制空値を上げて、更に攻撃もできる艦載機として、艦爆カテゴリの「爆戦」が上げられます。2017/04/07に新兵装の零式艦戦63型(爆戦)も用意され、今後有用な装備になるかもしれないので一通りまとめておきたいと思います。

(2017/04/11 記事加筆しました)

スペックおさらい

現仕様の爆戦は、シンプルに言うと「対空補正の付いた艦爆」です。
主なスペックはこんな感じ。

 対空値()は改修MAX時爆装値戦闘行動半径15スロ搭載時の制空備考
零式艦戦62型(爆戦)4(+2.5)4418(28)
零式艦戦63型(爆戦)5(+2.5)5422(32)
零戦62型(爆戦/岩井隊)7(+2.5)4530(39)命中1回避2
烈風(参考用・艦戦)1067

※15スロは図鑑おすすめの鈴谷航改二を想定、制空値は熟練度の√10込み
同条件制空値の参考用に艦戦の烈風も載せています。

艦爆にはない爆戦の改修補正として、改修毎に対空+0.25(最大2.5)の補正があります。
また、熟練度ボーナスとして熟練MAXで制空値3相当
(厳密には√10)のボーナスが付与されます。
※艦爆には改修がまだ実装されてない

活用方法を考えよう

さて、ざっくりいうと対空値のついた艦爆なのですが、以下のような性質(弱点)があります。

  • 艦爆と同様、対空迎撃を普通に受けるため、
    特にツ級のいる海域に関して、戦闘を重ねる毎に制空に期待できなくなる
  • 運用によっては熟練度が剥げやすい=熟練度ボーナスに期待しにくい
  • 爆装4または5のため、開幕爆撃にはあまり期待できない。
  • 空母に載せた際の砲撃戦火力補正は7.8(爆装4換算)のため、
    艦載機としての火力補正は限定的

このように悪い点が目立ちます。熟練度補正もたいしたものではないので、
制空値計算をしっかりした上で、ツ級がいない/少ない場合の
制空権確保や航空優勢への調整といった活用が基本。

例:任務等

具体的には少し前に実装された、「改装攻撃型軽空母、前線展開せよ!」で
制空値が足りない場合に爆戦を使って調整する、というパターンが考えられました。
(実戦では手持ち制空に余裕があったため却下しましたが、
改修や摩耶の採用等の理由如何で爆戦の活用ができました。)

要するに、空母の数や質に制限がある際に、
爆戦を使って制空値を調整するというパターンですね。

例:通常海域での活用

艦載機の手持ち次第ですが、先程の6-2・6-5みたいな
制限があるときに活用するパターン。

そうではなくて、単純に4-2や5-4周回の際の制空調整に使うこともあります。
艦戦1スロを爆戦に変えることで、艦載機熟練度の命中・クリティカル補正率が上昇。
早期殲滅につながります。

その他、2-5で軽空母と駆逐を使用した編成など、敵制空値が少ないパターン。
記事内では烈風を使ってますが、友永隊等で制空を水増しすることによって
艦戦無しで制空権確保することが可能になります。

例:連合艦隊での活用

その他、可能性として考慮されるのは「連合艦隊第二艦隊での爆戦採用」
第二艦隊は性質上、対通常艦隊戦で艦載機が迎撃されないですが、
対連合艦隊戦では航空戦に参加します。

第二艦隊に軽空母を配置した場合は道中ツ級elite等も怖くなく、
2017冬イベ以上の制空値を求められる場合、航巡に載せた瑞雲や晴嵐等と一緒に
制空補助として活躍の機会があるかもしれません。

改修する価値は?

最初の表の通り、改修すると対空換算で2.5、
スロットにもよりますが制空値で+10~の制空値上昇が見込めます。

特に岩井隊の改修に関しては、対空9.5相当となり決して無駄なわけではないですが、
ネジ3本(機種転換前なら2本)~と消費は小さくありません。

対空12の零戦52型丙(付岩井小隊)☆MAXとして使ったほうがいい場合も多く、
そうでなくても主砲や魚雷等基本の改修が先なので、
余力ができてから検討していきましょう。

岩本隊の機種転換に関しては以下記事参照。
岩本隊・岩井隊を入手しよう 更新前の注意点等

零式艦戦62型(爆戦)、零式艦戦63型(爆戦)に関しては、
改修コストが重い割に用途は限定的。現状では無視してよいでしょう。

まとめ

爆戦を使う場合、何れにしても「制空値の計算をしっかり行う」ことが大前提となります。

所持している艦載機の質は鎮守府毎に違うため、
爆戦が使えるタイミングは提督によって変わってきます。

本来攻撃機を載せれなかったところに爆戦を載せて火力調整に用いるのを基本に、
半ランク火力を上げるための装備として活用していきたいです。