ぜかましねっとではゲーム未プレイの方に向けて軽く補足をしています。5話は瑞鶴翔鶴と加賀さんがメインでしょうか。ネタバレ注意ということでいってみましょうー

もがみん

スポンサードリンク

キャラ紹介(その5)

今回は第五遊撃部隊で紹介してない艦娘を主に。

第五遊撃部隊

加賀

ゲーム内では最大の搭載数を誇る正規空母。実は戦艦として建造される予定でしたが、軍縮条約で正規空母に。ちなみによく赤城さんが大食い扱いされますが、加賀さんのほうが大食い。

加賀

瑞鶴

甲板胸瑞鶴は比較的やんちゃであったり、後輩系のキャラ印象が強い人が多いはず。幸運の空母とも呼ばれており、日本海軍の殊勲艦。アニメセリフ中「アウトレンジで決めたいわね」はマリアナ沖海戦元ネタで、いわゆる「アウトレンジ戦法」(敵射程外からの長距離攻撃)で、「七面鳥撃ち」(長距離飛行で疲労し、敵艦に簡単に撃ち落とされ揶揄)されたことからかと。

瑞鶴 (2)

翔鶴

瑞鶴の姉で瑞鶴からは「翔鶴ねえ」と呼ばれて非常に仲が良い。今回は含みをもたせた発言をしていましたが、似たようなことをゲーム内でもいうため、素で言ってた皮肉でいったのかはちょっとわからない。ちなみに瑞鶴と比べると、ひたすら被弾しており、姉だからとか不運だとかいろいろ言われる模様。

翔鶴

 

加賀さんと瑞鶴って仲悪いの?

史実的には加賀から見て、真珠湾攻撃等開戦初期の中核を担っていたため、加賀さんにはかなりの自負がありました。そのため新鋭である五航戦を見下していたというような話はあるみたい。その関係のセリフとしては”一航戦の搭乗員が「妾の子(あとから来た五航戦のこと)でもできたんだから」「我々なら鎧袖一触だ」とミッドウェー出撃前に述べた逸話”があります。

瑞鶴からすると、そういうこともあり、反発したくなるのは当然といった感じ。

ただ、ラノベ「鶴翼の絆」を主として二次創作では、どちらかと言うと喧嘩するほど仲がいいといった感じでお互いに認め合うような関係なことが多いです。

※一例として史実を参照していますが、実際には史実的にも仲が良かったといった話もあります。興味がある方は調べてみてください。

北上さんと大井っちってレズすぎじゃない?

仕様です。この二人に限らず、姉妹艦溺愛してるキャラは結構いる(アニメ内では比叡等)ため、そういうものだと。史実的な意味付をするのであれば、重雷装巡洋艦に改装された艦が二隻(計画はあったみたいですが他の艦はない)なため、特に身内を意識している艦ということでしょうか。

北上さん旗艦の輪形陣って?

前にも一度説明していますが輪形陣と言うのは、主要な艦を守るための陣形で、重雷装艦である北上は守られる艦ではありません。(主に空母を守るためであったり、対空迎撃の効率を上げるための陣形)

また、重雷装艦は雷撃が主な仕事なので、輪形陣という味方敵とかぶる位置にいる可能性のある陣形は、非常に無意味なものになってしまいます。

大井っちの愛が発露した形ですがゲーム内提督は対潜警戒でもない限り絶対こんなことはしませんw

ちなみに空母雷巡2杯、駆逐艦戦艦一杯というのはゲーム中では普通にありえる編成。
※杯という数え方は海軍の隠語だとか。

深海棲艦の謎

「FS作戦で深海棲艦の謎がわかるかもしれない」というようなことを行っていましたが、ゲーム中では深海棲艦は完全に二次創作におまかせとなっていて、特に公式からわかるような設定は出ていません。

ただ、ヒントのようなものは出ており、例えばゲームの秋イベント「渾作戦」中では「春雨」や「翔鶴」モチーフだと思われる深海棲艦が現れています。こういうところが取り扱われるかもしれないというのは非常に楽しみです。・・が、如月ちゃんを見るのかと思うとちょっと重たい。

謎

感想とか

そりが合わないメンバーをうまく誘導した吹雪の活躍がよく分かる回でした。今までは成長が主でしたが、今後は活躍できる機会が増えていくのでしょうか。

メタな見方をするといろんなキャラを出すために所属の変更はある意味必然ですねー。遊撃部隊ということで、今後の展開に大きく幅が持てそうで非常に楽しみな所属変更ですが、夕立や睦月ちゃんの出番が少なくなるのは少し悲しかったり。

甲板胸の掛け合いとか、くっそ笑いましたw 非常にわかりやすい掛け合いで、単純な回の面白さでいえば現段階では5話が一番いいなーという印象。

ライブ

実演まだですか!

 

いろいろ史実の確認とかしてたらかなり遅くなりました・・次はもう少し早く書き上げたいところ。

次は第六駆逐隊の出撃ということで、発狂(喜ぶ的な意味で)する提督さんがかなり多そうな気がw
なにはともあれ楽しみですー。