艦載機熟練度実装以後書いたと思ってたんですが見当たらなかったので新設。今回は水上戦闘機を利用した編成になります。

スポンサードリンク

(06/09 編成例2追加)
(07/01 対潜に関して追記)

マップ情報

5-1 - 水上打撃部隊南方へ

Warspiteは、低速戦艦3隻の対象外のようです。

クエストが軽巡1・(低速or航空)戦艦3固定。
ルート固定の確率を上げるために、残り2隻は必然的に
重巡or航巡となります。
(重巡系2でボス前と初戦固定)

黄色の4戦ルートが本命ですが、半々の確率でオレンジ経由に。
その場合は高確率で上にそれてしまいますが
上に行った場合はその次大破しても
そのまま鋼材マスなため、進撃すると良いでしょう。

編成例

5-1クエ
画像の感じで制空108。1戦航空均衡になる可能性ありますが
残りはボス含め優勢以上確定。連撃等も考えると
これ以上増やす必要はないかと。

どうしても増やしたいならZara,Polaあたりに電探代わりの
水戦載せる感じ。

ボス1/3の確率で潜水艦を引いた場合に
瑞雲の攻撃が吸われてしまいますが、
夕張(4スロ軽巡枠)が大破してなければ問題ないはず。

そもそも瑞雲で爆撃する必要も制空も必要ではないので、
水偵にした方がいいかも。

1戦目とボス戦は敵潜水艦を考慮して複縦陣、
残り単縦陣でよいかと思います。
※単縦にする方も多い模様

水戦がない場合

扶桑型か伊勢型に、瑞雲系を各2スロ乗せれば
それで十分均衡に。

対潜に関して

画像では夕張を採用していますが、練度の関係で夕張では
対潜が100以上にならないこともあると思います。

その場合でも、五十鈴or対潜値が100以上になる艦を旗艦にして
三式ソナーソナー爆雷積み、複縦陣とすると十分安定するでしょう。

編成例2

5-1クエ 編成例その2

大体似た編成になりますが、航巡に全部のせちゃう方法。
こちらのほうが潜水艦に攻撃が吸われることがなく、安定するかと思います。
水戦1しかない場合もこの編成で組めますが少々
制空が安定しないかもしれない。

まとめ

5-1では他で十分代用が効きますが、今後甲作戦やろうと
思ってるなら水上戦闘機がないとしんどいマップは来ても
おかしくないので、作っておきたいところ。

熟練度補正+25相当は控えめに言って強いです。

参考
水上戦闘機を活用しよう(Ro.44水上戦闘機/二式水戦改)