輸送船団護衛作戦ということで今回のマップはいつも以上に史実の面が色濃く出ていて、特に対空に関しては今後も考えさせられそう。そんなわけで1-6は新システムを幾つか用いたマップとなります。とはいえ、難しいという意味ではないの・・・