4-2のカレー洋制圧戦は、戦果が美味しく、鋼材が拾え、補給艦も倒せるという一石三鳥なマップ。戦果を意識した周回をするのであれば、2-2以降の美味しいマップといえるでしょう。渦潮が有りますが回避するためのルート固定もあるので、効率よくクリア+周回したいところ。

※新たに周回参考例として記事を作りました。
こちらのほうが参考になると思いますので下記に飛んでください。
4-2周回編成例-育成・デイリー・東方クエ兼用

 

map4-2b-thumb-350xauto-2692

4-2 カレー洋海域 マップとルート固定(羅針盤制御)

作戦名:カレー洋制圧戦
作戦内容:カレー洋の制圧作戦を行う。採掘地域を確保しつつ、カレー半島水域の敵艦隊を無力化せよ!

4-2のルート固定は一つだけ。
・A→E 駆逐艦2以上で確定。1以下だと渦潮Bとランダムに。
※開始地点からのA,Fはランダムとなります。また、FからE,Gもランダム

一見ボスが遠くなるので駆逐艦1以下の方が良いと思うかもしれませんが、渦潮で燃料が減りC→H→Dと通ると実質4戦した状態になり、かなり被害甚大です。勝てなくはないですが下ルートであれば鉄ももらえて美味しいので素直に駆逐2を入れましょう。

【各地点注意点】
FとCが潜水艦。強い潜水艦ではないですが単横or輪形推奨。三式ソナー爆雷のどちらかを1積んでいれば一番強い潜水艦でも一撃で確実に倒せるレベルです。※確実ではありません、半々くらい

Hが敵航空艦隊。こちらもほぼ毎回通る場所なので空母を入れない場合は三式弾など艦隊防衛、10cm高角砲での一隻ずつの防衛ともにしっかり対空策を取ること。対策すれば基本的に大丈夫ですがたまに痛い目にあいます。

周回・攻略編成と4-2を回るための推奨レベル

4-2は潜水艦が居ることを除けば実質2-4よりも戦いやすいマップなため、
攻略に関しては適当に空母に艦戦載せて突入すれば終わると思います(以上)

・・・というわけで周回を意識したことを書きますが、
燃費の関係で周回するのであれば空母はなしで行きたいところ。戦艦もできればなし。

結論から言うと、管理人は
1.重巡1~2,雷巡1,軽巡1~2,駆逐2~3
2.戦艦1,雷巡1,駆逐2,残り軽巡重巡駆逐合わせて2

基本的にこのどちらかで回しています。

4-2周回編成

1は見ての通り低燃費。夜戦考慮しても一周で燃料100弾薬200程度なので非常にエコ。こちらの水雷戦隊で回す場合は、重巡に三式弾・対空電探を載せること。各艦娘に対空砲を1~2ずつ積むこと。12,30cm噴進砲があればそれもありですが、10cm高角砲がものすごく強力なので、駆逐艦は連撃しなくてもボス倒せるなら10cm3積みする勢いで。潜水艦マスを初めとしてSが若干取りにくいので夜戦で被害なくとれそうなら夜戦、無理ならそのまま次へ・・といった形で進めています。こちらであれば旗艦が夜戦でなぐって勝利という形がとりやすいので、育成したい艦娘にMVPの調整も出来る感じ。

2の構成は潜水艦のところでSを取りたいときに主に回してる感じ。(潜水艦クエ)
全艦ですが戦艦は特に対空意識させて、あと駆逐はソナーか爆雷常備を載せておく。
それにより全体の事故率を下げるようにしています。

また空母をいれるのであれば、空母2,駆逐2,雷巡1戦艦1当たりがおすすめになります。完全に制空権確保してしまえばボーキも30~50程度で済むのであまり消費はありません。ただ編成が固定になっちゃうので育成がかたよるな-というのが正直な感じです。

制空権に関してはこちらの記事を参考にしてください。
制空権確保するための具体的な数字

各編成とも、どのくらいのレベルなら安定するか少しわからないですが、安定させたいのであれば最低レベルが40~50ほしいかなといった感じ。今は平均70くらいの水雷戦隊が基本で回していますがボスに行った際にバケツが1つか2つ、道中空母と潜水艦、フラグ重巡で3~5出撃に1度くらい事故る感じでしょうか。重巡は小破するとバケツ行きなので中破するまで使用しています。

4-2 ドロップや周回に当たっての注意点

4-2は瑞鳳ちゃんを始めとして、島風雪風夕雲、そして陸奥赤城加賀、潜水艦の58といったドロップ的にもかなり優良マップです。基本的に周回するのであれば戦果を意識しての周回になると思いますが、こういったドロップがあるのでそちらも考慮に回すと良いと思います。

周回の場合駆逐2を入れると上渦潮は通りませんが、勘違いで渦潮を通る編成にしてた場合には注意。マップC→Hと通ると、その後ボスDについても燃料がたらずに被害がかなり大きくなります。全然倒せなくはないですが無駄なダメージが増えるので気をつけましょう。

育成の場合にもかなり重宝する4-2マップ。戦果が欲しい時でなくても、クエストと育成を兼ねてこちらに来るのも良いかもしれません。