃まとめ

スポンサードリンク

軽巡主砲積みの弱点と副砲の魅力

夜戦で連撃を出すためには20,3(3号含む)主砲を2つのせ、あと対空専門のロケット砲(12.30cm噴進砲)を利用するか、電探を利用するか、とにかく基本は主砲(10cm高角系含む)2+何かという形だったと思います。

または主砲+副砲2。こちらの形も特に砲撃戦に強い+連撃になるので、球磨等砲撃戦では特に火力をあげれて、キャラにもよりますが戦艦にもある程度以上のダメージを期待できるようになります。

ですが、上記編成だと魚雷を載せることができない。もともと軽巡の火力は大きくなく、主砲を載せても帯に短し襷に長し、敵駆逐~軽巡を処理するのであれば火力はそこまであげなくていいわけです。

今回私が提唱したいのが副砲2・魚雷1。

副砲2積みのメリットは、連撃前提でも魚雷を積むことができるということ。軽巡駆逐の主力ダメージは雷撃戦と夜戦にあって、更にそれを意識しながら連撃編成。更に対空対策も可能。すべてを意識して編成する方法は今のところ副砲2+魚雷1の編成しかないわけです。

結局どの装備編成が一番いいの?

あくまでも管理人の結論ということでご了承して貰いたいですが、個人的に軽巡3スロの使い方は、

15,5副砲(三連装)/8cm高角砲/4連装(酸素)魚雷

となります。実際には8cmは12,7連装高角砲でも構いません。もちろん4連魚雷は上位版のほうが強いです。ですが一番現実的な構成はこうなるかなーっと。

上記編成は、
期待ダメージの高い連撃/雷撃装備
10cm高角砲ではできない魚雷と連撃・対空のコラボレーション
・一部空母が出てくるマップに装備変更せずに適応

以上のようなメリットを持っていて、実際に4-2を中心にかなり活躍させています。

ちなみに潜水艦がでてくるマップは、魚雷をソナー爆雷どちらかに変えて柔軟に対応できるようになっている親切設計。

駆逐艦も運が高い艦娘以外は上記編成にしたいので、8cm載せれるようにしてくだちい・・・

 

余談(今回の連撃編成についての追記)

かなり隙を突いた面白い編成だと思っていましたが、割と致命的な弱点が有りました。ひとつは対空裝備は複数装備したほうが効果が高いということ。もう一つは魚雷が現在死に装備なこと。雷撃を上げつつ・・というのは魅力ですが、やはり魚雷を装備としてつけるメリットがなさすぎるので、なら普通に連撃したらよくねって最近思います。矢矧等一部硬い軽巡に、夜戦装備として魚雷を入れた連撃で火力マシマシにするのは有効だと思うので、使い道はそのあたりでしょう。