先週発表されたイベント名は「発動!渾作戦」。各提督準備はできているでしょうか?イベントへのスタートアップ記事として、軽く史実を見ておくのとイベント準備の話をしておこうと思います。褌(ふんどし)作戦とかいう人もいるみたいですが渾(こん)作戦ですのでお間違いなきよう・・・みんなわかっててネタにしてるんですけどね?

渾作戦(wikiより)
wikiよりお借りしました)

スポンサードリンク

史実的な面での渾作戦

というわけでとっても軽くですが史実の話に入ります。

渾作戦は”ビアク島支援作戦”で、ビアク島は飛行場に適しており、米軍に制圧されると基地が作られることに。もし制圧されるとパラオ付近での困難になるため、それを阻止するべくビアク島へ陸軍部隊が上陸するために渾作戦を発動。

第一次渾作戦

輸送隊本隊:重巡「青葉」、軽巡「鬼怒」、駆逐艦「敷波」、「浦波」、「時雨」
輸送支援隊:敷設艦「津軽」、「厳島」、第127号輸送艦、第36号駆潜艇、第37号駆潜艇
警戒隊:重巡「妙高」、「羽黒」、駆逐艦「白露」、「五月雨」、「春雨」
間接護衛隊:戦艦「扶桑」、駆逐艦「風雲」、「朝雲」

第二次渾作戦

駆逐艦「敷波」、「浦波」、「時雨」、「白露」、「五月雨」、「春雨」

第三次渾作戦(中止される)

攻撃部隊:戦艦「大和」、「武蔵」、重巡「妙高」、「羽黒」、軽巡「能代」、駆逐艦「沖波」、「島風」、「朝雲」
輸送部隊:重巡「青葉」、軽巡「鬼怒」、駆逐艦「満潮」、「野分」、「山雲」、敷設艦「津軽」、「厳島」、第36号駆潜艇、第127号輸送艦
補給部隊:タンカー第2永洋丸、第37号駆潜艇、第30号掃海艇

渾作戦-wikipediaより編集して引用

第一次、第二次に関しては何れも失敗。

第三次渾作戦に関しては、アメリカ機動部隊がマリアナへ来襲したために中止となります。

艦これイベントとして予想するとどうなるか

渾作戦は綺麗に第三次渾作戦まで分類されているため、

E-1 戦艦・重巡駆逐等の艦隊
E-2 駆逐艦のみの艦隊
E-3 大規模な連合艦隊

と綺麗に予想することができます。これは、運営がツイッターで
下記のように説明してることからも大きく外すことはないでしょう。

 


ただ、これだけでは中規模作戦というには少し小さいのと、
12月号のコンプティーク(amazon)等で”直援の航空戦力も大切な戦力”といっているため、少しアレンジを加えるか、支援艦隊でうまく使えと言っているか、E-4以降で使うことを示唆しているか等考えられるでしょう。

資源の備蓄は?

イベントに向けて資源の備蓄ですが、今までの傾向を考えても特に、「燃料」と「鉄」を多く確保しておくのが無難でしょう。直近2回のイベントは燃料/弾薬/鉄を同じように揃えた管理人提督ですが、毎回燃料が先になくなっていますw

一応の予想としては、燃料を弾薬の1,5倍、鉄を弾薬の1,3倍ていど貯めておけば綺麗になくなるのではないでしょうか。ボーキも今回の作戦では自然回復量で十分なんとかなると思いますが、貯めるに越したことはないですね。

ただし、バケツが3桁ないとか言う方はいつものことですが
まっさきにバケツを備蓄するべき。

また、資源よりも艦隊の練度に不安があってどっちを意識するか悩んでいる方は、
資源は自然回復を意識しつつレベリングを優先することをおすすめします。

古い記事ですがこの辺も参考になるかも。
新イベントを迎えるにあたって準備しておきたいこと(2014春イベ時)
イベントマップ攻略にあたって気をつける点(2013秋イベ時)
イベント前の資源備蓄に関して。(同秋イベ時)

※秋イベ時はゲージ回復という資源が尽きたら
相手戦力が回復する恐ろしいシステムが有りました

資源備蓄は当時の話ですが、
艦娘の練度の足りてない提督であれば今も変わらないかと思います。

おまけ

秋はプチイベってよく言われますが、(記憶の限り)ツイッターでは”中規模作戦”としか言っていません。コンプで秋はプチイベにしたいというようなことを書いていたためそれが広まってますが、さすがに中規模作戦であれば初日から一気に攻略したい提督は備蓄していないと辛い気はします。

渾作戦備蓄状況

なお当鎮守府はこんな感じ。夏イベ6万程度でクリアしていることもあり
ギリギリまで貯蓄態勢にはいってませんでした。完全に慢心してる模様。最悪課金します

 イベントおわってから追記

攻略記事全部まとまってるのでこちらどうぞ。
E-1 第一次渾作戦 攻略
E-2 第二次渾作戦 攻略
E-3 第三次渾作戦 攻略
E-4敵機動部隊迎撃戦攻略

E-1から連合艦隊と言うのは予想外でしたが、だいたい想像してたとおりでしたねー。駆逐艦がかなりたくさん必要なイベントでした。また雑記にでも感想書いていきたいと思います。