2017/09/12に新しく出来た任務の一つで、Saratoga改二が要求されます。軽巡1,駆逐2の縛りがある中で5-5,6-2の攻略を求められる高難易度な任務になるため、支援艦隊等も活用していきましょう。

任務情報

  • Saratoga MkII(Mod.2可)を旗艦にし、軽巡1駆逐2を混ぜた状態で
  • 5-56-2をそれぞれS勝利

※この任務はSaratoga Mk.II””Saratoga Mk.II Mod.2″どちらでもOKです。
但し、「後続の夜間作戦空母、前線に出撃せよ!」では”Saratoga Mk.II”縛りになるため
Saratoga Mk.IIでクリアしたほうが良いでしょう。

報酬は、

  • 鋼材700ボーキ700
  • F6F-3 or 熟練搭乗員 or 新型航空兵装資材(1つ選択)
  • TBF or 夜間作戦航空要員(1つ選択)

前提任務(トリガー)に、

があり、後続に、

が続きます。(他条件不明)

編成例

5-5

●2戦目の制空権確保ラインに合わせ、制空値を440程度に調整。
2/3で制空権確保。

●阿武隈は対潜と開幕での数減らしを考慮。単縦陣反航戦で落とすのを意識して、
対潜2隻編成、どちらか中破したら複縦陣を想定(落とせるのは確定でないです)。

編成の順番は攻撃順考慮して、4番目阿武隈5番目朝潮6番目夕立ですかね。
(昼戦潜水艦を優先するならカスダメ目的で4番目夕立)。適当でした

この編成でやった感想としては戦艦1混ぜて、由良等を使い
制空値ボス優勢ライン(前哨戦356,最終形態377)の380くらいにして、
夜戦要員1隻増やしたほうが良かったかも。
火力不足なんで対潜1にして夕張使うか、駆逐に対潜させながらの複縦陣とかですね。

後は空母の夜戦挙動がまだはっきりしてないので、
そちらがわかればもう少し幅が広がるかも?

 

決戦支援は反航戦キャップに合わせた全力で4出撃でのクリア(2撤退1逸れ1S)
ボスは同航戦引けて昼に終わらせたので、かなり運が良かった感じ。

ゲージ破壊前の編成でしたが正直ゲージ破壊後にやりたくないです。
後支援無しでクリアする難易度でもないですね・・・

6-2

制空値175程度。2戦目が制空値151あれば航空優勢取れるので、
そこに合わせています。

6-2の3戦ルートの重巡を軽巡に変えただけなので、
割りと簡単に突破可能かと。

但し索敵値に関しては注意しましょう。不安なら彩雲載せるか
徹甲弾を偵察機にすると良さげ(画像は装備でかなり索敵値を増しています)

選択報酬に関して

一つ目の選択

F6F-3に関しては一応ではありますが量産可能装備です。
但し量産難易度が高いため、できればこれを選びたいのが正直な所。

一方新型航空兵装資材は、今回の任務群

で合計3つ使用します。
但し、”夜戦型艦上戦闘機の性能強化”に関してはかなりエンドコンテンツ気味なので、
現段階では遠い道のり。取り敢えず2つ入手できていれば問題ないでしょう。

なお、夏イベALL甲であれば新型航空兵装資材3つ入手できているので、
問題なく進めることが可能です。

次の任務夜間作戦空母、前線に出撃せよ! でも補強増設と選択ですが、
新型航空兵装資材は選びやすいです。上手く使いましょう。

二つ目の選択

基本的には”夜間作戦航空要員”の選択を推奨。

但し、編成任務で”TBFを選びそこねている”場合は非常に判断に迷います。
“TBM-3D”を入手する任務”夜間作戦型艦上攻撃機の開発“で必要になるので、
そちらが当面クリアできなくなる点に注意が必要。

“夜間作戦航空要員”は、この後の任務で上位互換である
“夜間作戦航空要員+熟練甲板員”が入手可能ですが、通常空母が夜戦に参加するためには
夜間作戦航空要員系装備が必要です。

“夜間作戦航空要員+熟練甲板員”一つのみの入手では、高難易度海域で辛いということも
ありえます。クリアせずに保留も有効な選択肢ですね。

まとめ

クリアしてからサラの近代化がろくに終わってないのに気づきました。そういうこともあります。

最近の新規実装任務は高難易度のものが続きますね。
すぐにクリアしないといけないたぐいのものではないはずなので、
余裕がある時に挑戦していきましょう。

【Saratoga関連任務】