鬼怒改二実装後のクエストですが、かなりの高難易度任務。7隻から指定の6隻を選択するというのは「新編「三川艦隊」ソロモン方面へ」を想起させ、実際にその程度には難しい任務かと思います。

スポンサードリンク

クエスト情報

%e7%b2%be%e9%8b%ad%e3%80%8c%e7%ac%ac%e5%8d%81%e5%85%ad%e6%88%a6%e9%9a%8a%e3%80%8d%e7%aa%81%e5%85%a5%e3%81%9b%e3%82%88%ef%bc%81

2-5 ルート

「鬼怒改二」旗艦+「北上」「大井」「青葉」「球磨」「敷波」「浦波」のから6隻から5隻が必要。
浦波は新規実装で所持していない提督も多く、大体は6隻固定なんじゃないかなーと。

編成例はドラム缶(輸送用)を混ぜた上ルートとそうでない下ルートがありますが、
道中安定を加味しドラム缶(輸送用)を採用。索敵要求が厳しいです。(画像黄色ルート)

「軽巡1駆逐2」でドラム缶なしの場合、黄色と赤ルートがランダム(まれに青?)のようです
ボスマスでの戦力に不安がある場合、ドラム缶(輸送用)を減らし、
夜戦連撃の手数を増やしたほうが総合的なクリア率は上がるかも。
但し上記は「敷波」「浦波」の両方採用前提になり、そうでない場合下に行くと4戦ルートの可能性UP。

というわけで、
・記事編成のドラム缶(輸送用)2採用
・記事編成でドラム缶(輸送用)採用せずに、最初上に行くのを祈る(下は撤退、確率不明)
・「鬼怒」「大井」「北上」「青葉」「敷波」「浦波」を採用した上下ランダム(両方3戦狙い)
何れかの選択となってきます。

編成例

%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%95%e7%b2%be%e9%8b%ad%e3%80%8c%e7%ac%ac%e5%8d%81%e5%85%ad%e3%80%8d

編成例に零式水上観測機4/32号1/33号2採用していますが、
条件によっては逸れることがある模様。電探を一つ観測機に変更したほうがいいかも。

・旗艦鬼怒改二固定
・上ルートを通るために、2隻にドラム缶(輸送用)1つずつ必要。
・索敵を要求され、ランカー装備等を使わない場合この程度(電探ありだとおよそ7)必要。

北上と大井は火力枠、青葉も重巡で火力枠なので残りを適当に振り分け。
今思えば鬼怒の火力改修がまだ終わってないんでそれ終わらせてからでよかったと反省。

余談ですが零式水上観測機の☆1改修が索敵値+1.2(電探2.4)相当なため
三つ作ると33号1個分節約できます。

まとめ

記事編成1回(索敵確認したもののクリアできず)+
紫雲混ぜ混ぜした5隻連撃できる編成の2回めでクリア。
※紫雲3+観測2にして敷波連撃採用
紫雲は零式水上観測機☆3にて代用可能

ルート固定があるだけまし。練度があれば羅針盤にいじられる2-4より簡単

%e7%89%b9%e5%a4%a7%e7%99%ba%e5%8b%95%e8%89%87

特大発動艇が普通の大発に比べ+2%(実質7%)の増加率で大きいため、
早めに確保しておきたいところ。

ちなみにこの後
「輸送作戦を成功させ、帰還せよ!」に続きます。