2016秋イベ後新規実装された噴式航空機ですが、戦闘毎に鋼材を消費するためなかなか常用するのは難しいです。そこを前提として、今回は通常海域の使用方法を考えて見たいと思います。

スポンサードリンク

クエスト関連、入手方法全般に関しては以下にとんでください。
新兵装の噴式航空機を入手しよう 「橘花改」「噴式景雲改」クエストツリーまとめ

スペックの話

ジェット機(噴式機)仕様

航空戦の前に攻撃を行う

噴式機のみ、「噴式強襲」という航空攻撃が発生します。
これは、通常の航空戦前に発生し、ダメージ等は通常の航空戦と同じ。

噴式強襲攻撃をした後、再度通常の航空戦でも攻撃をするため、
実質的に艦爆攻撃を1スロで2回行うことになります。

鋼材の消費

1戦毎に鋼材を消費します。計算式は

・噴式景雲改
戦闘開始時に残存している艦載機数×2.8
・橘花改
戦闘開始時に残存している艦載機数×2.6

要は、対空砲火で迎撃されて次の戦闘に進んだ場合、鋼材の消費が減って行く感じ。

五航戦の最大スロに載せた場合
噴式景雲改は95×戦闘数,橘花改は88×戦闘数の鋼材を最大で消費するという
見積もりを立てておけばOK。

対空砲火を実質2回受ける

今ジェット機の評価がイマイチの理由がこれ。
現状だと航空戦を2回行うのと同じような対空砲火を受けます

ツ級のいない海域なら問題ありませんが、
ツ級のいる海域だと正直めちゃくちゃ使いにくい。

ジェット機の迎撃はジェット機のみで行うことができる。

運営が告知済みですね。
今後のイベント等で敵にも実装されると思われます。

噴式景雲改

改修で作る方。

特徴として、
・江草隊を上回る「爆装15」
・零式艦戦52型相当の「対空6」

五航戦甲の1スロ目に乗せれば、制空値35、航空戦火力112の戦略兵器に。
※現状落とされやすいので熟練度想定せず

橘花改

クエストで作る方。

橘花改は
・烈風改同様の「対空12」
・彗星一二型甲を上回る「爆装11」

やや対空よりの数値で、
五航戦甲1スロだと制空値70,航空戦火力89。

制空値は熟練度の関係で烈風等に及ばず、迎撃されることを考えると
やや見劣りするような気はしなくもないですが、
「今後敵が噴式機を飛ばしてきた際に迎撃できる航空機」
としての数少ない対策になります。

運用方法

今回は「噴式景雲改」「橘花改」でに分けずに考えます。
大きく分けて4通り。


スポンサードリンク

爆戦の上位互換として露払い+制空権確保の運用

これはわかりやすいですね。

ジェット機の特徴である「航空攻撃2回」を活かして、
制空権を確保しつつ駆逐艦の殲滅に期待します。

流星改や天山(村田隊)等、直撃させれば戦艦轟沈に持っていける艦攻と一緒に装備させ、
ジェット機で駆逐艦撃破→艦攻で戦艦撃破という
理想的な形に持っていける可能性が増えてきます。

瑞鶴の1スロ目に乗せれば火力112。実際には艦載機が落とされますが、
4戦目の弾薬補正があっても駆逐を落とすのには十分でしょう。

この運用に期待する場合、駆逐艦を落とすために上位スロに配置する必要があり、
鋼材を大量に損耗するのがネック。

噴式景雲改を34スロに載せ、3戦すると理論値で鋼材285を消費する。

下位スロットにつけて、熟練整備員の互換運用

爆装15(11)を活かして、小さいスロで火力アップを図ろうという意図になります。
噴式景雲改であれば火力+29,橘花改であれば+21となります。

中破で動けるという特徴をもつ装甲空母としてはこの恩恵は大きいですね。

射程長に関しては、言うまでもなく便利。但し状況によっては
戦艦を超長にしておく等の対策が必要です。

 

艦載機が全滅してる時に射程長扱いになるか、火力は換算されるかと言うのが検証点。

参考までに瑞鶴6スロに載せた場合、1戦消費が17,5-4の3戦だと51の消費に。

なお現実的な問題として噴式強襲で数秒のエフェクトがあるため、
高速周回を前提とする場合の5-4周回とは相性が悪いかも。

基地航空隊に載せる

これは6-5の例になりますが、
二式大艇、烈風改、噴式景雲改、橘花改のような編成にした場合ボスまで届きます。

※迎撃が多く、これで航空劣勢が安定するのかは不明。
2部隊目は陸攻隊を載せたいので要検証ですかね

支援艦隊に突っ込む

瑞鶴翔鶴共に素の火力が高いため、噴式景雲改を積むとほぼ反航戦火力キャップ
電探を2-3積みできるようになります。

支援艦隊の燃費悪化の要因は大体戦艦側で、
雲龍型と比べても一回の支援あたり燃料25,弾薬24の差になります。

キラ付等の手間もあるため一概には言えないですが、例えば決戦支援はキラ付せずに出す、
資源に余裕があるというような方であれば十分検討の余地があるでしょう。

以上を踏まえて

結局は対空砲火を2回受けるのがネックです。

現状で使い勝手の良さそうなところは
ツ級のでてこない5-5,基地航空隊での6-5くらいでしょうか。

5-4は毎周(最大)50前後の鋼材を妥協できるならあり。
少しだけ回しましたがジェット分余計に時間かかるのが痛いですね。

4-5や6-1,6-2,6-5なんかではツ級が暗躍してるため
思ってるほどうまく行かないかなという印象。
→なんだかんだで使えますが、やはり撃墜は多いですね

現状の使用例:
6-1マンスリー 噴式航空機投入編成例
4-5 噴式航空機入り編成例

まとめ

あくまでも現行の仕様だと、対空砲火を実質2回受けてしまい使い勝手が悪いと行った印象。
実装ミスだと思ってますが、この仕様が改善されないのであれば
無理して作るほどのメリットは今のところないかなーと思われます。

※現仕様だとツ級の大量に出てくるイベント最終海域で使いにくい。
弱くはないけど割に合わないといった感じ。
調整されるか、想定し得ない理由で使えるようにされると思うので
作れる準備はしといたほうがいいと思いますが。

噴式景雲改がやっとできたので、現状分かる範囲でまとめました。
使用例として6-1マンスリーに突っ込んでるので、近いうちに上げる予定。

クエスト関連、入手方法全般参考:
新兵装の噴式航空機を入手しよう 「橘花改」「噴式景雲改」クエストツリーまとめ