2017/03/17のメンテナンスで昼砲戦に対する火力キャップの上限が大きく緩和(150→180)されました。今のところ通常海域には大きな影響はありませんが、イベント海域もそうだとは限りません。ざっくりと、今回の変更についてまとめておこうと思います。

新キャップでの火力計算

前提

今まで昼戦に関しては、砲撃戦を含め航空戦・雷撃戦と攻撃力150を超えた場合、
夜戦は攻撃力300を超えた場合、以下の式によってキャップ制限(攻撃力の抑制)がされていました。

キャップ後攻撃力 = キャップ値 + √(キャップ前攻撃力 – キャップ値)

今回の仕様変更により”砲撃戦キャップのみ”150→180と変更になり、
主に戦艦・空母の火力上限が大きく緩和されたということです。

一方、航空戦火力(開幕攻撃)・雷撃火力・夜戦火力・支援艦隊の砲撃等に関しては影響はありません。
これらは今まで通り、150(夜戦は300)を超えたダメージに関しては、
キャップ補正が適用され大幅にダメージが軽減されます。

実際に必要な火力

 キャップ値T有利同航戦反航戦T字不利
通常艦隊150125150188250
180150180226300
連合艦隊(1.1倍)150113136170227
180136163204272

150のところが今までのキャップ(雷撃戦とかに適用可能)、180のところがこれからの砲撃キャップですね。
実用的には+1した数値が実質のキャップとなります。

※連合艦隊の1.1倍というのは、第四警戒航行序列の補正

 水上打撃空母機動輸送
第一艦隊(本体)102-5
第二艦隊(護衛)-51010

連合艦隊には特殊なダメージ補正がついていて、それが上記の表。
要するに第四警戒航行序列の水上打撃部隊が一番火力がだしやすいということ。

更に、砲撃戦で艦載機攻撃のエフェクトでない艦種に限り、
砲撃時+5の火力補正があります(通常、連合問わず)

 同航戦反航戦
通常艦隊176221
連合第一艦隊(水上)150191
連合第一艦隊(機動)158199

上記の表が、空母系以外の艦が砲戦をした際に、キャップ(181)に到達するために必要な火力です。
この表だけ理解すればOK.となります。

基礎通常連撃(1.2×2)徹甲弾CI(1.5)連撃CL(1.2×1.5×2)徹甲弾CICL(1.5×1.5)
151151181×2226271×2339
181181217×2271325×2406

※CI=カットイン、CL=クリティカル
※徹甲弾の重量艦に対する補正は考慮せず。
※連撃CLは空母1スロ攻撃機、徹甲弾CICLは4スロ攻撃機を載せた場合のクリティカルと同等

最後に、火力キャップ時の戦艦の弾着観測射撃のダメージを纏めた表。
キャップ到達時にヲ級改flagshipに対し戦艦のカットインが発動した場合、
今まででは中破し損ねてたことがあるのが、確定中破にかわり、
クリティカルなしでも乱数で撃破することが出来るようになります。

実際に強化される艦は?

今回のアップデートで一番恩恵を受けたのが、空母、特に翔鶴でしょう。
素の火力の時点で実質160ほどの火力があり、
艦攻1スロで同航戦新キャップ迄持っていくことが可能です。

※支援艦隊の記事でまたダメージ計算等解説予定

その他の空母についても、正規空母に関しては大体2スロ艦攻を乗せれば新火力キャップ到達可能、
今までに比べると大幅に火力が上昇しています。

戦艦に関しては大和、武蔵、Iowaの火力上昇が著しいですね。この3隻に関しては
翔鶴を始めとした空母勢と同様、デフォルトの装備で新キャップを意識できるようになるため
相対的な有用度は大きく上がったといっていいでしょう。

また、他の戦艦、例えば金剛型であってもキャップ開放の恩恵を受けます。
金剛型はフィット砲の都合もあり、同航戦の火力上限に到達することは簡単ではありません。

それでも、特に連合艦隊などでは火力キャップが開放された分、今まではキャップの攻撃力で
泊まっていた分攻撃力が上乗せされ、より有効なダメージが与えれるようになりました。

敵の強化

ボスマス以外で敵が強化されることは、今現在ではあまりありません。強いて言えば

  • ヲ級改flagship :191?
  • 空母棲姫:365?
  • 戦艦棲姫:227

このあたりの艦が道中に出てくることは十分にありそうです。

ヲ級改flagshipに関しては、火力キャップ基準こそこえているものの、
道中では複縦陣や輪形陣で出てくるのが基本です。

そこに交戦形態(同航戦や反航戦)が加わるため、道中T字有利等も加味すると
今までより火力が上がり脅威になるのは間違いないですが、
まだどこまで厄介な敵になるかは推し量れません。

空母棲姫と戦艦棲姫に関しては、過去に道中にでたことがありますが、
とりあえずでないことを祈るしかないですね・・・

ボスマスに関しては敵も火力キャップ開放の恩恵を最大限に受けてきます。
最近良く出てくる「空母棲姫2隻随伴」なんかは、当然キャップダメージで殴ってくることになるでしょう。

今まで以上に資源消費が増えるということなので、積極的に備蓄を進めたいですね。

まとめ

味方の最大HPは100ちょっとである以上、こちらは下手をしたら即大破なのは今まで通り。
それに対し、昼戦で空母棲姫級を中破させたり撃沈させたりする可能性が上がるため、
火力キャップ開放の恩恵は味方の方が受けやすいと言っていいでしょう。

また、今回のキャップ開放で戦艦の主砲等、同航戦でも恩恵を受けやすくなったため
より改修する意義が出てきました。

次のイベントまで後一ヶ月前後ですが、気を抜かずに準備をしていきたいです。